死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(2)祈られることの力強さ 米田武義

2015年2月13日07時23分 コラムニスト : 米田武義 印刷

祈られることの力強さ

昨日、かかりつけの大田クリニック院長より、大腸がんであることを告げられた。ショックというより残念というような気がした。

しかし家に帰って落ち着いてみると、次第に重苦しい気分に覆われてきた。はっきりと姿はつかめないが、先に横たわる何層かの不安、いつまで続くか分からない不安、先に待っているのが死であるかもしれぬ不安等々が、無意識のうちに沈ませる。寝ていても、恐ろしい夢や不安な夢で何度も目が覚める。世間知らずの康子を残して死んでしまったら・・・ と考えると、かわいそうで仕方がない。勇一や悦三のこれから先を見ずに別れるのも非常に辛い。

今まで暇な時には、英字新聞を読んだり、NOVAに行ったり、ピアノを弾いたり(習いに行って約半年目)していたが、何かをしようと思っても、続ける根気が湧いてこない。少しやると無力感を覚えるのでやめてしまう。

康子が教会の人に祈ってもらおうと言い出した。私も今のままでは耐えられないような、先々落ち込んでいくような希望のなさを感じ、同意した。

康子が松井姉、和智兄、そして近藤牧師にその旨連絡を取ってくれ、お祈りを依頼してくれた。丁度、近藤牧師にお祈りの依頼をしてくれた時、私の重圧は急速に軽くなった。明日の礼拝において口頭で私の病状を紹介してくれ、祈りを依頼してくれるのである。教会員のお祈りがあれば、私は強くなれることを、身をもって感じた。

先月、黒石兄が奥さんを失った時、祈られることの力強さを強調していたが、正直私はその時、それがどんなものかよく分からなかった。

いまだ始まったばかりで、どういう道を神様が準備しているか分からないが、楽天的に生きていけたらと思う。

(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)(14)
(15)(16)(17)(18)(19)(20)(21)(22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)(29)(30)(31)(32)(33)(34)(35)(36)(37)(38)(39)(40)

米田武義

米田武義(よねだ・たけよし)

1941年4月16日、大阪生まれ。大阪府立三国丘高等学校、国立静岡大学卒業。静岡県立清水東高校定時制教師を勤めた後、東北大学大学院、京都大学大学院(国土防災技術(株)国内留学生)で学ぶ。国土防災技術(株)を退職し、(株)米田製作所を継承する。2008年4月8日、天に召される。著書に『死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―』(イーグレープ)。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース