神学書を読む(38)ジェイコブ・ソール著『帳簿の世界史』

神学書を読む(38)ジェイコブ・ソール著『帳簿の世界史』

本書『帳簿の世界史』は、お金の話の底流に「キリスト教」が見え隠れする。面白かったのは、中世からルネサンスに至る過程で、商人たちは会計の必要性を強く感じつつも、お金を扱う仕事に対して信仰的な劣等感を抱いていた、というくだりである。

2018年10月15日19時07分

神学書を読む(37)秦剛平著『七十人訳ギリシア語聖書モーセ五書』『七十人訳ギリシア語聖書入門』

神学書を読む(37)秦剛平著『七十人訳ギリシア語聖書モーセ五書』『七十人訳ギリシア語聖書入門』

今回取り上げる2冊は、同一著者によるコインの裏表のような作品である。『七十人訳ギリシア語聖書モーセ五書』は、モーセ五書と呼ばれるヘブライ語聖書(または旧約聖書)の初めの5巻を著者が翻訳したものである。

2018年10月14日20時28分

大地の恵みをマンハッタンに届ける「愚か者たち」

大地の恵みをマンハッタンに届ける「愚か者たち」

ニューヨークのマンハッタンから北に車を2時間ほど走らせた所に無農薬野菜を育てている小さな農園がある。農園を運営する2人はクリスチャン。その収益はすべて、教会が運営する世界の貧しい子どもたちを支援するプログラムに寄付している。

2018年10月13日22時16分

ノーベル平和賞受賞、牧師の息子であるデニ・ムクウェゲ医師の信仰

ノーベル平和賞受賞、牧師の息子であるデニ・ムクウェゲ医師の信仰

今年のノーベル平和賞は、性暴力被害者の治療に長年携わってきたコンゴ(旧ザイール)の婦人科医、デニ・ムクウェゲ氏と、「イスラム国」(IS)から受けた性暴力の実態を世界に発信してきたイラク人女性のナディア・ムラド氏に贈られることが決まった。

2018年10月12日22時05分

「オレンジゴスペル」を知ってください!(3)このままでは日本はマズイ!? 日本全体を照らす大きな光を!

「オレンジゴスペル」を知ってください!(3)このままでは日本はマズイ!? 日本全体を照らす大きな光を!

これまで2回にわたって、オレンジゴスペルについて書いてきました。そしていよいよ今回が最終回。この2週間で、読んでくださった方々から、さまざまなコメントをいただきました。その反響の大きさに私自身が驚いています。

2018年10月11日23時43分

第1次北海道地震ボランティア(3)震災よって示される「価値観の転換」の必要性 岩村義雄

第1次北海道地震ボランティア(3)震災よって示される「価値観の転換」の必要性 岩村義雄

北海道地震による被害の大きかった場所は、経済大国「日本」の重要な拠点でした。北海道苫小牧市東部に位置する「苫東」は、総面積1万ヘクタール以上を有する日本最大の産業地域です。日本経済を背負う一流企業の工場が集中している地が揺れたのです。

2018年10月10日17時08分

南北首脳会談、南側代表団にNCCK、WCCの教会指導者も同行

南北首脳会談 NCCK、WCCの教会指導者も同行

9月18〜19日に北朝鮮の首都・平壌で行われた南北首脳会談に、韓国側の代表団の一員として、韓国キリスト教教会協議会(NCCK)や世界教会協議会(WCC)の指導者も同行したことを、WCCが4日、公式サイトで明らかにした。

2018年10月10日11時31分

ウィクリフ聖書翻訳協会、千番目となる新約聖書の翻訳を完成

ウィクリフ聖書翻訳協会、千番目となる新約聖書の翻訳を完成

ウィクリフ聖書翻訳協会は最近、同協会が手掛けるものとしては千番目となる新約聖書の翻訳を完成させた。完成したのは、南スーダンなどで使われる「ケリコ語」による新約聖書で、8月に完成を祝う奉献式が行われた。

2018年10月08日21時03分

エルサレム・神殿の丘

クリスチャン7千人がエルサレムを行進 ユダヤ三大祭の「仮庵の祭り」で

世界100カ国余りから福音派を中心とするクリスチャン約7千人がエルサレムに集まり、イエス・キリストの再臨を待望する式典の一環として市内を行進した。行進は、ユダヤ教の三大祭りの一つである「仮庵の祭り」合わせて9月27日に行われた。

2018年10月06日20時47分

インドネシア地震、教会施設でバイブルキャンプ中の子ども34人が犠牲に

インドネシア地震、教会施設でバイブルキャンプ中の子ども34人が犠牲に

インドネシアの地震と津波により、バイブルキャンプに参加していた子どもたち少なくとも34人が死亡した。インドネシア赤十字の救援隊が2日までに、土砂崩れにのみ込まれた教会施設の中から、がれきに埋もれた子どもたちの遺体を発見した。

2018年10月05日15時32分

日本聖公会の植松誠首座主教、世界宗教者平和会議日本委の新理事長に

日本聖公会の植松誠首座主教、世界宗教者平和会議日本委の新理事長に

世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会は9月28日、第26回理事会を開催し、日本聖公会首座主教の植松誠氏(66)=同委理事、総合企画委員=を新理事長に選出した。3期6年にわたって理事長を務めてきた杉谷義純氏の退任によるもの。任期は2年。

2018年10月05日18時23分

三浦綾子読書会旭川全国大会2018(2)義妹や日赤療養時代からの友人らが講演

三浦綾子読書会旭川全国大会2018(2)義妹や日赤療養時代からの友人らが講演

9月28日午後には、三浦光世・綾子夫妻の旧宅を譲り受けて誕生した旭川めぐみキリスト教会(日本福音キリスト教会連合)で、三浦夫妻ゆかりの人たちによる講演会「三浦綾子、光世を語る」が行われた。

2018年10月05日12時08分

ハンガーゼロ、インドネシア地震で募金開始 現地パートナーと協力し被災者支援へ

ハンガーゼロ、インドネシア地震の募金開始 現地パートナーと協力し被災者支援へ

ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)は3日、インドネシアのスラウェシ島を襲った地震と津波による被災者支援のために、現地のパートナー団体である「国際飢餓対策機構インドネシア」の緊急支援活動に協力することを決めた。

2018年10月05日20時13分

教会もっと読む

神学・教育もっと読む

『聖書協会共同訳』予約受付開始、初刷は記念価格 日本聖書協会から31年ぶりの新訳

日本聖書協会は今年12月上旬、同協会発行のものとしては31年ぶりとなる新しい翻訳の聖書『聖書協会共同訳』を発売する。『文語訳』『口語訳』『新共同訳』に続く4番目の聖書。書店やアマゾンなどで予約受け付けが始まり、初刷のみ記念価格で販売される。

宣教もっと読む

国際もっと読む

世界福音同盟国際理事会、女性2人を新理事に選出 議長、副議長らを指名

世界福音同盟(WEA)国際理事会は、7月に新体制となってから初となるオンライン会議を開催し、新たに女性2人を理事として選出した。7月に選出された新理事12人はすべて男性だったが、これにより国際理事会の多様性と専門分野の強化を図る。

社会もっと読む

文化もっと読む

映画「教誨師」に見る宗教の現代的役割

2月21日のことは今でも覚えている。娘から「大杉漣が亡くなった!ヤバい!」とメールが来たからである。10代の娘が大杉漣を知っていたことも驚きだったが、何よりもあの名バイプレーヤーが急逝されたことに、私は放心状態に陥ってしまった。

コラム

人気記事ランキング

フェイスブックの最新投稿