【書評】『ある葬儀屋の告白』 多くの「死」に向き合ってきた著者が行き着いた福音的死生観

【書評】『ある葬儀屋の告白』 多くの「死」に向き合ってきた著者が行き着いた福音的死生観

情報が飛び交う現代社会では、重要なニュースの中に人間の「死」を含む悲劇的な内容が多く含まれている。そのため、私たちは身近な「死」に深く関わることなく、「死」への恐怖心だけが日々植え付けられていく時代を生きている。

2018年09月18日17時00分

毎朝2時半に起きて30分祈る 米アカデミー賞ノミネート俳優マーク・ウォールバーグの1日

毎朝2時半に起きて30分祈る 米アカデミー賞ノミネート俳優マーク・ウォールバーグの1日

米アカデミー賞ノミネート俳優であるマーク・ウォールバーグは、毎日午前2時半に起床し、30分の祈りをもって1日を始めるという。午後7時半に就寝し、午前2時半に起床。2時45分から3時15分の朝食までの30分間を、祈りのために聖別している。

2018年09月18日19時30分

中国当局、北京最大の「地下教会」を閉鎖 十字架や聖書を焼却、信仰放棄書への署名強要も

中国当局、北京最大の「地下教会」を閉鎖 十字架や聖書を焼却、信仰放棄書への署名強要も

中国の共産党当局は最近、宗教に対する取り締まりの一環として、十字架や聖書を燃やしたり、信仰を放棄させる書類への署名を強要したりしている。また今月初めには、首都・北京で最も大きな政府非公認教会(地下教会)の1つを閉鎖に追いやった。

2018年09月17日17時04分

神学書を読む(36)森本あんり著『異端の時代―正統のかたちを求めて』

神学書を読む(36)森本あんり著『異端の時代―正統のかたちを求めて』

前著から約10カ月。森本氏の新刊が岩波新書から発売された。著者の代名詞ともなっている「反知性主義」を取り入れたキャッチフレーズ「反知性主義の先に何があるのか?」という本の帯は、本書を思わず手に取る人への刺激的な言葉となっている。

2018年09月15日20時59分

世界福音同盟総主事、国連事務総長と会談 人権、信教の自由、社会問題めぐり協議

世界福音同盟総主事、国連事務総長と会談 人権、信教の自由、社会問題めぐり協議

世界福音同盟(WEA)総主事のエフライム・テンデロ監督は8月23日、米ニューヨークの国連本部でアントニオ・グテーレス事務総長と会談し、人権や信教の自由、社会問題をめぐる共通の懸念について協議した。

2018年09月14日23時46分

極限の苦悩の中で見いだした「人生の意味」 『夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録』

極限の苦悩の中で見いだした「人生の意味」 『夜と霧―ドイツ強制収容所の体験記録』

精神医学の世界的権威、ヴィクトール・フランクル博士は、ある日ナチスの軍隊に逮捕され、妻と共にアウシュヴィッツの強制収容所に送られた。この書は、原題「強制収容所における一心理学者の体験」に記されている通り、収容所における彼の体験談である。

2018年09月14日11時16分

世田谷区で「二子玉川聖書学院」がスタート 聖書通読で培われた教会から生まれた学びの場

世田谷区で「二子玉川聖書学院」がスタート 聖書通読で培われた教会から生まれた学びの場

東京都世田谷区にある玉川キリスト教会で、一般信徒が聖書を体系的に学べる「二子(ふたこ)玉川聖書学院」が始まった。同教会が主宰するものだが、他教会の信徒も参加でき、教派もプロテスタントからカトリック、正教まで問わず、門戸を広く開いている。

2018年09月13日14時53分

教皇フランシスコ、ローマのユダヤ教会堂公式訪問

教皇フランシスコ「来年、訪日したい」 実現すれば38年ぶり2回目

ローマ教皇フランシスコは12日、バチカン(ローマ教皇庁)で天正遣欧使節顕彰会(宮崎市)の関係者らと面会し、来年にも日本を訪問したいとする意向を示した。実現すれば、1981年2月に故ヨハネ・パウロ2世が訪日して以来、38年ぶり2回目となる。

2018年09月12日23時50分

米福音派神学者ジョン・マッカーサーらが「社会正義と福音に関する声明」 7千弱が署名、否定的な声も

米福音派神学者ジョン・マッカーサーらが「社会正義と福音に関する声明」 約7千人が署名、否定的な声も

米国の福音派を代表する神学者であるジョン・マッカーサー牧師(グレースコミュニティー教会)らが最近、「社会正義と福音に関する声明」を発表した。11日現在、7千弱の署名者が集まっている。一方、声明に否定的な声を上げる人もいる。

2018年09月11日15時06分

ビリー・グラハム氏の娘で伝道者のアン・グラハム・ロッツさん、乳がんを告白 祈りの要請も

ビリー・グラハム氏の娘で伝道者のアン・グラハム・ロッツさん、乳がんを公表 祈りの要請も

今年2月に99歳で亡くなった伝道者ビリー・グラハム氏の娘で、自身も伝道者であるアン・グラハム・ロッツさん(70)が4日、乳がんと診断されたことを自身のウェブサイトで公表した。ロッツさんが、がんを告知されたのは8月17日午後だった。

2018年09月10日16時34分

【書評】『韓国語形容詞強化ハンドブック』 臼田宣弘

【書評】『韓国語形容詞強化ハンドブック』 臼田宣弘

神学校卒業から教会に赴任するまで数カ月間あったため、その間に日本キリスト教協議会(NCC)教育部でアルバイトをさせていただきました。その時に「仕事の一環」として訪韓したのが、私と韓国との最初の出会いでした。

2018年09月10日14時35分

「祈りと支援を」 北海道地震、全域停電で大きな影響 現地教会に聞く被災状況

「祈りと支援を」 北海道地震、全域停電で大きな影響 現地教会に聞く被災状況

6日未明に発生した北海道胆振(いぶり)東部地震では、道内全域が停電し、地震の影響は、震源地から遠い地域も含め、広い北海道の広範囲に及んだ。地震の被災状況について道内各地の教会に聞いた。

2018年09月09日6時53分

ありがと音頭フェスティバル

被災者との出会いで生まれた「ありがと音頭」 東北応援団、活動7年で感謝と決起の集い

東日本大震災の被災地を音楽やアートを通して支援する「東北応援団 LOVE EAST」が1日、活動7年を迎えての感謝と決起の集い「ありがと音頭フェスティバル」を、東京のお茶の水クリスチャン・センター8階チャペルで開催した。

2018年09月07日18時04分

教会もっと読む

無牧教会と赴任先を探す牧師の橋渡し役に 「無牧ミニストリーズ」が始動

日本のキリスト教界の課題の一つに、牧師のいない教会、いわゆる「無牧」の教会の増加がある。全国のプロテスタント教会約7900のうち約300が無牧だ。そのような状況を憂慮し、無牧教会と牧師の橋渡しをしようと「無牧ミニストリーズ」が立ち上がった。

神学・教育もっと読む

浦和ルーテル学院の小中高、青山学院大の系属校に 協定締結

学校法人青山学院と学校法人浦和ルーテル学院は7月18日、浦和ルーテル学院の設置校である浦和ルーテル学院小学校、中学校、高校(いずれも福島宏政校長)が、青山学院の設置校である青山学院大学(三木義一学長)の「系属校」となる協定を締結した。

宣教もっと読む

国際もっと読む

社会もっと読む

神戸国際支縁機構、北海道厚真町で炊き出しボランティア実施へ 救援金も募集

神戸国際支縁機構は、6日未明の地震で震度7を観測し、大規模な土砂崩れが発生した北海道厚真(あつま)町を9日から12日まで訪問し、現地で炊き出しなどのボランティア活動を行う。活動に当たり、ボランティアと救援金の募集を行っている。

文化もっと読む

コラム

人気記事ランキング

フェイスブックの最新投稿