世界福音同盟、シリア・トルコ国境付近の戦闘に「深刻な懸念」 IS戦闘員の家族ら800人近くが逃亡

世界福音同盟、シリア・トルコ国境付近の戦闘に「深刻な懸念」 IS戦闘員の家族ら800人近くが逃亡

世界福音同盟は、トルコ軍が国境を越えてシリア北東部に侵攻し、クルド人勢力と戦闘を繰り広げていることを受け、「深刻な懸念」を表明した。クルド人勢力が戦闘に駆り出されていることで、同地域では「イスラム国」が再び活発化する懸念も出ている。

2019年10月16日19時26分

東京基督教大学・TCU

東京基督教大学、創立30周年で今秋から1年かけ記念事業

東京基督教大学は来年創立30周年を迎えることを記念して、今秋から1年かけて、記念事業を実施することを発表した。今年の創立記念日には、丸山忠孝初代学長による講演を行うほか、学生寮と食堂のリフォーム、テーマソングの作成などを計画している。

2019年10月16日16時33分

台風19号の緊急募金始まる、キリスト教系NGOのほかJEAや日本基督教団など

台風19号の緊急募金始まる、キリスト教系NGOのほかJEAや日本基督教団なども

台風19号による被害を受け、キリスト教主義のNGOやキリスト教の教団、団体などが支援金の受け付けや緊急募金を開始した。被災した教会や団体施設も多数あるとみられるが、被災の報告はまだ限定的で、被害は今後さらに拡大する可能性もある。

2019年10月15日22時04分

キリスト教に改宗した男性、家族に殺害される エジプト

キリスト教に改宗した男性、家族に殺害される エジプト

エジプトでイスラム教からキリスト教に改宗した男性が、家族から殺害される事件があった。男性は、自身が改宗したことを示す複数枚の写真をフェイスブックに投稿していた。米国に拠点を置く迫害監視団体「国際キリスト教コンサーン」(ICC)が9日、明らかにした。

2019年10月15日13時45分

津田塾大学、髙橋裕子学長を再任

津田塾大学、髙橋裕子学長を再任

津田塾大学理事会(東京都小平市、島田精一理事長)は11日、現職の髙橋裕子学長(学芸学部英語英文学科教授)の再任を決定した。髙橋氏は2016年4月に学長に就任しており、2期目となる。次期学長としての任期は、来年4月1日から4年間。

2019年10月15日17時31分

神学書を読む(51)大嶋重徳著『若者に届く説教 礼拝・CS・ユースキャンプ』

神学書を読む(51)大嶋重徳著『若者に届く説教 礼拝・CS・ユースキャンプ』

過日、日本福音自由教会の70周年記念大会に参加した。その中でひときわ注目を集めていたのが大嶋重徳(しげのり)氏。キリスト者学生会(KGK)の総主事として、若者たちの心を捉えるメッセージと活動で、全国に名が知れ渡っている牧師のお一人である。

2019年10月14日19時07分

トルコのシリア侵攻、WCC「深刻な懸念」表明 すでに10万人が避難

トルコのシリア侵攻、WCC「深刻な懸念」表明 すでに10万人が避難

トルコ軍が9日、国境を越えてシリア北東部のクルド人支配地域に対し侵攻作戦を開始したことを受け、世界教会協議会(WCC)は11日、同地域に居住する人々に重大な人道的影響があるとして、「深刻な懸念」を表明した。

2019年10月13日23時55分

神戸国際支縁機構が100回目の「東北ボランティア」 8年で延べ2千人が参加

神戸国際支縁機構が100回目の「東北ボランティア」 8年で延べ2千人が参加

東日本大震災発生直後から支援活動を継続してきた神戸国際支縁機構が、東北で100回目となるボランティア活動を行った。この8年余りの間、阪神・淡路大震災で同じく被災した神戸から、延べ約2千人が同機構を通して東北の被災地を訪れ、活動を行ってきた。

2019年10月12日11時12分

父はイスラム教、母は正教、自身はプロテスタント エチオピア首相にノーベル平和賞

父はイスラム教、母は正教、自身はプロテスタント エチオピア首相にノーベル平和賞

ノルウェー・ノーベル委員会は11日、今年のノーベル平和賞をエチオピアのアビー・アハメド首相(43)に授与すると発表した。アビー氏はイスラム教徒の父と、エチオピア正教の母を両親に持ち、自身はプロテスタントという信仰の持ち主。

2019年10月12日4時36分

サドルバック教会のケイ・ウォレンさん、幼少期の性的虐待経験語る

サドルバック教会のケイ・ウォレンさん、幼少期の性的虐待経験語る

米カリフォルニア州のメガチャーチ「サドルバック教会」を、夫のリック・ウォレン牧師と共に設立したケイ・ウォレンさんが、幼少期に自身が経験した性的虐待とその影響を語るとともに、性的虐待問題への効果的な対処を教会に求めた。

2019年10月10日11時29分

ワーナー・ブラザース映画

反キリスト的だが、キリスト者として避けられない問題を突き付ける劇薬映画「ジョーカー」

通常、映画を観たら、その感動がなるべく新鮮なうちに、すぐにでもレビューを書きたいと考える。しかし本作「ジョーカー」だけは別だった。決して面白くなかったとか、噴飯ものの内容だったというわけではない。むしろ逆である。

2019年10月10日18時37分

教会もっと読む

ローマ教皇フランシスコの来日日程、バチカンが詳細を発表

バチカンは2日、教皇フランシスコの詳細な来日日程を発表した。教皇は23日夕に羽田空港に到着。長崎で「核兵器に関するメッセージ」を伝え、長崎、東京でミサを行う。東京では天皇と会見するほか、安倍晋三首相とも会談。26日昼前に離日する。

神学・教育もっと読む

宣教もっと読む

国際もっと読む

社会もっと読む

文化もっと読む

人気記事ランキング

コラム

フェイスブックの最新投稿