「イエスの夢を見て救われる人々」 親戚の殺害考えていたイスラム教徒、中国のシャーマン、IS戦闘員

「イエスの夢を見て救われる人々」 親戚の殺害考えていたイスラム教徒、中国のシャーマン、IS戦闘員

世界には、イエス・キリストの夢を見て信仰を持つ人が多くいる。エジプトでは、キリスト教を憎むあまり、キリスト教に改宗したいとこを殺す計画を立てていた、あるイスラム教徒の男性が、イエスの夢を見たことで、自身もキリストを信じる者に変えられた。

2019年02月23日23時06分

ホームスクーリングの未来 規制強化、宗教的性質に変化も

ホームスクーリングの未来 規制強化、宗教的性質に変化も

ホームスクーリングが盛んな米国で、各州政府による圧力の形が変化する一方、ホームスクーリング自体の宗教的性質にも変化が生じている。最近は禁止から極度に抑圧的な規制に移行しつつあり、非宗教的な理由でホームスクーリングを選ぶ保護者が増えている。

2019年02月22日17時09分

バチカン

性的虐待問題でバチカン初会議、教皇「断罪の言葉でなく、具体的措置を」

バチカン(ローマ教皇庁)で21日、カトリック教会内の児童性的虐待撲滅を主題とした初の会議が始まった。ローマ教皇フランシスコは、会議に集まった約190人の教会指導者らに対し、この危機を終結させる具体的な解決策を見いだすよう求めた。

2019年02月22日14時23分

第43回日本カトリック映画賞 「ぼけますから、よろしくお願いします。」の信友直子監督に

第43回日本カトリック映画賞 「ぼけますから、よろしくお願いします。」の信友直子監督に

第43回日本カトリック映画賞の受賞者が、「ぼけますから、よろしくお願いします。」の信友直子監督に決まった。本作は、信友氏が認知症となった母親とそれを支える父親の姿を、娘の視点で描いたドキュメンタリー。6月には授賞式と上映会が行われる。

2019年02月21日10時31分

アフリカを通して福音を聞く中国

アフリカを通して福音を聞く中国

中国系資産と約1万社に上る中国政府系企業の流入の結果、アフリカでは22万7千人から100万人と推定される中国人労働者が働いている。そして彼らは、アフリカのクリスチャンたちから福音を聞いている。

2019年02月21日19時51分

庭野平和賞にレデラック氏、メノナイトの米大名誉教授 紛争地域の平和構築に尽力

庭野平和賞にレデラック氏、メノナイトの米大名誉教授 紛争地域の平和構築に尽力

庭野平和財団(東京都新宿区)は18日、宗教協力を通じて世界平和の推進に顕著な功績を上げた人物や団体を表彰する第36回庭野平和賞を、メノナイトの信徒で米ノートルダム大学名誉教授のジョン・ポール・レデラック氏(63)に贈ることを発表した。

2019年02月20日22時27分

「サタデーナイト・チャーチ」が提示するキリスト教界におけるLGBTへの向き合い方

「サタデーナイト・チャーチ」が提示するキリスト教界におけるLGBTとの向き合い方

原題は “Saturday Church”。つまり「土曜日の教会」ということになる。本作のきっかけは、デイモン・カーダシス監督の母親がニューヨークはブロンクスで聖公会の司祭をしており、彼自身がそこでボランティア活動をしたことによる。

2019年02月20日23時26分

「沖縄で輝く女性牧師達」 重元清・石川福音教会牧師

「沖縄で輝く女性牧師達」と題した集会が8日、沖縄県西原町の那覇バプテスト教会で行われた。講師は沖縄で26年間牧会し、現在はクリスチャントゥデイで働いている宮村武夫牧師だった。

2019年02月20日20時57分

米NY中心部で胎児のライブ4D超音波映像公開へ 新たな中絶法可決で大規模な反対キャンペーン

米NY中心部で胎児のライブ4D超音波映像公開へ 新たな中絶法可決で大規模な反対キャンペーン

米ニューヨーク州で先月、一定の条件下で事実上、出産まで無制限に妊娠人工中絶を認める新たな中絶法が成立したことを受け、米福音派団体「フォーカス・オン・ザ・ファミリー」(FOTF)が、団体史上最大のプロライフ(中絶反対)キャンペーンを開始した。

2019年02月20日11時37分

NYハーレムを代表するゴスペルディレクター、グレゴリー・ホプキンス氏が初来日 東京と大阪でコンサート

NYハーレムを代表するゴスペルディレクター、グレゴリー・ホプキンス氏が初来日 東京と大阪でコンサート

ゴスペルの本場、米ニューヨーク・ハーレムを代表するゴスペルディレクターのグレゴリー・ホプキンス氏が初来日し、2日に東京・池袋の日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団中央福音教会、9日には大阪の江坂ホールでコンサートを開催した。

2019年02月19日13時56分

日本福音ルーテル教会、外キ協とマイノリティ宣教センターに加盟

日本福音ルーテル教会は、「外国人住民基本法の制定を求める全国キリスト教連絡協議会」(外キ協)と「マイノリティ宣教センター」に加盟したことを公式サイトで発表した。「互いの存在を尊重する共生社会の実現のために祈り、参与していきたい」としている。

2019年02月19日21時14分

3月2日は世界祈祷日 今年のテーマは「すべて神の造られたものはとてもよい」

3月1日は「世界祈祷日」 全国80カ所以上で集会

3月1日の世界祈祷日に合わせて、今年も北海道から沖縄まで全国80カ所以上で関連集会が開かれる。日本キリスト教協議会(NCC)女性委員会・世界祈祷日事務所は18日、開催地の情報をブログに掲載し、集会への参加を呼び掛けている。

2019年02月18日16時54分

名前は「42」 北朝鮮の強制収容所を生き抜いた女性クリスチャンの証し

名前は「42」 北朝鮮の強制収容所を生き抜いた女性クリスチャンの証し

2回目となる米朝首脳会談を今月末に控える中、キリスト教迫害監視団体「米国オープン・ドアーズ」は、北朝鮮の強制収容所に収監されていた女性クリスチャンの証しをサイトに掲載した。

2019年02月18日14時26分

教会もっと読む

神学・教育もっと読む

「大学にキリスト教は必要か」 梅津順一・青山学院前院長が最終講義

青山学院前院長の梅津順一教授による最終講義が1月30日、同大青山キャンパス(東京都渋谷区)で行われた。講義が行われた教室には、在学生や卒業生、教職員ら多くの関係者が詰め掛け、梅津氏は「大学にキリスト教は必要か」をテーマに語った。

宣教もっと読む

映像を通して聖書を伝える 第3回聖書動画コンテスト

聖書から着想を得た動画作成のアイデアや技術を競う「第3回聖書動画コンテスト・アワード」が14日、ユナイテッド・シネマ豊洲(東京都江東区)であった。48の応募作品の中からノミネートされた20作品が上映され、最優秀賞や作品賞が選ばれた。

国際もっと読む

社会もっと読む

同性婚めぐり初の集団訴訟、4都市で13組が国を一斉提訴

同性婚が認められないのは、婚姻の自由を保障し、法の下の平等を定める憲法に違反するとして、計13組の同性カップルが14日、国を相手取り1人当たり100万円の賠償を求める訴訟を、札幌、東京、名古屋、大阪の4都市の地裁で起こした。

文化もっと読む

敬虔な牧師に一体何が起きたのか? 映画「魂のゆくえ」

巨匠ポール・シュレイダーの渾身(こんしん)の作「魂のゆくえ」が4月12日に公開される。戦争で失った息子への罪悪感を背負って暮らす敬虔な牧師が、ある出来事をきっかけに、徐々に信仰心が揺らいでいく様子を衝撃的に描いた作品だ。

コラム

人気記事ランキング

フェイスブックの最新投稿