死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(34)神は科学をも用いられる 米田武義

2015年9月23日06時14分 コラムニスト : 米田武義 印刷
関連タグ:米田武義

神は科学をも用いられる

私は今回病気になり、病院通いを続けているうちに、科学的な根拠やデータは、強い説得力を持つものだなあと思った。正直、それによって落ち込んだり喜んだりした。

こういう科学的根拠は、真理なのであろうか。医学のみならず、アインシュタインの相対性理論、ニュートンの万有引力の法則等々は、自然界の真理なのかもしれない。人間の経験から見て、限りなく普遍的であり、普遍に近いし、人間社会ではほぼ法則に近い真理である。私たち人間社会、自然社会には、この種の真理が数多くあるし、私たちは日々何の疑いもなく、それらの真理の上に生活をしている。

神もこういった社会的自然界の真理を否定している訳ではない。科学的な根拠をも多いに用いることを奨励されている。科学と対立することなど断じてない。なぜなら、神は科学をもその手中に収めておられるからである。

ただ覚えておかねばならないのは、神は霊なるお方である。もちろん必要に応じて、人の姿もとられることはできるが、ご自身は霊なるお方である。

いくら科学的根拠も神の手中にあるとはいっても、それのみを手段に事を行うというのは、運用の仕方に問題がある。病の人に、心のことを無視して治療や診断を行ったり、人間を無視した政治的、軍事的な理由のみで、大量殺りく爆弾や兵器を使用したり、人間や動物、植物の共通の生活基盤、限定された生活の場を、それら生き物を無視した経済的理由だけでの乱暴な使用、開発等々、枚挙にいとまがない。

霊なる神の望んでおられることが抜けているから、こういうことが起こるのである。こういうことは、サタンの望んでいることなのである。神の御心はキリストにあり、私たちの救霊であり、根底には私たちに対する愛があり、私たちも神がしてくださったように、隣人に対することなのである。

(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)(14)
(15)(16)(17)(18)(19)(20)(21)(22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)(29)(30)(31)(32)(33)(34)(35)(36)(37)(38)(39)(40)

米田武義

米田武義(よねだ・たけよし)

1941年4月16日、大阪生まれ。大阪府立三国丘高等学校、国立静岡大学卒業。静岡県立清水東高校定時制教師を勤めた後、東北大学大学院、京都大学大学院(国土防災技術(株)国内留学生)で学ぶ。国土防災技術(株)を退職し、(株)米田製作所を継承する。2008年4月8日、天に召される。著書に『死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―』(イーグレープ)。

関連タグ:米田武義

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース