死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(30)無益な者になった時、無価値な者になるのか 米田武義

2015年8月26日06時53分 コラムニスト : 米田武義 印刷
関連タグ:米田武義

無益な者になったとき、無価値な者になるのか

私たちが生まれたときは、普通は皆に愛され、家族の喜び、和らぎの源となる。その意味で、赤ちゃんは十分役に立っているといえる。子どもになってからも同じである。両親に迷惑をかけることはあっても、両親にとっては、子どもを育てることは希望でもあり、目標でもある。子どもがいるからこそ、毎日つらいことも乗り切れるということもある。青年・壮年期は、本人が何らかの形で社会に貢献している。たとえ生活のために働いているにしても、労働は決して単発的なものではなく、社会とリンクしていて何らかの役に立っていると思う。

そこまでは良いが、しかし私たちが年老いて病気になり、家族に迷惑をかけ、社会的にも社会保障や公的年金など、非建設的なネガティブな費用のみ要するようになってくると、表面的には、私たちは何の役にも立たないし、むしろマイナスである。社会的には有益ではないし、有害であるともいえる(少なくとも、経済的な側面、表面的には)。長生きした私たちのたどる晩年である。

もし親が長生きしておれば、どう考えるであろうか。年老いた私たちを無益な者と考えるだろうか。健全な親ならば、いくら年老いて病気になっていたとしても、社会的には無益であるとしても、私たち老人をいつまでも自分の子どもとして愛し、生きているだけで喜びの目をもって接してくれると思う。

私たちの親である創り主も同様である。有益であるに越したことはないが、私たちが有益無益に関係なく、生きて存在していることを喜んでくださる。

「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」(イザヤ書43:4)

「わたしの栄光のために、わたしがこれを創造し、これを形造り、これを造った」(イザヤ書43:7)

(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)(14)
(15)(16)(17)(18)(19)(20)(21)(22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)(29)(30)(31)(32)(33)(34)(35)(36)(37)(38)(39)(40)

米田武義

米田武義(よねだ・たけよし)

1941年4月16日、大阪生まれ。大阪府立三国丘高等学校、国立静岡大学卒業。静岡県立清水東高校定時制教師を勤めた後、東北大学大学院、京都大学大学院(国土防災技術(株)国内留学生)で学ぶ。国土防災技術(株)を退職し、(株)米田製作所を継承する。2008年4月8日、天に召される。著書に『死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―』(イーグレープ)。

関連タグ:米田武義

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース