論説・コラム

菅野直基

変化を楽しみ、受け入れよう 菅野直基

今年は、新型コロナウイルスの影響によって、多くの人の生活が一変しました。また、コロナウイルスとあまり関係ない状況でも、人間関係の誤解や痴情のもつれなどで人間関係が壊れてしまって、ある扉が閉ざされることがあります。

2020年10月27日9時25分

万代栄嗣

試練・困難の中で忘れてはならないこと 万代栄嗣

この半年余り、コロナウイルスによって大変な苦難、大問題がもたらされています。でも私が今日分かち合いたいことは、コロナウイルスが多くの困難をもたらしたからといって、それで私たちが弱り果ててしまわないことです。

2020年10月26日10時43分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(106)スピリチュアルペインを共に担う「善き隣人バンク」 広田信也

人は健康な時には、自分の死のことを忘れて生活していることが多いものですが、死が迫ってくると、人生の意味への問い、生きている目的や過去の出来事に対する後悔、死後の世界への恐れなどから苦悩を持つことが多くなります。

2020年10月24日11時51分

主の祭り(13)ヨム・テルーア(ラッパ祭)山崎純二

主の祭り(18)シムハット・トーラー(巻き物が巻かれる日) 山崎純二

神様が「年に三度、わたしのために祭りを行わなければならない」(出エジプト記23:14)と3つの祭りを特別に定められたわけですが、この3つの祭りの関係について、このように理解することもできます。

2020年10月23日18時35分

(み使いダニエル)悪霊デミオン~さだめ~(上)

(み使いダニエル)悪霊デミオン~さだめ~(上)

世界の地の深みには、そこを埋め尽くすようにうごめいている悪霊たちの雄たけびが、「ほぉう…ほぉう」と響き続けておりました。その響きは、一つでも多くの魂を、悪霊たちの頭である悪魔の‘かまど’にささげることを望んで、今日もやむことがありません。

2020年10月23日7時03分

世界はわが教区―ジョン・ウェスレーの生涯(1)猛火から救われて

世界はわが教区―ジョン・ウェスレーの生涯(2)友の重荷を背負う

11歳になったジョンは、父親の友人であるバッキンガム侯爵の援助でロンドンのチャーター・ハウス校に入学することになった。彼はよく勉強し、品行方正だったので教師たちから目をかけられ、かわいがられた。

2020年10月21日12時04分

新・景教のたどった道(40)大秦流行中国碑のシリア語と解読(9)川口一彦

新・景教のたどった道(40)大秦流行中国碑のシリア語と解読(9)川口一彦

側面には70人の指導者名が刻まれていますが、この碑を建てるために賛同し、費用を拠出した者ではないかと考えます。右側面には24人の指導者の名が刻まれていて、第1段目11人を紹介しました。

2020年10月21日9時23分

百人一読―偉人と聖書の出会いから(52)松下幸之助 篠原元

百人一読シーズン2―偉人と聖書の出会いから―(40)松下幸之助 篠原元

言葉(ことば)には、力があります。言葉一つで人を元気にできるし、言葉一つで恋が実るし、言葉一つで人生を変える…力があります。あと、言葉一つでオフィス(会社)を空にすることもできる!

2020年10月20日15時49分

菅野直基

恐れる必要のないものと恐れるべきこと 菅野直基

クリスチャンの皆さん、神の子たちよ、安心してください。死を支配していた悪魔が滅ぼされました。死のとげは抜かれ、その効力を失いました。死は恐れるに足りないのです。だから、死を恐れないでください。

2020年10月20日8時52分

万代栄嗣

主の癒やしを信じ求める信仰 万代栄嗣

新型コロナウイルス感染症の自粛生活の弊害で、私たちクリスチャンが日曜日に礼拝に参加することができなくても問題ないかのような生活を送るのではなく、「Go To Church !」キャンペーンを展開しながら、教会生活を復活させようではありませんか。

2020年10月19日10時50分

平林けい子

主は生きておられる(170)たとえそうであっても 平林けい子

昨年の左膝人工関節置換手術の時、信仰のなさを教えられ、深い悲しみに沈んだ。受洗後およそ50年、万一の時には絶対イエス様にすがると思っていた。だがイエス様と呼ぶこともなく、「痛い」としか言えなかった。

2020年10月18日17時45分

佐々木満男

思い通りに行かなくて当たり前 佐々木満男

「当裁判所で審理することになりますのでお知らせします」。こんなシンプルな通知が最高裁判所から届いた。だが、この通知には非常に重要な意味がある。ある民事事件の裁判で、一審(東京地裁)、二審(東京高裁)ともに完全敗訴だった。

2020年10月17日9時53分

ビジネスと聖書(3)すべては神様からの借り物 中林義朗

ビジネスと聖書(3)すべては神様からの借り物 中林義朗

自分の命、自分の容姿、性格、タレント、お金。いつかはお返ししなくてはなりません。神様からお借りしたそれらを、どのように使うかが問われているのです。「自分の人生、どう生きようが自分の勝手でしょう!」確かにそうかもしれません。

2020年10月17日8時30分

主の祭り(13)ヨム・テルーア(ラッパ祭)山崎純二

主の祭り(17)祭りの終わりの大いなる日 山崎純二

神様は「年に三度、わたしのために祭りを行わなければならない」(出エジプト記23:14)と定められました。それは、過ぎ越しの祭り(Pass over)、七週の祭り(ペンテコステ)、仮庵の祭り(スコット)です。

2020年10月16日14時16分

穂森幸一

荒野に呼ばわる者の声 穂森幸一(168)

新型コロナウイルスは世界の様相を一変させました。都市封鎖が行われ、世界各国の交流が完全にストップしました。世界を震撼させる疫病対策のためにはやむを得ない措置だったのかもしれませんが、私は行き過ぎもあったように思います。

2020年10月15日10時51分

パウロとフィレモンとオネシモ(26)「洗礼による以前と今」―キリストと共なる復活― 臼田宣弘

パウロとフィレモンとオネシモ(26)「洗礼による以前と今」―キリストと共なる復活― 臼田宣弘

今回は、コロサイ書2章11~13節aを読みます。今回の箇所では「洗礼」が取り上げられていますが、コロサイ書が伝える「洗礼」は、真性書簡と少し違いがあると言われています。

2020年10月15日9時12分

神の御手に導かれて歩む 安食弘幸

神の御手に導かれて歩む 安食弘幸

小学校の先生が宿題を返しながら一人の生徒に言いました。「お前の宿題、間違いだらけじゃないか。もっと問題をよく読んでから答えを書きなさい」。生徒は答えます。「ハイ、先生。兄にそう伝えておきます」

2020年10月14日9時40分

菅野直基

力の源泉 菅野直基

著名なゴスペルシンガーが、自らのスランプ体験を語ってくれました。「以前は、毎日のメルマガの内容が泉のように湧き上がってきて、いくらでも書けたのに、ある日を境に、何も湧き上がらず、何も書けなくなってしまった」と。

2020年10月13日10時35分

万代栄嗣

新鮮な恵みを分かち合われる主 万代栄嗣

恵みの秋です。恵みの根本は、命の与え主である神様です。心の目を開いて、主が共におられることを体験しましょう。そして、心がいつも感謝して喜んで、色あせない神様の祝福を頂きましょう。

2020年10月12日12時27分

広田信也

日本人に寄り添う福音宣教の扉(105)終活を通し、幸いな老後を送ろう 広田信也

高齢化が一層進む昨今、終活の内容が少しずつ変化しているように思います。かつて、葬儀やお墓、財産分与や遺言などを備えることが中心でしたが、終活を通して、長い老後をいかに幸せに生き抜くかを考え、模索することが多くなったように思います。

2020年10月10日12時19分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース