死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(32)生命のろうそく 米田武義

2015年9月9日07時35分 コラムニスト : 米田武義 印刷
関連タグ:米田武義

生命のろうそく

小学生の頃、母親に禁じられていた川で泳いでいて、深みにとらわれ溺れそうになった。中学生の頃から始まった、喉の悪性腫瘍による4回の手術、大学生の頃、山嶺から転落して九死に一生を得、バブル崩壊期に経営の窮地に陥ったこと等々は、今でこそ笑えるが、生死に関わる体験であった。しかし、50代になった途端、今までと違った意味で死を意識した。それは今まではまだまだ遠い先と思っていた死が、50を境に、急に案外間近にあることを意識したのを覚えている。何故かは知らぬが、身体の生理的な自然の声なのであろう。しかし死期までは明示された訳ではない。

今年度初頭に宣告された病は、ほぼ死期を宣告されたに等しかった。年老いて漠然と死期の近づいていることを知ってはいても、漠然としているところに救いがある。余命○○年と宣告された時のショックや絶望感に比べると、例え明日に迫っていようが、死期を知らない人には、このショックや絶望感はない。知っているのと知らないでいるのとでは、雲泥の差がある。世への未練が患者の心を苛(さいな)むであろう。死とともに、闘病の苦痛の恐れもあるだろう。とにかく、全て患者本人の身に起こることである。本人が苦しくとも経験し、戦っていかねばならないことなのである。誰もこればかりは代わりをすることができないのである。だから、その心痛のいかばかりかは容易に推測できる。

時代劇を見ていると、よく代官が町民らに「身の程をわきまえよ」と毅然(きぜん)と言い放つ場面がある。私たちも神の前に身の程をわきまえねばならない。私たちは生まれてこの方、自分が神の前に進み出ることなどできる身分ではなかった。その資格がなかった。生まれついての罪人であり、義のひとかけらもなかった。

「私は、主の恵みを、とこしえに歌います。あなたの真実を代々限りなく私の口で知らせます」(詩篇89:1)

それ以前に、私たちの生は、自分で創ったのではなく、神によって創られた。私たちの生命の誕生は、神による創造である。私たちは自分の分を、わきまえなければならない。

「私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう。主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな」(ヨブ記1:21)

(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)(14)
(15)(16)(17)(18)(19)(20)(21)(22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)(29)(30)(31)(32)(33)(34)(35)(36)(37)(38)(39)(40)

米田武義

米田武義(よねだ・たけよし)

1941年4月16日、大阪生まれ。大阪府立三国丘高等学校、国立静岡大学卒業。静岡県立清水東高校定時制教師を勤めた後、東北大学大学院、京都大学大学院(国土防災技術(株)国内留学生)で学ぶ。国土防災技術(株)を退職し、(株)米田製作所を継承する。2008年4月8日、天に召される。著書に『死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―』(イーグレープ)。

関連タグ:米田武義

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース