死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―(36)自分に正直にあれ 米田武義

2015年10月7日06時36分 コラムニスト : 米田武義 印刷
関連タグ:米田武義

自分に正直にあれ

お祈りを一人でしているときに、自分の心を偽っている訳ではないけれども、正直に洗いざらい神の前にさらけ出していないことがある。よくよく考えていないときは論外であるが、本当のことを認めたくないとき、本当のことを認めるのが怖いとき、私は神様の前に100%さらけ出すことなく祈っていたことがあった。一方通行の祈りであった。言い訳のついた祈りであった。こういう祈りは、祈りではなく、ただ自分の欲求を祈りという形式に乗せて願っていたにすぎない。もちろん、こういうときの祈りは、祈りになっていなくとも、本人にとっては深刻な問題であることが多い。冷静さを失っているのであろう。

ちょっと冷静になればすぐに分かることである。つまり、祈りに乗せて言う、言わないにかかわらず、聖霊はすべてご存じなのである。私たちが隠していること、隠そうとする心を持っていることは、とうの昔にご存じなのである。

「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、そして、人の心に思い浮かんだことのないもの。神を愛する者のために、神の備えてくださったものは、みなそうである」(Ⅰコリント2:9)

隠し事をするような人に対して、私たちは心を開いて相談に乗るだろうか。本気になって相談になど乗らないのが普通であろう。聖霊にとっても同じではなかろうか。私たちが心をさらけ出してこそ、初めて真剣に相談に乗ってくれるのであろう。

そして、そんなことよりも何よりも、自分の本心を隠して(実際は隠したつもりでいるだけである)、神に相談したり祈ったりすることは、神に対して罪を犯すことなのである。

私たちが本心を隠すのは、神に頼らず自己に頼り、自分の力で何とか問題を解決しようとしているからに他ならない。神から見れば、最も嫌われるプライドの高い人間になっているのである。これは、逆に言えば、神への不信、神の力の過小評価ということに連なっている。

「神の聖霊を悲しませてはいけません。あなたがたは、贖いの日のために、聖霊によって証印を押されているのです」(エペソ4:30)

(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)(14)
(15)(16)(17)(18)(19)(20)(21)(22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)(29)(30)(31)(32)(33)(34)(35)(36)(37)(38)(39)(40)

米田武義

米田武義(よねだ・たけよし)

1941年4月16日、大阪生まれ。大阪府立三国丘高等学校、国立静岡大学卒業。静岡県立清水東高校定時制教師を勤めた後、東北大学大学院、京都大学大学院(国土防災技術(株)国内留学生)で学ぶ。国土防災技術(株)を退職し、(株)米田製作所を継承する。2008年4月8日、天に召される。著書に『死に勝るいのちを得て―がん闘病817日の魂の記録―』(イーグレープ)。

関連タグ:米田武義

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース