こころと魂の健康(27)もっとやらなくては 渡辺俊彦

2015年9月7日11時18分 コラムニスト : 渡辺俊彦 印刷
関連タグ:渡辺俊彦

私の近くに、何でも一生懸命に仕事や奉仕をする人がいます。その人は、どんなことでも熱心で忠実です。人への心配りも良くできる方です。そして、周囲の人々から信頼され尊敬を受けています。しかし、その人の姿を見ると、「そんなにしなくても良いのに」「そこまでしなくても良いのに」「十分です。少し休んでください」と声を掛けてしまいたくなります。ところが、どんなに声を掛けても走り続けます。そして、仕事や奉仕などたゆまず努力し続けるのです。会社では、仕事熱心な人となるでしょう。教会では、忠実で信仰深い人となるでしょう。でも実際は、心が疲れているのです。いつかバーンアウトしてしまうかもしれません。

献身者はどうでしょう。献身者には特に、神様と教会と人々に仕えることが求められます。神学校では、献身者を土曜日や日曜日にミッションとして派遣します。その派遣先の教会で、仕える訓練と称して雑巾のようにされるケースが少なくありません。意見でも言うものなら、「不忠実だ」「不信仰だ」「高慢だ」と評価されてしまいます。献身者は、ミッション先の評価が怖くて「もっとがんばらないと、人は認めてくれない」と走り続けてしまうのです。心の叫びが聞こえてくるようです。そのため、うつ病になった人も存在するのが現実です。

牧師も同じようなものです。牧師は、教会員の必要に応えなければと一生懸命に仕えようとします。しかし、仕えても仕えても、牧師批判しか聞こえてこないことは少なくありません。そして、「もっとがんばらないと、教会員は認めてくれない」「一生懸命にやっているのに、どうしてこうなるのか」と走り続けます。その結果、牧師のバーンアウトが起こってしまいます。

この逆も起こります。それは、教会員が、牧師の評価が気になり、「もっとがんばらなくては、評価されない」と奉仕にがんばってしまうのです。そして、自分の期待通りの評価がないと、「一生懸命にやっているのにどうしてこうなるのか」と失望し、教会から離れるのです。教会から離れた人々は、どこに行くでしょうか。二度と教会に来ない人々もいますが、自分を認めてくれる牧師を捜し求め、教会を転々とする人々も存在します。

何が、このような行動に駆り立てているのでしょうか。このような人の心の中に、「まだ足らない、まだ足らない」という感覚があったりします。また、自分の中で「どんなにやっても、もっとやらなくては」と言い聞かせながら駆り立てていることが少なくありません。そして、今の状況の中にとどまって、努力し続けるのです。苦しい、つらいという心の叫びが聞こえてくるようです。これらの人々に見えてくる共通点は、「もっと努力しなさい」です。

この「もっと努力しなさい」は、私たちの信仰にも影響を与えていることがあります。それは、「もっと努力する」ことによって信仰が成長すると勘違いしてしまう人がいます。確かに、努力することによってスキルは身に付き、姿形をまねることはできるでしょう。しかし、信仰の成長とは違うものです。

詩篇の詩人は、「神へのいけにえは、砕かれた霊。砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません」(詩篇51:17)と言っています。神様が私たちに望んでおられるのは、「砕かれた、悔いた心」です。これが本当の謙遜であり、信仰の成長です。この恵みが分かったら、自分と人を比較したり、人の評価を気にしたりすることから解放されます。そして、「もっと謙遜な者にさせていただこう」と、神の前に出る者に変えられます。

私たちが「努力しなさい」を肯定的に用いるなら、聖書を読み祈る時間を確保するために努力しましょう。

■ こころと魂の健康: (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)
(12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)(20)(21)(22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)(29)

渡辺俊彦

渡辺俊彦(わたなべ・としひこ)

1957年生まれ。多摩少年院に4年間法務教官として勤務した後、召しを受け東京聖書学院に入学。東京聖書学院卒業後、日本ホーリネス教団より上馬キリスト教会に派遣。ルーサーライス神学大学大学院博士課程終了(D.Mim)。ルーサーライス神学大学大学院、日本医科大学看護専門学校、千葉英和高等学校などの講師を歴任。現在、上馬キリスト教会牧師、東京YMCA医療福祉専門学校講師、社会福祉法人東京育成園(養護施設)園長、NPO日本グッド・マリッジ推進協会結婚及び家族カウンセリング専門スーパーバイザー、牧会カウンセラー(LPC認定)。WHOのスピリチュアル問題に関し、各地で講演やセミナー講師として活動。主な著書に『神学生活入門』『幸せを見つける人』(イーグレープ)、『スピリチュアリティの混乱を探る』(発行:上馬キリスト教会出版部、定価:1500円)。ほか論文、小論文多数。

上馬キリスト教会ホームページ
上馬キリスト教会ツイッター

関連タグ:渡辺俊彦

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース