人間関係成功の鍵 安食弘幸(25)

2015年9月6日18時34分 コラムニスト : 安食弘幸 印刷
関連タグ:安食弘幸

「私たちはひとりひとり、隣人を喜ばせ、その徳を高め、その人の益となるようにすべきです」(ローマ15:2)

第一次南極地域観測隊の永田武隊長は帰国後の記者会見で、「一番苦労したのは、隊員同士の人間関係でした」と言いました。刑務所から出所してきた人も、「内では仲間との付き合いが一番大変だった」と言います。

私たちはどこに行っても、何をしても、人との関わりなしに生きていくことはできません。従って、人間関係を上手に築ける人は、何をしても成功すると言っても過言ではありません。

では、人間関係の成功の鍵は、どこにあるのでしょうか。

二宮金次郎は、「人間関係とは、互いの持っている徳を掘り起こすことである」と言いました。また、ある人は「他の人に対する最大の親切は、自分の持っている良き物を与えることではなく、相手の持っている良き物を明らかにしてあげることです」と言います。

ですから人間関係の成功の鍵は、上記の聖書の言葉にあります。「相手を喜ばせ、その徳を高め、その人の益となるようにしてあげる」ことです。

人は誉められると、さらに良くなろうと努力するのです。

ハーバード大学のロバート・ローゼンタール教授のグループが、興味深い実験をしました。実験用のネズミを、「天才ネズミ」と「平凡ネズミ」の2つのグループに分けて、学生たちに世話をさせました。そして6週間後に、迷路を通り抜けて出口に置かれたチーズに辿り着くのに何秒かかるかという実験をしました。そして予想通り「天才ネズミ」のグループの方が圧倒的に良い結果を出しました。

しかし、この実験には、実は秘密がありました。最初にネズミを分けるとき、教授は適当にただ2つのグループに分けただけでした。それを学生たちに委ねるとき、「こっちが天才ネズミ」「あっちが平凡ネズミ」と言って渡したのです。学生たちは本当にそう思い込んで、世話をする時「天才ネズミ」には、それにふさわしく丁重に世話をし、言葉を掛けていました。それに対して、「平凡ネズミ」の世話はぞんざいになっていたのです。その結果、「天才ネズミ」は、自分たちは期待されていると実感し、実験で良い結果を出しました。

ネズミでも期待されたり、誉められたりすると、意欲が向上し、その期待に応えようとするのです。これと同じ実験を、ある学校の校長先生がやりました。その結果、教師の期待度と学生の学力の向上には、深い関係があることが証明されました。

昔、アメリカのマサチューセッツ州ボストン郊外の精神病院の地下室に、アニーと呼ばれる少女が入れられていました。当時、精神障害者は決して治らない、人目にさらしてはならないと考えられていました。この少女は、この小さな部屋で一生を過ごす運命にあったのです。しかし、その病院で働く一人の掃除婦がその少女を可哀想に思い、食事を運ぶ度に“I Love You”と声を掛け続けたのです。その結果、その少女は心を開き、徐々に回復し、やがて学校を卒業し、教師の資格を取りました。そして、ある家庭に家庭教師として遣わされました。その家庭には、三重苦の少女がいました。

これが、ヘレン・ケラーとアン・サリバン先生との出会いです。一人の名もない掃除婦の励ましがなかったら、アニーは教師になれなかったでしょう。そして、ヘレン・ケラーのその後の大きな働きもなかったでしょう。

一人の掃除婦の励ましが、大きな大きな結果をもたらしたのです。

みなさんも、周囲の人々をもっともっと誉めてみてはいかがでしょうか。驚くべきことが起こると思います。

<<前回へ     次回へ>>

安食弘幸

安食弘幸(あんじき・ひろゆき)

1951年、島根県出雲生まれ。関西学院大学社会学部卒。大学時代は硬式野球関西六大学リーグの強打者として活躍。関西聖書学院卒。セント・チャールズ大卒。哲学博士。現在、日本キリスト宣教団峰町キリスト教会主任牧師。NHK文化センター「聖書入門講座」「カウンセリング講座」講師、JTJ宣教神学院講師、とちぎテレビ「ゴスペルジェネレーション」の説教者。また、国内外の教会や一般企業、ミッションスクール、病院、福祉施設で講演活動を行っている。

日本キリスト宣教団峰町キリスト教会ホームページ
【安食弘幸著書】(Amazon)
【安食弘幸著書】(イーグレープ)

関連タグ:安食弘幸

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース