こころと魂の健康(20)反省と悔い改め 渡辺俊彦

2015年5月18日08時03分 コラムニスト : 渡辺俊彦 印刷
関連タグ:渡辺俊彦

一時期、猿が反省するポーズが大流行した時代がありました。教会でもそのポーズが人々の笑いを誘ったものです。しかし、この「反省」と教会で使われる「悔い改め」との違いを理解している人は意外に少ないようです。まだ、私も若きころ、よくバイブル・キャンプなどに参加しました。その度に見られる現象がありました。それは、バイブル・キャンプの参加者が毎年毎年、悔い改めの祈りをする姿です。悔い改めるのはすばらしいことです。しかし、悔い改めの祈りをしている人たちがほとんど同じなのです。説教者が聞き手に、それも重箱の隅をつっつくように、「これでもか」「これでもか」と悔い改めを求めるのです。また、「あなたはそれで大丈夫ですか」と迫ります。これらは、伝道会や聖会などにも見られる現象ではないでしょうか。いったい、私たちは、どのくらい悔い改めたら赦されるのでしょうか。

反省は悔い改めと違います。私たちは、日常生活の中で人間関係に失敗したり、他者に失礼なことをしてしまったりすることがあります。普段は、冷静に物事に対応し判断して生活しています。しかし、時々その冷静さを失い、感情をコントロールできなくなることがあります。私たちは、無意識の中でコントロールしています。しかし、日常の様々な出来事の中でコントロールが効かなくなってしまい、感情を相手にぶつけてしてしまう経験をするものです。そのとき、高揚した感情は必ず時間の経過とともに低下します。すると、感情のコントロールが開始されます。このコントロールが始まると、「あの時は申し訳ないことをした」と思うようになるのです。そして、「さっきはごめんなさい」となる訳です。この現象は、良心の責めからくるもので、後悔というものです。これが、反省です。

私たちは、バイブル・キャンプや普段の集会で証し、賛美、説教などを通して感情が高揚することがあります。そして、自分の様々な失敗などを思い起こします。その結果、良心の責めからくる後悔が、悔い改めと混同されるケースが少なくないのではないかと感じています(もちろんそうでない人もいます)。キリスト者の寿命が3年と言われる原因の一つではないかと思うのです。

真の悔い改めは、聖霊によるものです。聖霊は、罪と義と裁きについて教えます。そして、神に対して悔い改めが生じるのです。イエスはただ一度だけ、十字架について私たちの罪の身代わりになってくださったのです。私たちの罪は、十字架で決算されているのです。パウロは、それを「認めよ」と言っています。パウロはこれでもかと悔い改めを迫ることはありません。

一般社会の人々や普通のカウンセラーは、罪の概念を取り除くことによって問題を解決しようとします。そして、「私も同じ」「私なんか教会に行っていない」という言葉をもって相対化し対応します。神は、後悔ではなく悔いた心を喜ばれるのです。

かつて、礼拝に熱心に来ていた子どもがいました。しばらくしてあることが問題になったのです。それは、子どもたちが献げた献金を献金袋から盗んでいたのです。そればかりか、教会から家に帰るまでの道中、一軒一軒商店に入り万引を繰り返していたのです。当然、大変な問題になりました。その子どもは一応「ごめんなさい」とあやまりました。しかし、それは皆に指導され、生まれた後悔からでした。その後、他の場所で同じようなことを度々繰り返していたのです。

それから、随分時間(数年)が経過しました。ある日、その彼が自分から進んでイエスを救い主と信じ、自分の罪を悔い改めました。聖霊が罪と十字架を教えたのです。彼は、過去から自由になり、自分の道をしっかりと歩み始めました。今、りっぱな社会人として生活しています。

■ こころと魂の健康: (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)
(12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)(20)(21)(22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)(29)

渡辺俊彦

渡辺俊彦(わたなべ・としひこ)

1957年生まれ。多摩少年院に4年間法務教官として勤務した後、召しを受け東京聖書学院に入学。東京聖書学院卒業後、日本ホーリネス教団より上馬キリスト教会に派遣。ルーサーライス神学大学大学院博士課程終了(D.Mim)。ルーサーライス神学大学大学院、日本医科大学看護専門学校、千葉英和高等学校などの講師を歴任。現在、上馬キリスト教会牧師、東京YMCA医療福祉専門学校講師、社会福祉法人東京育成園(養護施設)園長、NPO日本グッド・マリッジ推進協会結婚及び家族カウンセリング専門スーパーバイザー、牧会カウンセラー(LPC認定)。WHOのスピリチュアル問題に関し、各地で講演やセミナー講師として活動。主な著書に『神学生活入門』『幸せを見つける人』(イーグレープ)、『スピリチュアリティの混乱を探る』(発行:上馬キリスト教会出版部、定価:1500円)。ほか論文、小論文多数。

上馬キリスト教会ホームページ
上馬キリスト教会ツイッター

関連タグ:渡辺俊彦

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース