合言葉はあいらぶゆ(4)つれづれなるままに、赤ちゃんのおむつネタ しらかわひろこ

2015年5月17日18時55分 コラムニスト : しらかわひろこ 印刷
関連タグ:しらかわひろこ

つれづれなるままに、赤ちゃんのおむつネタ

ご存知ですか? お母さんがほうれん草を食べて、赤ちゃんに白い母乳を飲ませると、赤ちゃんが緑色のウンチをすることを。それはもう見事に。先輩のお母さんたちからは聞いていたけれど、自分の目で初めて見た時は感動ものだった。つながってるんだ、この子と。これはもう私も、めったなものを食べたり飲んだりできないぞと思った。

この辺で読むのをやめる人は、きっと男性に違いない。うちの夫もそうなのだが、男性は自分の子どものでさえ、排せつ物や分泌物が苦手。これは母性愛とか父性愛とはまた別物で、男女の特性の違いではないかとひそかに思っている。

母親にとって、赤ちゃんのこの類のことは汚いお話ではなく、健康や発達を知る大切なバロメーターなのだ。だから母親同士の会話ではタブーでなく、受けるネタとしておおらかに盛り上がる。まずは冒頭に書いた母乳と赤ちゃんのウンチの不思議から始まり、保育園へ通うころには、夜おむつを替える母親が、「○○ちゃん、今日の給食は××が出たのね~」なんて嬉しそうに話しかけて、そばで夕食を食べている父親が「おい、やめてくれ!」と悲鳴を上げたりする。

公園デビューしたばかりのころ、息子A(長男)が滑り台で遊び始めた。階段を上がってはすべりを繰り返している。そのうちあるお母さんが「あっ!Aくん、あぶないよ」と叫んだ。ハッとAを見ると、滑り台のてっぺんの手すりにつかまり、顔を真っ赤にしていきんでいる。階段を上る時、お腹に力が入ると腸がよく動いて「もよおす」のだ。それのどこがアブナイの?って、子どもって、催してすっきりするともうゴキゲン(*^_^*)。そのまま、あとさき考えずに、滑っておりてしまうのだからして・・・。結果は、ご想像にお任せします。

あの時も、みんなで一斉に、「滑るなーーーっ!」「だめよ!」「そのまま!」なんて叫んだが間に合わず、Aはそのまま滑りおりてしまった。そして、おしりが気持ち悪いと泣き始める。私は、「しようがないわね」とかなんとか言いながらトイレへ連れて行き、バッグから必要なものを取り出して、手際よくおしりをきれいにしておむつを替え、何事もなかったように話の輪に入った。他のお母さんたちもそんなこととっくに経験済みだから、「どうだった?」「ものすごかった(*^_^*)」「うちもようやるんよ。滑り台登ったとこで、あれ」「お腹に力はいるんよね。で、本人はスッキリしてしゅーっと」「きゃっはっはっはっ」。

赤ちゃんや幼児に羞恥心がないのって、すごいことだと思いませんか? だから平気でお世話してもらえるのだし、こちらとしてもやりやすいし。おむつ替えるたび恥ずかしがられたらこっちも困るし。神様、上手にお造りになられたわ~。

このように、子育て中、親(特に母親)は原始的な時期を過ごす。当たり前のことだけれど、人間は物を食べて飲んで、排泄する生き物にすぎないのだということを学ぶ。でも、育てられた方は、大人になるとそのことは忘れてしまう。

向田邦子さんという脚本家のエッセイにこんなエピソードがあった。向田さんは、戦後間もないころ青春時代を過ごした。そのころの学生の話題といえば、ニーチェ(哲学者)だマルクス(唯物論者)だ、ハイネの詩、いいわね~という、知的であったりロマンティックなものが多かったそうだ。

ある日、ご家族の留守中に向田さんのボーイフレンドが遊びに来た。彼は向田さんにいいところを見せようとして、哲学や詩を語り始めた。向田さんも背伸びして、必死でその会話に応じていると、ジャストタイミングでやって来たのが<バキュームカー>。

知らない人がいるかもしれないので説明すると、昔のトイレは水洗でなかったので、定期的にバキュームカーが汲み取りに来ていた。外から汲むのだが、あれは家の内外にかなりな臭いが漂う。気取って会話していた若い2人は次第に居心地悪くなり、会話は途切れ途切れに、そして彼は帰ってしまった。

向田さんは、「昔のトイレはよかった。あの臭いは、自分が何ものでもないことを教えてくれた。どんな偉い人にでもそうでない人にでも『しょせん人間って、自分ってこういうものなのさ』と思い知らせてくれ、謙虚にしてくれた」という意味のことを書いておられる。「自分は何ものでもない」「食べて、寝て、排泄する、一生物にすぎない」。ほとんどの人は、大人になるとそのことを忘れてしまい、親の介護に直面して思い出し、そして自分が介護される立場になると思い知る。

なのだよ、息子たち。24歳、25歳になり、母さんを見おろしているけれど、母さんはあなたたちがどんなに偉くなったとしてもへっちゃらだ。ウンチも何もかもひっくるめてあなたたちを愛し、そのたびきれいにして育てんだからねっ。

我が家に息子B(二男)が生まれて間もなく、息子A(長男)は少し早いけれど保育園へ通うようになった。そしてその秋、私は担任の先生から呼び出され、Aの耳の検査を勧められた。聴こえていないのではないか、とのことだった。

(文・しらかわひろこ)

(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(最終回)

関連タグ:しらかわひろこ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース