小さないのちと私たち~あなたに逢えてありがとう~(8)小さないのちを守る会の働き 辻岡健象

2015年2月11日22時42分 コラムニスト : 辻岡健象 印刷
+辻岡健象氏

小さないのちを守る会の働き

聖書の愛を実践し、キリスト者としての社会的使命と責任を果たすために、1984年に小さないのちを守る会が誕生しました。そして地の塩・世の光として、次の活動をしています。

(1)中絶の防止

どのような経緯であっても、すべてのいのちには、人間の思いを遙かに超えた神の尊い計画と目的があります。「殺してはならない」(出20:13)という神の命令に従い、どのような経過の妊娠であっても、妊娠中の当事者に「産む使命」を果たすように説得し、可能な限りあらゆる援助をします。

(2)養子縁組の相談

産む使命を果たした当事者に、あらゆる面において積極的に援助します。そして、産みの親による養育が不可能な場合は、「小さないのち」を「わが子」として養育したいと願う家庭に、子の幸せを願い、法的にも「実子」として迎える特別養子縁組の相談の助けもします。

そして、いのちを与えられたいのちの創造主である神に感謝して行われる、教会祝福受入式、親子結びの式、親族結びの式の中に、いのちの主の臨在と祝福があり、いのちの始まる前から計画されている神の御心を確認し、賛美します。

血縁至上主義のわが国に、神の愛による愛情至上主義の家族が誕生し、新しい家族の夜明けの到来を夢見ます。

(3)中絶体験者への救いの提供

中絶による犠牲者は胎児だけではありません。過去に中絶を体験し、心身共に中絶の後遺症に悩んでいる当事者に、完全な救いを提供するために努力します。中絶後遺症からの完全な救いは、すべての罪科を赦す神の言葉、福音以外にないと信じます。

(4)聖書の教える「いのちと性」の教育

創造の冠であり、神の栄光の輝きである「いのちと性」のあり方を聖書から学びます。いのちは限りなく尊く、性もこの上なく祝福に満ちたものです。いのちと性の尊厳と祝福を確認し合います。

かけがえのないいのちです。そして性は人格の中心です。性=生=聖、を聖書から学び確認し、生命軽視と性秩序の乱れた時代に、いのちと性の自己管理とその祝福を分かち合います。そして、罪を悔い改め赦されることの喜び、聖霊の宮とされて新しいいのちに生きる道を示します。

■ 小さないのちと私たち~あなたに逢えてありがとう~: (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)

辻岡健象(つじおか・けんぞう)

1933年生まれ。大学卒業後、7年間ビジネスマンとして実業界で活躍。神学校卒業後、20数年間牧師として奉仕。現在、いのちの尊厳を標榜し全国に3000人余の会員を有する「小さないのちを守る会」代表。特に現代のいのちの軽視と性の乱れに痛みをおぼえ戦いながら、中・高・大学、PTA、教育委員会、公民館、病院、ロータリークラブ、VIP、教会、各キャンプ等で講演活動。新聞雑誌等に寄稿し、テレビにも出演して現代社会における「いのちと性」のあり方について訴える。未婚女性妊娠問題等にも具体的な援助。中学・高校教員免許資格取得。教育学博士。著書に『小さな鼓動のメッセージ』他。趣味はスキー、マジック、腹話術。

■ 外部リンク:「小さないのちを守る会」ホームページ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース