小さないのちとわたしたち~あなたに逢えてありがとう~(9)小さないのちへの祈り 辻岡健象

2015年3月7日06時56分 コラムニスト : 辻岡健象 印刷

小さないのちへの祈り

最も軽視されている小さないのちを尊び、共に神の形に造られたいのちに生かされる感動が、さらに小さないのちへの愛と感動となって、いのちが輝くのです。

ひとたび、いのちが胎内に宿り、どんな苦しい状況の中でも、生む使命に徹し、その使命を果たした女性の素晴らしい輝きに、いのちの輝きと感動があります。「オギャー!」と泣く新しいいのちに接した途端に、事情があって顔も見ず、自分で抱くこともできなくても、いのちの尊さを知った、と語ってくれる女性に、いのちが輝いています。

一つのいのちを生み出すことによって、今まで生きてきたときには思いも及ばない、もっと素晴らしい世界があることを知ったと語ってくれた女性。また、たとえ実子でなくても、神から授かったこのいのちを、真にわが子としていのちを懸けて養育の使命を果たしたいですと、顔をほころばせて決意する養親。その養親のもとで、すくすく成長する小さないのちの幸せいっぱいの笑顔は、どんなことばよりも、いのちの尊さと生かされている実感と喜びがあふれています。

私たち一人ひとりの中に、いのちに対する畏敬と尊厳が芽生えて、生命倫理が確立されていくとき、いのちの創造者である神のいのちが見えてきます。神のいのちに生かされている感動が湧きあふれます。生きているのではなく、生かされていることの感動が、さらに私たちを、いのちの尊厳へと導くのです。その時、「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」(ルカ10:27)という聖書のみことばが、私たちの中に成就するのです。創造主のかたちに造られた尊いいのちを愛する喜びがあります。愛せずにはいられない愛が生まれます。そして、いのちを尊び合い愛し合うことによって、私たちは神の愛を、神を体験するのです。

いのちの尊厳――それはいのちの触れ合いによって与えられる体験者の恵みです。いのちといのちの触れ合いによって、そこにいのちが存在するだけで、ことばでは表せない尊いいのちを発見し、体験するのです。これは恵みです。いのちの神からの祝福です。

いのちがそこに存在するだけで尊いのです。これは理論でも、哲学でも、倫理でもありません。いのちそのものが尊いのです。この地上でのいのちが、たとえ1秒であったとしてもです。

ある妊婦に胎児複合障害が発見され、中絶を医師団から勧められました。しかし妊娠初期に、激しい外部からの圧力と、自分との厳しい闘いを経た後の出産決意でした。

出産不可能と言われたいのちの誕生! 1週間と言われたいのちが、2週間、3週間と生かされ、4カ月を越し5カ月を越えました。そして139日!この地上で共に生きることが許されたのです。

お母さんは母乳を綿棒に浸して飲ませました。与えられた地上のいのちを必死に生きるその「小さないのち」が、訪れる見舞客に深いいのちの感動を与えました。いのちへの愛、そして天からのいのちの輝きを見せてくれたのです。

小さな天使の告別式に多くの大人たちが集いました。全員が泣きました。お母さんも涙の中で、赤ちゃんに、いや、神に、そして参列者全員に、「139日のいのちありがとう。139日もありがとう。139日をありがとう」と語りかけました。

いのちの尊厳、それは、いのちの長短、障害の有無、能力の差異、実子養子、そして人種や性別などに、一切関係ないのです。じっと触れ合い、慈しみ合い、そして、強いと思われる人が、弱いと思われる人を助けるのです。共存するのです。共生するのです。そのとき、いのちが輝くのです。生きていてよかった。生かされている感謝と感動がそこにあるのです。

なぜ神は、強いと思われる人を造られたのでしょうか。それは弱いと思われる人を、そうです、弱者を助けるためです。そして生きる感動と生かされている感謝を分かち合うのです。最も小さいいのちへの愛と慈しみです。

マザー・テレサは、最も貧しい人々の中に、「イエス・キリストが見える」と言いました。私も、小さな命を守る働きの中で、「小さなイエス様」が見えてきたように思います。「最も小さい者たちのひとりにしたのは、わたしにしたのです」(マタイ25:40)と言われる、主のみことばの真実といのちの体験です。このいのちに触れ、その尊厳と愛によって、私は変えられたと思います。いのちといのちの触れ合いの感動です。

神が望んでいる平和、それは、いのちの尊厳から始まります。全てのいのちが尊ばれ、愛し合い、助け合い、いのちといのちの触れあいに、温もりがあり、優しさがあり、愛があり、感動があり、喜びがあり、希望がある平和です。地に平和を。私は今、そんな日の到来を夢見ています。「生まれてきて良かった」「生きていて良かった」「幸せだった」と言える日の到来を。

神よ、いのちの創造主である神よ。来たらせてください。小さないのちからすべてのいのちが尊ばれる、主の御国を。

(終)

■ 小さないのちと私たち~あなたに逢えてありがとう~: (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)

辻岡健象

辻岡健象(つじおか・けんぞう)

1933年生まれ。大学卒業後、7年間ビジネスマンとして実業界で活躍。神学校卒業後、20数年間牧師として奉仕。現在、いのちの尊厳を標榜し全国に3000人余の会員を有する「小さないのちを守る会」代表。特に現代のいのちの軽視と性の乱れに痛みをおぼえ戦いながら、中・高・大学、PTA、教育委員会、公民館、病院、ロータリークラブ、VIP、教会、各キャンプ等で講演活動。新聞雑誌等に寄稿し、テレビにも出演して現代社会における「いのちと性」のあり方について訴える。未婚女性妊娠問題等にも具体的な援助。中学・高校教員免許資格取得。教育学博士。著書に『小さな鼓動のメッセージ』他。趣味はスキー、マジック、腹話術。

■ 外部リンク:「小さないのちを守る会」ホームページ

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース