女性と信仰(19)賢い女、賢い妻⑥―ゆがんだ愛 前田基子

2015年2月11日22時53分 コラムニスト : 前田基子 印刷
関連タグ:前田基子
+前田基子

2014年に50歳以上の夫婦を対象に行った調査によると、夫婦関係を表す漢字のトップは、男女共に「忍」の一字。続いて、夫は「愛」「和」、妻は「和」「信」。

ところで、夫婦間の秘密の有無について、夫が25・5%に対して、妻は32・8%が有り。これって変! ちなみに妻の秘密は、「結婚前の貯金額」や「友達との豪華なランチの値段や洋服の値段」など、金銭的なことが多いそうです。

互いに対する評価は、70~100点の「合格点」をつけた夫は83・9%に対し、妻は64・1%。「生まれ変わっても今のパートナーと結婚したいか」は、「したくない」が夫8・1%に対して妻24・3%。その理由は、「価値観の違い」や「違う男性と結婚して、別の人生を歩みたい」。ご主人方、ここは是非とも一考、ご検討なさることをお勧めします。

さて、「ゆがんだ愛」ということで、サムソンの妻デリラの愛を見てみましょう。

① 計る愛
デリラの愛は、物や金で計る愛でした。どうしてくれるかで相手の愛を計るのです。

② 要求する愛
「こうして、毎日彼女が同じことを言って、しきりにせがみ」(士師16:16)
「(愛は)すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます」(1コリント13:7)

③ 責める愛
「責め立てたので、彼は死ぬほどつらかった」(士師16:16)

欠点をあげつらい責め立てるばかりでは、逃避行するしかなくなります。「愛は多くの罪をおおう」(1ペテロ4:8)ものです。

④ 本能的な愛
「デリラは、サムソンが自分の心をみな明かしたことがわかった」(士師16:18)
「全き愛は恐れを締め出します」(1ヨハネ4:18)

全き愛は、相手を立て上げます。相手を自分の思いのまま、所有物にするならば、いずれ重荷となることでしょう。

「こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です」(1コリント13:13)

続く

■ 賢い女、賢い妻:(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)

前田基子(まえた・もとこ)

イエス・キリスト緑の牧場教会(東京)で救われ、玉野聖約基督教会(岡山)から献身。生駒聖書学院卒。生駒聖書学院副院長。エリムキリスト教会牧師。ABCラジオ放送「希望の声」・テレホンメッセージ「希望の声」(074・373・3740:ゼロナシ・ミナサン・ミナヨレ)牧師。

関連タグ:前田基子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース