女性と信仰(21)賢い女、賢い妻⑧―アビガイル「判断力、決断力、実行力、説得力」 前田基子

2015年2月26日19時07分 コラムニスト : 前田基子 印刷
関連タグ:前田基子
+前田基子

アビガイルのところに、一人の若者がやって来て、夫ナバルがダビデの使いの者にした横暴な振る舞いと、ダビデが報復の備えをしていることを告げました。若者はなぜ、アビガイルの元に来たのでしょうか。アビガイルが日頃から何事につけても、冷静沈着に判断し行動を取ることを、若者は見ていたからです。(1サムエル25:14)

そこで、アビガエルは「急いで」さまざまな品の用意を命じ、若者を立てて出発しました。これは、彼女の優れた決断力と実行力、そして、彼女の人と物に対する優れた管理能力を表しています。(1サムエル25:18、19)

いかがでしょうか。今、冷蔵庫に何があるでしょうか。いざという時のためにお金など備えているでしょうか。いつどなたにお世話になるか、なったか分からないものです。全ての人と平和を保つ心がけをしていらっしゃいますか。

アビガイルは、自分はダビデのはしため、女奴隷であると言いました。卑下して言ったのではありません。「主のはしため」であることを誇りとしている者は、「人に仕えるしもべ」となることも辞さないからです。「主のはしため」は、人に隷属する者ではなく、生き方の確かな指針を持っている者です。

「このはしための私は、ご主人さまがお遣わしになった若者たちを見ませんでした」(1サムエル25:25)

アビガイルは、見ていたならば、頑迷な夫であってもああはさせなかったと言外に言っています。説得力とは、上から押さえつける力ではなく、毅然(きぜん)とした心の姿勢です。また、アビガイルはダビデに尊敬の念を持ち、ダビデにとって益となることを心から願いました(1サムエル25:28~31)。ですから、相手を深くおもんばかることもまた、説得力の重要な要素といえましょう。(続く

■ 賢い女、賢い妻:(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)

前田基子(まえた・もとこ)

イエス・キリスト緑の牧場教会(東京)で救われ、玉野聖約基督教会(岡山)から献身。生駒聖書学院卒。生駒聖書学院副院長。エリムキリスト教会牧師。ABCラジオ放送「希望の声」・テレホンメッセージ「希望の声」(074・373・3740:ゼロナシ・ミナサン・ミナヨレ)牧師。

関連タグ:前田基子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース