女性と信仰(17)賢い女、賢い妻④―愛と憎しみ・妬み(1) 前田基子

2015年1月30日09時49分 コラムニスト : 前田基子 印刷
関連タグ:前田基子
+前田基子

愛と憎しみ・妬(ねた)みは、紙一重。アムノンの恋がそれを表しています。アムノンとタマルは異母兄妹でした。タマルの実兄はアブシャロムです。タマルは美しい娘で、アムノンは彼女に恋をし、苦しみ患うようになりました。なぜなら、タマルが処女であって、何かするということはとてもできないと思われたからです。ところが、いとこにそそのかされ、アムノンは力ずくでタマルをはずかしめました。その後、恋する思いは激しい憎悪と変わってしまったのでした。

アムノンの恋の対象は、タマルだったのでしょうか。いいえ、タマルの美しさです。タマルは、アムノンの肉欲、性欲の対象に過ぎなかったのです。アムノンの罪は、アブシャロムの憎しみを生み、殺人へと発展しました。父ダビデのなし得たことは、「ただ彼(アブシャロム)に祝福を与え」(2サムエル13:25)「いつまでもアムノンの死を嘆き悲し」(同13:37)むしかありませんでした。

憎しみ・妬みは、下位・不利な立場の者が持つ感情とばかりはいえません。たとえ優位な立場にあっても、サウル王のダビデへの非常な愛が憎悪と嫉妬と化し、殺意へと進んだように、また、エルカナの妻ペニンナが子を与えられていたにもかかわらず、不妊の妻ハンナを憎んだように、です。

時代が変わっても、人間の本質は変わりません。人が「愛」といっているものが、果たして「愛」といえるのか疑問です。「愛」はなくとも、「恋」は成り立ちます。「愛」はなくとも、「夫婦の形」は成り立ちます。しかしある時、「憎しみ・妬み」の思いに豹変し、有形・無形の殺人をやってしまうのです。

「愛」が神にあること、そして、「愛」はそれ自体で存在し得るものであること、さらに、「愛」は無償のものであることを、絶えず確認していたいものです。(続く

■ 賢い女、賢い妻:(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)

前田基子(まえた・もとこ)

イエス・キリスト緑の牧場教会(東京)で救われ、玉野聖約基督教会(岡山)から献身。生駒聖書学院卒。生駒聖書学院副院長。エリムキリスト教会牧師。ABCラジオ放送「希望の声」・テレホンメッセージ「希望の声」(074・373・3740:ゼロナシ・ミナサン・ミナヨレ)牧師。

関連タグ:前田基子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース