女性と信仰(10)父親の役目―子孫を残す 前田基子

2014年11月27日23時31分 コラムニスト : 前田基子 印刷
関連タグ:前田基子
+前田基子

近頃は、男の子が喜んでおままごとに仲間入りするそうです。「何になりたい?」と聞くと、“お父さん”ではなくて“お母さん”と答えるのですって。なぜかというと、「お父さんはいつも家にいてないから、何したらええんか分からへん」と言うのです。いつまでもお父さん役が決まりません。「もう、お父さんは死んだことにしとこ」。怖ッ!そこで、聖書から父親の役目を4つ見ましょう。

1. 子孫を残す

「生めよ。ふえよ。地を満たせ」。子孫を残すことは、神様の至上命令です。

「しかし、わたしは、あなたと契約を結ぼう。あなたは、あなたの息子たち、あなたの妻、それにあなたの息子たちの妻といっしょに箱舟にはいりなさい」(創世記6:18)

ノアは神の命令に従って、家族を箱舟に入れ、子孫を絶やしませんでした。それにしても、山の上に箱舟を造り始めてから雨が降り出すまで、ノアの妻も息子たちも、息子たちの妻も、家長のノアによく従ったものです。ノアは「主のこころにかなった、神とともに歩む全き人」でした。人前でも、妻の前でも、息子たちやその妻たちの前でも、ノアのその姿勢が一貫していたからにほかなりません。

アブラムは、神様の約束が一向に実現しないので、妻サライの勧めで奴隷ハガルによってイシュマエルを得ました。「私は子どもの母になれるでしょう」(創世記16:2)。直訳ですと「私は建てられるでしょう」。

サライばかりでなくアブラムも、子孫を残すことで、男また夫としてのメンツが立つと考えてやったのでしょう。しかし、世々にわたる問題の種を蒔いてしまいました。

「イサクは自分の妻のために主に祈願した。彼女が不妊の女であったからである。主は彼の祈りに答えられた。それで彼の妻リベカはみごもった」(創世記25:21)

もちろん、リベカも祈りました。しかし、主が夫「イサクの祈りに答え」られたので、リベカはみごもりました。

反対に、サムエルが生まれたのは、夫エルカナも祈ったでしょうが、ハンナの“祈りにならない祈り“に主が答えられたからです。夫エルカナは、息子の将来は「主のおことばどおりになる」(1サムエル1:23)と信じました。それゆえに、サムエルはその一生の間、貫いて祈り、預言者として大いに活躍しました。

「見よ。子どもたちは主の賜物。胎の実は報酬である。若い時の子らはまさに勇士の手にある矢のようだ。幸いなことよ。矢筒にその矢を満たしている人は。彼らは、門で敵と語る時にも、恥を見ることがない」(詩127:3~5)

■ 父親の役目:(1)(2)(3)(4)

前田基子(まえた・もとこ)

イエス・キリスト緑の牧場教会(東京)で救われ、玉野聖約基督教会(岡山)から献身。生駒聖書学院卒。生駒聖書学院副院長。エリムキリスト教会牧師。ABCラジオ放送「希望の声」・テレホンメッセージ「希望の声」(074・373・3740:ゼロナシ・ミナサン・ミナヨレ)牧師。

関連タグ:前田基子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース