女性と信仰(5)生きた信仰―「思い巡らす」 前田基子

2014年10月17日21時08分 コラムニスト : 前田基子 印刷
関連タグ:前田基子
+前田基子

マリヤはいついかなる時にも、「神の約束」を「思い巡ら」し、「現実を肯定」し、希望に輝いて生きました。

「しかしマリヤは、これらのことをすべて心に納めて、思い巡らしていた」(ルカ2:19)

クリスマスの夜の出来事でした。幼子について告げられたことを、羊飼いたちから聞いた人たちはみな驚きました。しかし「マリヤは、これらのことをすべて心に納め、思い巡らし」ていました。夫ヨセフはどうだったでしょうか。ヨセフも、マリヤが身重になったことを知ったとき、どうしたものかと「思い巡らし」ました(マタイ1:19、20)。

しかし、ヨセフの「思い巡らす」は、「思い煩い」だったのです。神様の祝福を受けるという点において、「思い巡らす」と「思い煩い」とでは、天と地ほどの差となります。「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです」(1ペテロ5:7)

「思い煩い」は、目と心が「状況」に囚われています。「思い巡らす」は、「神の約束」を捉え期待します。神様は「思い煩う」ヨセフを捨て置きませんでした。一方、「神の約束」を「思い巡らした」マリヤは、いかなる状況の中にも平安と希望と勇気を失いませんでした。

都上りの帰路、ヨセフとマリヤは12歳のイエス様を見失いました。少年イエスは宮で教師たちと知恵深く質疑応答をしていました。「どうしてわたしをお捜しになったのですか。わたしが必ず自分の父の家にいることを、ご存じなかったのですか」(ルカ2:49)。マリヤは「これらのことばをみな、心に留めてお」き(同51)、思い巡らしていきます。

イエス様が公生涯に入られ、マリヤの「思い巡らす信仰」は、主の奇跡(「あの方が言われることを、何でもしてあげてください」―水がぶどう酒に。ヨハネ2:1〜11)を引き出し、主の愛と思いやり(「女の方。そこに、あなたの息子がいます」。それからその弟子に「そこに、あなたの母がいます」。ヨハネ19:26、27)を享受させ、困難に立ち向かう強靭さ(イエスの十字架のそばには、イエスの母・・・が立っていた。 同25)を、マリヤに与えました。

イエス様の昇天後は、マリヤはもはや肉の情をはるかに超えて、ニ階座敷で120人の者たちと心を合わせて祈りに専念し、聖霊に満たされて「復活の主の証人」となり、「思い巡らす信仰」を極め尽くしたのです。

前田基子(まえた・もとこ)

イエス・キリスト緑の牧場教会(東京)で救われ、玉野聖約基督教会(岡山)から献身。生駒聖書学院卒。生駒聖書学院副院長。エリムキリスト教会牧師。ABCラジオ放送「希望の声」・テレホンメッセージ「希望の声」(074・373・3740:ゼロナシ・ミナサン・ミナヨレ)牧師。

関連タグ:前田基子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース