女性と信仰(2)男はロマン、女は甲斐性 前田基子

2014年9月25日20時14分 コラムニスト : 前田基子 印刷
関連タグ:前田基子
+前田基子

“男子、厨房に入らず” 父は明治、母は大正、子どもは昭和の生まれ、三世代同居のわが家では普通のことでした。けれども世間は、夫の約半数が料理をし、その10%は毎日だとか。何も申すまい。ただ、へそくり平均額は、妻は夫の2倍近くを所持しているのだそうです。夫の皆様、将来を考えてこの程度のサービスはしておく方がいいかもしれません。

さて、ヨセフとマリヤの夫婦に注目しましょう。夫ヨセフは大工を生業とし、イエス様を頭とする5人の息子と数人の娘を持つ、その生活は楽ではなかった(ルカ2:22〜24)ようです。それは、ヨセフが怠惰であったからではありません。ヨセフはむしろ「正しい人」で、神を敬う善良な村人でした。ヨセフが世長けた大工であったならば、ナザレの人々のイエス様に対する評価は違っていたことでしょう。そんなヨセフを、神様はとんでもない時の人、永遠の祝福を備える陰の立役者となさいました。どういう方法をもって?そう「夢・ロマン」を通してです。

神様は旧約のヨセフにまたソロモンに夢を通して語られ、余りある祝福と栄誉へ導かれました。神様からの夢・ロマンは、試練、自己訓練を伴うものですが、信じて従うならば、計り知れない祝福をもたらします。

マリヤの夫ヨセフは夢の中で告げられた神様のことばに従い、マリヤを迎え、マリヤと幼子のイエス様を連れてエジプトへ逃避行をし、さらにガリラヤに立ち退き、イエス様はそこで成長し公生涯に入られました。

「すべての良い贈り物、また、すべての完全な賜物は上から来るのであって、光を造られた父から下るのです」(ヤコブ1:17a)

完全な賜物は、常に上から下るのです。神様は男を女の頭とされました。男の夢が理性を超えた大風呂敷のように思うこともあるでしょう。しかし「神の法則と神の摂理」の確かさを知る女は、男の夢・ロマンに耳を傾けます。女は生来現実的で計算高い者です。ならばなおさらのこと、本気で同じ夢に懸け、ロマンに生き、持てる才覚をフルに活用するなら、身の安全は保証され、願った以上の祝福にあずかれるでしょう。

“男はロマン、女は甲斐性” 両者共に責任重大です。

「ですから、私は願うのです。男は、怒ったり言い争ったりすることなく、どこででもきよい手を上げて祈るようにしなさい。同じように女も、良い行ないを自分の飾りとしなさい」(1テモテ2:8、10b)

前田基子(まえた・もとこ)

イエス・キリスト緑の牧場教会(東京)で救われ、玉野聖約基督教会(岡山)から献身。生駒聖書学院卒。生駒聖書学院副院長。エリムキリスト教会牧師。ABCラジオ放送「希望の声」・テレホンメッセージ「希望の声」(074・373・3740:ゼロナシ・ミナサン・ミナヨレ)牧師。

関連タグ:前田基子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース