女性と信仰(3)生きた信仰―「大らかさ」 前田基子

2014年10月3日11時33分 コラムニスト : 前田基子 印刷
関連タグ:前田基子
+前田基子

子どもの誕生については、概ね女性中心に事が進みます。マリヤの夫ヨセフも、その心痛と労苦を思うと、気の毒になります。羊飼いたちは「マリヤヨセフと・・・みどりごとを捜し当て」、3人の博士たちは、ヨセフもそばにいたでしょうに、 「母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝」みました。シメオンは「両親を」祝福しましたが、 父ヨセフにではなく、「母マリヤ」に幼子イエスについての預言を語りました。

ところで、マリヤに大きな励ましを与えたのは、エリサベツの信仰でした。夫のザカリヤは、御使いが語った神の約束をすぐに信じなかったので、口がきけなくなりました。信仰の父アブラハムは、神の約束を笑いさえしたのに、お咎めなかったのに!?

ザカリヤが口をきけなくなったのは、神の約束に対するしるしだったのです。ザカリヤが生まれた子の名前を「ヨハネ」だと主張したとき、彼の口は解かれました。ヨハネの名前の意味は「神、恵みたもう」ですから、「信仰とは、神の恵みに対する素直な応答である」と言うことができるでしょう。

「ありがとう」は「有り難う」と書きます。「有り難い事」それが「神の恵み」です。自分にとって好ましい好ましくないにかかわらず、「有り難い事」を「ありがとう」と素直に頂く、受け止める、それが信仰です。

さて、受胎告知がマリヤに先にあったように、もし、エリサベツに先に語られていたら、どうなっていたでしょうか。夫ザカリヤは、イエス様の復活を伝えた女たちを信用しなかった弟子たち同様に、“年寄り女のたわごと”と相手にしなかったのではないでしょうか。けれども、妻エリサベツはザカリヤが懸命に伝えるメッセージとしるしを、信仰をもって受け止め、夫ザカリヤを迎え入れました。そうして、エリサベツはみごもったのです。

「主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いなことでしょう」(ルカ1:45)

エリサベツの大らかな信仰を、発明王エジソンの言葉を借りて言うならば、こうです。

“実を結ぶ信仰とは、1%のひらめきを、99%の汗につなぐ大胆さ、大らかさである”

前田基子(まえた・もとこ)

イエス・キリスト緑の牧場教会(東京)で救われ、玉野聖約基督教会(岡山)から献身。生駒聖書学院卒。生駒聖書学院副院長。エリムキリスト教会牧師。ABCラジオ放送「希望の声」・テレホンメッセージ「希望の声」(074・373・3740:ゼロナシ・ミナサン・ミナヨレ)牧師。

関連タグ:前田基子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース