女性と信仰(11)父親の役目―センス・オブ・プロポーション 前田基子

2014年12月4日12時03分 コラムニスト : 前田基子 印刷
関連タグ:前田基子
+前田基子

2. センス・オブ・プロポーション

「兄たちは彼をねたんだが、父はこのことを心に留めていた」(創37:11)

父ヤコブが、息子たちの誰よりもヨセフを愛したのは、ヨセフが年寄り子であったばかりでなく、7年に7年を加え、忍耐の限りを尽くして得たラケルの子でもあったからでしょう。

ヨセフが兄たちの「ねたみ」を買う直接の引き金となったのは、ヨセフが兄たちの悪いうわさを父ヤコブに告げ口したからでした。兄たちの「ねたみ」は「憎しみ」となり、言葉に現れました。兄たちは「彼と穏やかに話すことができなかった」(創37:4)

さらに、ヨセフが見た夢――太陽、月、11の星が麦束を拝んだ、つまり親と11人の兄弟がヨセフを拝むようになる――を得意げに語ったので、憎しみを増幅させてしまいました。さすがに、父ヤコブはヨセフを叱りしました。しかし、感情任せにしないで、「このことを心に留め」(創37:11)置きました。

時を経て、父ヤコブは兄たちの言葉が信じられなくなります。ヨセフがエジプトからよこした迎えの車を見たとき、父ヤコブは「心に留め」置いていたことは主のみこころなのだと確信し、エジプトへ出発します。ベエルシェバに来たとき、幻の中で「ヤコブよ、ヤコブよ」と神は呼ばれました。「はい、ここにいます」と答えるヤコブに、主はまさに今こそみこころ実現の時と告げられたのでした(創46:3、4)。

現在、センス・オブ・プロポーション(sense of proportion)――大局に立って、物事を捉え、解決する――の必要性が叫ばれています。父ヤコブは、私情に振り回されることなく、大局、主のみこころに立って問題を解決し、家族を治め、民族の将来を導きました。

父親の権限は大いなるものです。以下の点を踏まえて、父親の責務を果たしてまいりましょう。

  1. 様々な感情が起きるのは仕方がない。しかし、感情に任せるな。
  2. 主のみこころを求めよう。
  3. 問題点をはっきりさせよう。
  4. 早期に解決できることと、時間をかけて解決すべきことを分別しよう。
  5. 枝葉にこだわらず、大目に見る訓練を自らに課そう。
  6. 「はい、ここにいます」と言える主にある自分を絶えず確認しよう。

■ 父親の役目:(1)(2)(3)(4)

前田基子(まえた・もとこ)

イエス・キリスト緑の牧場教会(東京)で救われ、玉野聖約基督教会(岡山)から献身。生駒聖書学院卒。生駒聖書学院副院長。エリムキリスト教会牧師。ABCラジオ放送「希望の声」・テレホンメッセージ「希望の声」(074・373・3740:ゼロナシ・ミナサン・ミナヨレ)牧師。

関連タグ:前田基子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース