女性と信仰(12)父親の役目―裁く・・・判断、決断を下す 前田基子

2014年12月11日23時49分 コラムニスト : 前田基子 印刷
関連タグ:前田基子
+前田基子

3. 裁く・・・判断、決断を下す

最近、毎日のように親の子に対する虐待について報道があり、これが人の親かと思います。「裁く」ことは、一歩間違えると、殺伐たる「砂漠」と化します。父親の家庭における「裁く」権限は、子々孫々の繁栄に関わる重要なことです。父親は、先ず「裁く」ことに恐れを持たなければなりません。

父イサクは、食べ物の好みでヤコブよりもエサウを愛し、ヤコブは年寄り子のヨセフを極端に愛しました。父親の子に対する愛は実に身勝手、自分本位になる危険性があります。だから、父親はエルカナのように主のみこころに立ってはじめて、自分の弱さを越えて正しく「裁くー判断し決断を下す」ことができるのです。

アブラハムは、主のみこころが分かったので、翌朝、断腸の思いでハガルとイシュマエルを荒野へ送り出しました。主のみこころに立って「裁く」ということは、主の「裁き」の絶対的正しさと、主の「裁き」は必ず最善に至るということを堅く信じ、そして委ねて断行することです。苦痛と苦悩は伴いますが、父親の「裁き」を通して、主はその後に必ず最善を現わされます。

読売新聞に「育つ、育てる」という育児に関する記事がありました。日本文化の特徴は、母子一体感の強さだと言われてきました。ところが、調査によると「子どもは自分の分身」という感情は、母親よりも父親の方が強いと出たそうです。面白いことに、家事、育児への参加度が高い父親ほど分身感が薄い。なぜなら、子育ては予定が立たず、努力通りにはいかず、子どもが他者としての存在をぐいぐいと押してくるので、分身と思っておれなくなるのだそうです。

父親は育児を通して、以下6つの点で自らが変わったと自覚しています。

  1. 柔軟性:角がとれ、考え方が柔軟になり、他人に対して寛大になった。
  2. 自己抑制:他人の立場や気持ちをくみ取れるようになり、人との和を大切にし、自分本位な考えや行動をしなくなった。
  3. 視野の広がり:一人ひとりをかけがえのない存在と思うようになり、日本や世界の将来に関心が増した。
  4. 運命、信仰、伝統の受容:物事を受け入れることができるようになった。
  5. 生きがい、存在感:生きる張り合いが増し、自分をなくてならない存在だと思うようになった。
  6. 自己の強さ:健康に気をつけるようになり、他人と多少の摩擦があっても、自分の主義を通すようになった。

この中で、父親が最も強く意識しているのは、④に該当する「人間を越えた力や知恵があることに気づいた」ことだそうです。

お父様方、「育児は育自」。素晴らしいこのわざを奥様に独り占めさせないでください。

計り知れない主の御力と、主にある者の無限の可能性と希望を、ぜひ、お子さんに伝授なさってください。

■ 父親の役目:(1)(2)(3)(4)

前田基子(まえた・もとこ)

イエス・キリスト緑の牧場教会(東京)で救われ、玉野聖約基督教会(岡山)から献身。生駒聖書学院卒。生駒聖書学院副院長。エリムキリスト教会牧師。ABCラジオ放送「希望の声」・テレホンメッセージ「希望の声」(074・373・3740:ゼロナシ・ミナサン・ミナヨレ)牧師。

関連タグ:前田基子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース