女性と信仰(18)賢い女、賢い妻⑤―愛と憎しみ・妬み(2) 前田基子

2015年2月5日23時21分 印刷
関連タグ:前田基子
+前田基子

憎む側、妬(ねた)まれる側、どちらが悪い?

「これがねたみの場合のおしえである。女が夫のもとにありながら道ならぬことをして身を汚したり、または人にねたみの心が起こって、自分の妻をねたむ場合には、その妻を主の前に立たせる。そして祭司は女にこのおしえをすべて適用する。夫には咎がなく、その妻がその咎を負うのである」(民数記5:29~31)

不公平、不合理だと思いませんか。けれども、姦淫の女(ヨハネ8章)に対するイエス様の対応に至極納得がいきます。主が事を明らかにし、主は完全な解決をお与えくださるのです。私たちの主への信頼度が問われます。レアとラケルに学びましょう。

ヤコブのラケルに対する愛は、7を倍するほどでした。ラケルは美しく、才気に富んでいましたが、主はその胎を閉じておられました。目の弱かった姉のレアは、ヤコブに3人の子どもをもうけました。その名「ルベン:子を見よ、シメオン:聞く、レビ:結ぶ」から、ヤコブの愛を何としても得たいというレアの悲痛な叫びが聞こえてきます。素晴らしいですね。主は私たちの叫びを賛美に変えてくださいます。4番目の子の名は、「ユダ:ほめたたえる」と付けられました。主はここでレアの胎を閉じられました。

一方、ラケルは姉を嫉妬し、女奴隷ビルハによって2人の子を得ました。「ダン:正しい裁き、ナフタリ:争う」。「愛」に比較を持ち込むそのとき、「愛」はいのちを失います。

レアも、女奴隷ジルパによって2人の子を得ました。「ガド:幸運がやって来た、アシェル:なんと幸せなこと」。主はレアの胎を再び開かれ、「イッサカル:報酬をくださった、ゼブルン:共に住む」をお与えになりました。そして、レアに最後に生まれた子は、「デイナ:審(つまびら)かれる」と名付けられました。

レアにも嫉妬に狂う女のさががありました。しかし、「子は神の賜物」だと賛美と感謝をささげたレアを、主はアブラハム、イサク、夫ヤコブも入るマクペラのほら穴に葬らせました(ラケルは違います)。また、主はラケルに実の子「ヨセフ:加える、ベニヤミン:右手の子」をお与えになり、ヨセフを族長として立たせ、ラケルの生涯も輝かせなさったのです。

憎しみ、妬みの感情は、肉を持っている限り致し方ないことでしょう。けれども、私たちは主のご支配とお取り扱いが完全であることを覚えましょう。そして、主に信頼し、「愛する愛」を育み続ける者でありたいと思います。(続く

■ 賢い女、賢い妻:(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)

前田基子(まえた・もとこ)

イエス・キリスト緑の牧場教会(東京)で救われ、玉野聖約基督教会(岡山)から献身。生駒聖書学院卒。生駒聖書学院副院長。エリムキリスト教会牧師。ABCラジオ放送「希望の声」・テレホンメッセージ「希望の声」(074・373・3740:ゼロナシ・ミナサン・ミナヨレ)牧師。

関連タグ:前田基子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース