女性と信仰(14)賢い女・賢い妻① 前田基子

2014年12月28日15時52分 コラムニスト : 前田基子 印刷
関連タグ:前田基子
+前田基子

英国の有名な推理作家に、アガサ・クリスティという女性がいます。彼女が再婚した相手は、考古学者でした。「女性にとって最良の夫は考古学者だ」と彼女は言いました。なぜならば、妻が年をとればとるほど、夫が興味を持ってくれるから!

結婚当初は“あばたもえくぼ”、妻の短所もかわいらしさ、真綿で包んだ夫だったのに、「私が助けてあげなくちゃ」と母性本能を開花させた妻だったのに、これが恋の果てか!? “丁寧さ”が“のろいやつ!”に、“積極的”が“でしゃばりめ!”に、“頼もしい”が“頑固者!”に、“気さく”が“礼儀知らず!”に、“協力的”が“ごますり、かっこつけて!“としか思えなくなってしまった。

男と女、夫と妻の関係ばかりではなく、全て互いが持っている「罪」の結果です。こうなってしまう究極の原因は、「罪」なのです。「罪」は、英語で「SIN」と書きます。「I」=「私」が真ん中にあります。つまり、「自己中心」が相手を受容することを困難にし、言葉と態度と行動をもって互いを傷つけ、愛の交わりを破壊していくのです。

男女どちらが罪深いかという話題になると、決まって女性の方が悪いとなります。確かに、エバが先に罪を犯し、夫アダムを誘惑したのですからごもっともです。考えてみれば、アダムはいのちをかけてエバに同調し、エバと行動を共にしたのですから、麗しい愛の関係とも見えます。アダムとエバに限らず、私たちの日々の暮らしの中にも、夫婦間、親子間、隣人間に、この関係は結構あり、しばしば美談にもなります。

けれども、一旦事が困難を呈してくると、たちまち責任転嫁の抗争が始まるのです。

50歳以上のエルダー(年配者)世代に、“つながる関係”というテーマで意識調査をした結果が出ています。エルダーが、いえ、どの世代もかもしれませんが、楽しみにしている付き合い方で、コミュニケーションの相手は、1位「子ども」、2位「配偶者」、3位「兄弟、孫」となっています。この中で、男女のギャップが大きいのは、「配偶者」とのコミュニケーションです。男性の67.3%が楽しみにしていると答えているのに対し、女性は46.8%と低く、「夫の片思い」といわざるを得ません。

“事件の陰に女あり”。女性の在り方は、家庭、社会の幸不幸を大きく左右するものです。女性は天使にもなりますし、悪魔にもなり得るのです。これから、聖書の中の幾人かの女性を取り上げて、本当に「賢い女、賢い妻」を生きることに、精を出してまいりましょう。

「しっかりしたことをする女は多いけれど、あなたはそのすべてにまさっている」(箴言31:29)(続く

■ 賢い女、賢い妻:(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)

前田基子(まえた・もとこ)

イエス・キリスト緑の牧場教会(東京)で救われ、玉野聖約基督教会(岡山)から献身。生駒聖書学院卒。生駒聖書学院副院長。エリムキリスト教会牧師。ABCラジオ放送「希望の声」・テレホンメッセージ「希望の声」(074・373・3740:ゼロナシ・ミナサン・ミナヨレ)牧師。

関連タグ:前田基子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース