経営者のための聖書経営学セミナー「キリストの人材教育」(10)グローバル・スタンダード 黒田禎一郎

2015年1月7日07時19分 コラムニスト : 黒田禎一郎 印刷
関連タグ:黒田禎一郎
+黒田禎一郎氏
黒田禎一郎氏

グローバル・スタンダードとは、一言で言うならば、アメリカのスタンダードになっています。それは欧州から渡った文化であり基準でもあります。かつてピューリタン(清教徒)は、欧州大陸から自由を求めてアメリカ大陸に渡り、アメリカという国を建国しました。信仰の自由を求めた彼らが、バイブルに立ち理想的な自由の国を築こうとスタートしました。そしてアメリカ大陸という新天新地で、キリスト教のバプテスト派が主流を占めるようになりました。そもそも「バプテスト」という言葉は「バプテゾー」というギリシャ語から出ています。それは「水に浸す」という意味です。彼らは新天新地で水に浸り(水洗礼)、新しくスタートしようと願うバプテスト派が主流を占めるようになりました。その流れは今日も続いています。これまで世界の流れはアメリカ主導型で来ていますが、今また欧州が台頭しつつあります。特にベルリンの壁の崩壊(1989年11月)後、EU(欧州連合)は急進的に拡大し伸びています。現在、EU加盟国は25カ国を数え人口は4億6千万人、アメリカ人口の1・6倍にもなります。これからEU憲法の問題もありますが、時間の経過とともに、EUは必然的にパワーを増していくことと思われます。

するとアメリカとEUという巨大な国々、いわゆる欧米が先導する世界になると思います。グローバル化された世界では、一国が孤立して存在することはできません。経済の結びつきを強めることで、互いの経済的利益を追求しようとします。実はグローバル化は聖書が語る世界でもあります。グローバル社会で通用する言語は英語です。これまではドイツ語やフランス語やスペイン語、特にビジネスの分野で南米あたりではスペイン語でした。ビジネス言語は、今やどこに行ってもほとんどが英語となりました。エストニアに行っても、フィンランドに行っても、ドイツでもビジネス言語はすべて英語です。すなわち、世界を包む言語はインターネットを通して短い時間に単一化されてきたことです。それがグローバル・スタンダードで、英語という言語が世界を支配する時代です。これからの日本人は、国際化社会で英語は必然的要素となり、英語をしっかりマスターすることは必要となります。ビジネスは言語を介して初めて、世界を股に掛けて可能となります。

そう考えてくると、この「個」、「ペルソナ」がますます問われてきます。英語を学ぶにしても、ビジネスをするにしても、オリジナル性を打ち出すにしても、何をするにしても結局「個」が問われます。三角形のピラミッド型の図を想像してください。右方に行くほど重要性の程度、上方に行けば行くほど表面に出てくる分野です。すなわち、最下段に個人生活があります。誰も他人様が分からない、自分しか分からないプライベートな生活があります。このプライベートの生活の上に自分をしっかりと支える、いわゆる精神生活があります。これが第二段目です。精神生活に重点がおかれた昔の日本、例えば仏教が熱心であった時代、あるいは儒教が非常に熱心であった時代、アメリカで言えばキリスト教がしっかりと根付いた時代、社会は安定し個人を支えました。そして、その上の最上段に社会生活の自分があります。すなわち、社会で表に出る自分は、じつは個人生活、精神生活の上に立つ自分です。

逆を言うと、個人生活が、いわゆる「個」がしっかり作られなければ、あるいは精神面で精神生活がしっかりと形成されなければ、表に出ている自分は見せ掛けの自分であり、本物の自分ではありません。これはクライアントとの取引や付き合いで、すぐ判明し分かることです。「個」を作り上げることは、大変重要なことです。

■ キリストの人材教育: (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)
(12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)(20)(21)(22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)(29)(30)(31)

黒田禎一郎(くろだ・ていいちろう)

1946年、台湾・台北市生まれ。70年、ドイツ・デュッセルドルフ医科大学病院留学。トリア大学精神衛生学部、ヴィーダネスト聖書学校卒業。75年、旧ソ連・東欧宣教開始。76年、ドイツ・デュッセルドルフ日本語キリスト教会初代牧師就任。81年、帰国「ミッション・宣教の声」設立。84年、グレイス外語学院設立。87年、堺インターナショナル・バイブル・チャーチ設立、ミニスター。90年、JEEQ(株式会社日欧交流研究所)所長。聖書を基盤に、欧州情報・世界 情報、企業講演等。98年、インターナショナル・バイブル・チャーチ(大阪北浜)設立、活動開始。01年、韓日ワールドカップ宣教GOOL2002親善大使として活躍。著書に『世界の日時計』(Ⅰ~Ⅲ)、『無から有を生み出す神』『新しい人生』『愛される弟子』『神のマスタープランの行くへ』『ヒズブレッシング』、韓国語版『聖書と21世紀の秘密』、中国語版『神の聖書的ご計画』他訳書あり。

関連タグ:黒田禎一郎

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース