経営者のための聖書経営学セミナー「キリストの人材教育」(12)視点 黒田禎一郎

2015年2月5日07時12分 コラムニスト : 黒田禎一郎 印刷
関連タグ:黒田禎一郎
+黒田禎一郎氏
黒田禎一郎氏

視点

彼の視点は「何をしたら永遠のいのちを得られるか」でした。すなわち、「何をするか」という行動(行い)に視点は向いていました。日本でも多くの人々は、心の平安や徳を得るためにお遍路さんとなり、四国の寺々を廻るという行動をする人がいます。イスラム教徒は生涯に一度はメッカに行き、アラーの神に向かって祈りをすることが義務であります。それは回教徒にとってあこがれ、願いでもあると聞きました。多くの人々は「行い」に目を留めます。しかし、もし人が行いによって本当の祝福を得ることができるならば、それほど難しいことではないかもしれません。しかし、行いではないのです。

行いに目を向けた彼に対し、イエスはユダヤ教の戒めを出し「この戒めを守りなさい。あの戒めを守りなさい」と言いました。財産を全部売り貧しい人に施しなさいという教えは、ユダヤ文化を知らなければ分かりません。施しをすることは、信仰深いユダヤ教信者が行う基本的な行為です。すなわち、神を恐れ敬虔に歩む人は、いろいろな戒めを守っていることを「行い」で表すのです。貧しい人や病人を助けてあげることや、施しをすることは、文字通り神への敬虔を表す具体的な生活でした。

ですから、「律法、戒めを守っている」と言う彼に対し、イエスが「財産を貧しい人に施しなさい」と言われたのは的を得た言葉でした。しかし、彼はその具体的行動をすることができませんでした。なぜでしょうか。それは彼が持ち物、財産に心が縛られていたからです。ですから、彼の視点はずれていたのです。

不足していたもの

さらに、彼に不足していたものは何でしょうか。結局のところ、もう一つの生き方です。「物質依存の生活からの解放」です。彼が物質依存の生活から解放され、もうひとつの生き方“Quality Life”を実践することです。生きがいのある生き方、喜びある生き方、社会に役立つ生き方が求められているということです。イエスはこれをこの青年に提示されましたが、彼は受け入れることはできず悲しみながら去りました。

私たちはいかがでしょうか。私たちは、厳しいビジネス戦線の渦中に置かれています。しかしながら、さらに大きな視点で人生を考える時、その戦いは永遠に続くわけではありません。戦いは時間の経過とともに過ぎ去っていきます。そうであるならば、もう少し長期的に物事を見る必要があるのではないでしょうか。そこにもう一つの生き方があります。NPOという働きは、アメリカ社会やヨーロッパ社会でかなり浸透しています。この働きはキリスト教会から始まり、ボランティアの働きが社会の中に自然に入っています。私たちは人生を見つめ直し、正しくとらえる必要があります。

■ キリストの人材教育: (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)
(12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)(20)(21)(22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)(29)(30)(31)

黒田禎一郎(くろだ・ていいちろう)

1946年、台湾・台北市生まれ。70年、ドイツ・デュッセルドルフ医科大学病院留学。トリア大学精神衛生学部、ヴィーダネスト聖書学校卒業。75年、旧ソ連・東欧宣教開始。76年、ドイツ・デュッセルドルフ日本語キリスト教会初代牧師就任。81年、帰国「ミッション・宣教の声」設立。84年、グレイス外語学院設立。87年、堺インターナショナル・バイブル・チャーチ設立、ミニスター。90年、JEEQ(株式会社日欧交流研究所)所長。聖書を基盤に、欧州情報・世界 情報、企業講演等。98年、インターナショナル・バイブル・チャーチ(大阪北浜)設立、活動開始。01年、韓日ワールドカップ宣教GOOL2002親善大使として活躍。著書に『世界の日時計』(Ⅰ~Ⅲ)、『無から有を生み出す神』『新しい人生』『愛される弟子』『神のマスタープランの行くへ』『ヒズブレッシング』、韓国語版『聖書と21世紀の秘密』、中国語版『神の聖書的ご計画』他訳書あり。

関連タグ:黒田禎一郎

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース