経営者のための聖書経営学セミナー「キリストの人材教育」(9)方向性 黒田禎一郎

2014年12月24日06時55分 コラムニスト : 黒田禎一郎 印刷
関連タグ:黒田禎一郎
+黒田禎一郎氏
黒田禎一郎氏

ところで、私はドイツ・デュッセルドルフで生活していたことがあります。この街は、日本人駐在員とその家族が一時は6千人から1万人ぐらい在住していました。街の中心部では、どこに行っても日本人ビジネスマンに会います。そこに、ある商社の社長さんがいました。彼は欧州と日本間で、主に貿易業務をしていました。しかし一方、彼は欧州にいながら日本との間で通信講座を受講し、会計士の資格を取られました。確か8年ぐらいかかったと聞いています。これは大変なことであったと思います。外地生活で、特に商社という大変忙しい職場で、重責を担いながら何年間も費やし、会計士の資格を取得されました。彼は現在、商社を辞め自分の会計事務所を持っておられます。

私は、かつて「日本人の約99%はエキサイトする人生を送っていない」という話を耳にしたことがあります。これは大変なことです。この商社の社長さんは、商品の売買を取り仕切ってはいましたが、「自分はやはり会計士の仕事に興味があるので、自分のオフィスを持ち社会にお仕えしたい」という願望を持っていました。その彼に資格取得へのモチベーションがかかり、彼は勉学に積極的に取りくみだしました。結果として、彼は自分のオフィスを開業しました。人は楽しいこと、生きがいを感じること、またやりがいがあることを問われるのです。人はそのような分野に入る時、驚くべき力を発揮しリズムに乗ります。私はそれを「倍々の法則」と呼んでいますが、自分の力以上のパワーを発揮する姿が現われます。ですから先ず基本的に大切なことは、好きなこと、関心のあること、興味のあること、楽しいことに目を向けることであると思います。

その次は「戦略論理の明確性」で、これは欧米文化と日本の違いであると思います。グローバル化は非常に速いスピードで進み世界を覆っていますが、これは私たちが見失ってはならない大切なポイントです。私は時として通訳を頼まれると、訳す際に困ることがあります。それは何かというと、日本語は論理性に乏しい言語であるからです。いったい何を言いたいのか不明なことがあります。そしてまた人によっては前置きが長過ぎ、本論になかなか入らず「あのー、そのー」で終始してしまうことがあります。結局何を言わんとしているのか分からず、時間切れになることもありました。社会がボーダレス化し進展していく中で、明確な論理性を持つ戦略が求められます。ビジネス交渉は、今やグローバルスタンダードの基準で進められる時代です。言い換えると、今の時代、「基本を押さえて、時代の流れを読み応答していくこと」が成功企業の方程式であります。

2. 人の道を分けるもの

では何が人の道を、あるいは会社の道を分けるのでしょうか。人は自分の好きなこと、自分の興味のあること、そして関心のあることに不思議なほどに疲れを覚えません。あれだけ体が疲労し大変でも、自分が好きで興味があること、関心があることに疲れないのです。そこに新しい道も開かれます。私はドイツで結婚し妻との間に3人の子どもが与えられました。ドイツ社会では、一般的な「カフエー・トリンケン」(Kaffee Trinken)というコーヒー(あるいはお茶)の時間があります。その時、自分の家に友人を個人的に招待する習慣があります。そこでコーヒーや紅茶が提供されますが、その家の夫人手作りのケーキが出されることが多いです。私の妻も育児と家事で多忙にかかわらず、同じように自分でケーキを焼いていました。ケーキの種類によっては時間がかかる仕事です。そこで、私が見かねてケーキを店で購入しては、と言ったことがありました。しかし、ケーキ作りが好きな人にとっては、それは無駄な提案でした。妻は家事・育児でどれだけ疲れても、自分が好きなことには力を注いでいました。

話は変わりますが、今や世界に名をとどろかせている「ヤマハ」という会社があります。ヤマハの創業者、川上源一氏の原体験の話をさせていただきます。戦後、川上源一氏は米国を視察し非常に驚いたそうです。それは余暇がビジネスになることを知り、大変ショックを受けたそうです。その後、彼はオートバイを誕生させました。静岡県掛川市に嬬恋という広大な地があり、東京ドームが36個分も入るという広さです。テニス、乗馬、ゴルフ、アミューズメント、音楽施設、そして温泉も引かれた大きな施設ができています。

これほど発展した企業ヤマハのアイディアは、創業者が米国で見た一つの視点、目の置き所により始まりました。特にオートバイの世界では、ヨーロッパの人たちにとってヤマハ製オートバイに乗ることはあこがれとなっています。私は、川上源一氏の着眼点について考えました。彼はどこに目を留めたのでしょうか。それはオリジナル性です。人がやっていることではありません。彼は個性、オリジナル性に着眼し、夢をスタートさせ成功しました。

結局のところ、私はどんなビジネスでも究極的には「個」、いわゆる人、「ペルソナ」だと思います。これが成否を分けるキーワードです。人は著名人の素晴らしい講演を聞き、ビジネス書を読み勉強しても、その人が自分なりに消化し、整理しなければ自分のものになりません。しかも、それを社会に還元することはできません。日本にある良いものを生かし、また海外にある良いものも生かし、さらに時代に合ったものをつくり出していくことが求められます。そのため、人は人生学校でさまざまな勉強をします。ある時は、情報入手をする勉強会やセミナーが活用されましょう。ある時は、さまざまな書物に目を通されるでしょう。またある時は、講演をはしごされる方もいるでしょう。しかし、ここに並行してもう一つの学び方があります。それは聖書から学ぶグローバルスタンダードです。

■ キリストの人材教育: (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)
(12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)(20)(21)(22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)(29)(30)(31)

黒田禎一郎(くろだ・ていいちろう)

1946年、台湾・台北市生まれ。70年、ドイツ・デュッセルドルフ医科大学病院留学。トリア大学精神衛生学部、ヴィーダネスト聖書学校卒業。75年、旧ソ連・東欧宣教開始。76年、ドイツ・デュッセルドルフ日本語キリスト教会初代牧師就任。81年、帰国「ミッション・宣教の声」設立。84年、グレイス外語学院設立。87年、堺インターナショナル・バイブル・チャーチ設立、ミニスター。90年、JEEQ(株式会社日欧交流研究所)所長。聖書を基盤に、欧州情報・世界 情報、企業講演等。98年、インターナショナル・バイブル・チャーチ(大阪北浜)設立、活動開始。01年、韓日ワールドカップ宣教GOOL2002親善大使として活躍。著書に『世界の日時計』(Ⅰ~Ⅲ)、『無から有を生み出す神』『新しい人生』『愛される弟子』『神のマスタープランの行くへ』『ヒズブレッシング』、韓国語版『聖書と21世紀の秘密』、中国語版『神の聖書的ご計画』他訳書あり。

関連タグ:黒田禎一郎

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース