イエス・キリストに魅了された人(6)会堂・祈祷院完成――第一のビジョン完成 井原博子

2014年12月22日10時57分 コラムニスト : 井原博子 印刷
関連タグ:井原博子
+井原博子氏

しかしその2年後、由子さんがTCCを卒業、岩松キリスト教会に赴任する形で帰ってから、にわかに会堂・祈祷院建設が具体的になっていく。

中川さんは考えた。「教会堂だけでなく、大きな修養会などにも利用してもらえるものを建てたい。リバイバルの受け皿としての祈祷院も」。そして、設計図が引かれた後も、何度も計画を変更し、納得いくものを求めた。

旧約聖書のモーセは、神様から幕屋の型を示され、その通りに作った。おそらく中川さんも「神様が示された」と確信できるまで設計を変更していったのではないだろうか。中川さんは、自分と家族は古い店の2階で、商品のストックに囲まれて生活する中、神様のためには最良のものを建てるつもりだったのだ。

設計の図面を引いたのは、日本基督教団松山山越(やまごえ)教会教会員の森一清(かずきよ)氏。氏は、中川さんが数えきれないほど変更を求めても、気持ちよく図面を作り直した。設計も、その規模だと一度引き直すのに約100万はかかる。が、森氏は一度も文句を言わず請求せず、最後に正当な報酬として渡された100万円も「会堂建設のために」と、全部献金された。

建設費用は分割して支払われた。その時々に思いがけない献金があり、滞ることはなかった。一度、期日になってもお金が不足し、祈ってもどこからも送られてこないことがあった。ふと思いついて、礼拝堂の入り口に置かれてある献金箱をひっくり返してみると、ちょうど不足分が補えたこともあったという。

こうして、田んぼの真ん中、山のふもとに、大祈祷院は建った。

1階には礼拝堂、母子室、40畳の大広間、大小のキッチン、広い浴室2つとトイレ、管理人室がある。2階はベッド・トイレ・洗面所付の講師のための個室と、8人から10人は泊まれる畳の部屋9部屋が、廊下を挟んで並ぶ。突き当たりに男女別の水洗トイレと洗面所がある。祈祷院というと、何か特別な場所を連想するが、1人から100人まで受け入れ可能な宿泊設備と駐車場を備えた、大きな教会なのである。

完成してから25年間、そこは、高齢の方の静かな集会からCSキャンプ、断食聖会から日基教団の集会まで、幅広く利用されてきた。ひとり静まり祈りに専念したい人が訪れてくることもある。旅行中のクリスチャンホームも受け入れてくれる。広い建物、長い廊下、子どもたちはのびのびできる。

1人一泊1000円、プラス、シーツのクリーニング代300円だけで、ふとんからキッチン、風呂まで自由に使える。建物を汚したり破損したりさえしなければ、お散歩しようが、昼寝しようが、逆立ちしようが、そこが礼拝堂でなければ、牧師夫妻は干渉しない。必要とされるときだけ手を貸してくれる。

神様との交わりを深めるのに、これ以上の場はないかもしれない。

■ イエス・キリストに魅了された人:(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)

井原博子(いはら・ひろこ)

1955年、愛媛県伊予三島(現四国中央市)生まれ。大学入試に大失敗し、これだけは嫌だと思っていた「地元で就職」の道をたどる羽目に。泣く泣く入社した会社の本棚にあった三浦綾子の『道ありき』を読み、強い力に引き寄せられるようにして近くのキリスト教会に導かれ、間もなく洗礼を受けた。「イエス様のために働きたい」という思いが4年がかりで育ち、東京基督教短期大学に入学。卒業後は信徒伝道者として働き、当時京都にあった宣教師訓練センターでの訓練と学びを経て、88年に結婚。二人の息子を授かる。現在は、四国中央市にある土居キリスト教会で協力牧師として働き、牧師、主婦、母親として奔走する日々を送る。趣味は書くこと。

関連タグ:井原博子

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース