経営者のための聖書経営学セミナー「キリストの人材教育」(21) 黒田禎一郎

2015年6月10日11時29分 コラムニスト : 黒田禎一郎 印刷
関連タグ:黒田禎一郎

第2番目に「成功へ導く『社訓』はどこにあるか」です。私は思考が行動を生み出すと考えています。人は、考えること(思考)によって、足をどの方向に向けるかを決めます。どんな思いを持ち、どんな考えを頭の中に持つかによって、どの方向に進むかを決めるのです。したがって、頭に何を入れるかは重要なことです。さらに重要なことは、積極的・肯定的な思考を持つことです。

「求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。だれであれ、求める者は受け、捜す者は見つけ出し、たたく者には開かれます」(マタイ7:7、8)

ここに3つの動詞が出てきます。「求めなさい」「捜しなさい」「たたきなさい」です。私はこの3つの動詞が大好きです。なぜかといえば、積極的な動詞だからです。「求めなさい、捜しなさい、たたきなさい」とあるように行動するなら、何が起こるのでしょうか。与えられるのです。捜すならば、発見できるのです。たたくならば、開かれるのです。この3つが対比的表現で書かれているところに、私は興味を覚えます。聖書は私たちに積極的・肯定的思考を持つことを教えています。

ビジネス界の現実は厳しく、多くの戦いがあります。しかしながらこの黄金律は「求めなさい、探しなさい、たたきなさい」と教えている事実を、しっかり覚えておきたいものです。このような思いが私たちの思考を支配していく時、その思考回路は次第に肯定的な回路で占められるようになります。そして、それが自然に行動を生み出すことにつながります。私たちの口から不平や不満ばかり出ている時は、それが顔の表情にも表れ、行動にも表れます。当然のことながら、人間関係も難しくなっていきます。しかしながら、聖書の教えは異なります。現実の状態は決してよい状況でなくても、先にある祝福という結果を先取りしなさいと教えています。肯定的な言葉を発し、そして積極的に求め、捜し、たたくこと、聖書が教える姿勢はここにあります。これを「社訓」の中で明示し、従業員、スタッフに徹底していくならば、その会社(企業体)は前向きに進んでいきます。

ここで大切なことがあります。それは労働、働くということに関してです。聖書は、「勤勉なしもべの評価」についてはっきりと述べ、人が勤勉に汗を流して働くことを勧めています。一方、主人(神)は怠け者を評価しないこともはっきり書いています。勤勉なしもべに対して主人は、「よくやった。忠実なしもべだ!」と評価します。評価は、自分ではなく他の人がするものです。この点は、押さえておくべき大切なポイントです。

■ キリストの人材教育: (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)
(12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)(20)(21)(22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)(29)(30)(31)

黒田禎一郎

黒田禎一郎(くろだ・ていいちろう)

1946年、台湾・台北市生まれ。70年、ドイツ・デュッセルドルフ医科大学病院留学。トリア大学精神衛生学部、ヴィーダネスト聖書学校卒業。75年、旧ソ連・東欧宣教開始。76年、ドイツ・デュッセルドルフ日本語キリスト教会初代牧師就任。81年、帰国「ミッション・宣教の声」設立。84年、グレイス外語学院設立。87年、堺インターナショナル・バイブル・チャーチ設立、ミニスター。90年、JEEQ(株式会社日欧交流研究所)所長。聖書を基盤に、欧州情報・世界 情報、企業講演等。98年、インターナショナル・バイブル・チャーチ(大阪北浜)設立、活動開始。01年、韓日ワールドカップ宣教GOOL2002親善大使として活躍。著書に『世界の日時計』(Ⅰ~Ⅲ)、『無から有を生み出す神』『新しい人生』『愛される弟子』『神のマスタープランの行くへ』『ヒズブレッシング』、韓国語版『聖書と21世紀の秘密』、中国語版『神の聖書的ご計画』他訳書あり。

関連タグ:黒田禎一郎

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース