経営者のための聖書経営学セミナー「キリストの人材教育」(5)キリストのアプローチ法 黒田禎一郎

2014年10月29日17時26分 コラムニスト : 黒田禎一郎 印刷
関連タグ:黒田禎一郎
+黒田禎一郎氏
黒田禎一郎氏

第一に、キリストは彼らをしからず諭したことです。普通は、このような状況であれば感情が爆発しても不思議ではありません。しかしながら、キリストは感情をぶつけていません。なぜでしょうか。感情をぶつけて良い結果が出ることはまれだからです。感情は多くの場合、人に傷を与え、そして傷を残します。感情ではありません。まさしく一保堂さんが言っているように「論理性」です。きちんと本人が自覚すること、分かることです。

私はしばらくドイツに住み、子どもたちが3人生まれました。丁度、子どもたちが幼稚園と小学校に行くころでした。周りが全部ドイツの子どもたちばかりでしたから、自然とドイツ式教育をしました。ドイツ式の教育は、今でも、私は立派だと思っています。彼らの教育法は、幼稚園に入るぐらいまでは体で習得させる方法です。普通のドイツ人家庭には、約50センチから60センチぐらいの木の棒(日本で言うと竹の棒のようなもの)があり、それはカシの木のように硬いものです。親が忠告して子どもが聞かなかった時は、大体数字を3つ数える間に止めるよう促します。1の数が数えられる時は、まだ忠告です。2の数が数えられる時は、本人も自覚します。しかし、それでも子どもが止めず3の数を数えられた場合、愛のむちが飛びお尻を打つのです。お尻が真っ赤に腫れるぐらいにピシーッ、ピシーッと打ちます。本当に何回も打って、子どもが「ごめんなさい。悪かった。もうしないから」と自白して、本当に悪かったということが分かった時には、それ以上は刑罰を与えません。問題はそれからが大切です。その後、ドイツ人の親は子どもをしっかりハグしてあげるのです。「お父さん、お母さんはおまえが憎くて刑罰を与えたのではないよ。おまえを本当に愛しているんだ。おまえが良い子になってほしいのだ」

このようにドイツでは善悪の基準、何が正しいか、何が悪いかを小学校に入る前に親がむちで教えるのです。子どもは身体で痛い思いをしていますから、よく分かります。これは聖書の箴言にある教えでもあります。「むちを控える者はその子を憎む者である。子を愛する者はつとめてこれを懲らしめる」(箴言13:24)。確かにそうで、愛のむちは子どもを育てます。私は帰国時に、記念にそのむちを持って帰り、今でも置いてあります。一番下の息子は現在27歳、時々それを見て「これでよくお父さんにたたかれたなあ」なんて言っています。でも、神様の恵みですくすくと育ってくれました。

やはり善悪の基準を子どもに教えるのは幼い時5、6歳までです。この教えが入っていないと、中学生、高校生になった時に、親が拳を握り手を振り上げても、時すでに遅いのです。子どもの教育は感情ではなく、子どもに「なぜお父さんはたたいたと思う?」ときちんと分るように説明をするならば、子どもなりに分かるのです。ただ感情をぶつけて厳しい言葉でしかるのではなく、論理を踏まえて教えるならば子どもは育ちます。これは会社でも同じです。上司が感情だけで踊っていたら、その部下は可哀想ですし、そういう上司の部下は育ちません。それは上司が育っていないということで全体が育たないのです。キリストは感情をぶつけた対応をしていないことに注目ください。

第二番目にキリストは、彼らの願望に注目させました。彼らの最大の関心事は何かというと、「偉くなりたい」ということでした。「右大臣、左大臣にしてくれ」という願いが彼らの私欲であったとしても、心の内側にはみんなそのような願望があります。それを否定していません。願望は場合によってはモチベーションになりますから、とても良いのです。しかし、導き方が問われます。キリストは「あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は」(26節)、と言い解決策を出されました。すなわち「あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、あなたがたの「しもべになりなさい」。「しもべになりなさい」というのが解決策なのです。そう考えると、キリストの教えは決して難しいことを語ったのではなく、じつに論理的です。

では第三番目のポイントは、「人間関係成功の奥義」はどこにあるかです。「あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、あなたがたの『しもべ』になりなさい」。「しもべ」は働く者で、また仕える者です。「しもべ」には従順性が求められます。「しもべ」の特性は、一生懸命働き、仕え、従順に従うところにあります。すなわち、「しもべ」にはチャンスがあります。たとえ手の施しようがないというような場面でも、キリストは彼らにチャンスの機会を与えられました。すなわち「しもべになりなさい」ということです。

しもべは、置かれた場で決してナンバーワンではなく、ナンバーツーかスリーです。あるいはナンバーファイブか、ナンバーテンでしょう。つまりナンバーワンになろうとするから問題が起こるわけです。「おれが一番だ」という考え方が私欲の上に立つ時、問題が大きくなります。では、誰がナンバーワンでしょうか。聖書ははっきり言っています。天と地をつくられた神だけがナンバーワンで、その他は全部ナンバーツーです。ですから、クリスチャンは、神が社長であって一番のお方で、自分はナンバーツーという配置をしっかり置く必要があります。そうすれば、そこに問題は起きないはずです。しかし、クリスチャンで聖書を読んでいても、この置き換えを誤ってしまうと神を通り越し、「私の声は神の声だ」などと言い出し、ナンバーワンになってしまいます。当然のこと、問題になります。人はナンバーツーであるべきです。

■ キリストの人材教育: (1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)
(12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)(20)(21)(22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)(29)(30)(31)

黒田禎一郎(くろだ・ていいちろう)

1946年、台湾・台北市生まれ。70年、ドイツ・デュッセルドルフ医科大学病院留学。トリア大学精神衛生学部、ヴィーダネスト聖書学校卒業。75年、旧ソ連・東欧宣教開始。76年、ドイツ・デュッセルドルフ日本語キリスト教会初代牧師就任。81年、帰国「ミッション・宣教の声」設立。84年、グレイス外語学院設立。87年、堺インターナショナル・バイブル・チャーチ設立、ミニスター。90年、JEEQ(株式会社日欧交流研究所)所長。聖書を基盤に、欧州情報・世界 情報、企業講演等。98年、インターナショナル・バイブル・チャーチ(大阪北浜)設立、活動開始。01年、韓日ワールドカップ宣教GOOL2002親善大使として活躍。著書に『世界の日時計』(Ⅰ~Ⅲ)、『無から有を生み出す神』『新しい人生』『愛される弟子』『神のマスタープランの行くへ』『ヒズブレッシング』、韓国語版『聖書と21世紀の秘密』、中国語版『神の聖書的ご計画』他訳書あり。

関連タグ:黒田禎一郎

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース