がん哲学外来のチーム医療を支える偉人たち〜歯をくいしばって〜 樋野興夫

2014年10月28日06時57分 コラムニスト : 樋野興夫 印刷

先週、福井県済生会病院において「浅井三姉妹記念 がん哲学外来」が開催された。筆者はそれに先だって、講演「がん哲学外来〜謙遜と奥ゆかしさ〜」の機会も与えられた。入院患者を含め、多数の参加者があり、会場は一杯の盛況であった。病院総長をはじめ、スタッフの皆様の熱意と愛情を肌で感じた。早速、「レクチャー、がん哲学外来と、お忙しい中、昨日はありがとうございました。患者さん、スタッフも大喜びでした。さらなる目標もご提示していただき、やる気が倍増しました」との温かい励ましのメールを頂いた。まさに、「真の医療維新=患者の必要のすべてに答える」の歴史的スタートでもある。

日本テレビ「NNNドキュメント:がん哲学外来〜それは言葉の処方箋〜」(2014年10月5日)に続いて、先週はNHK「おはよう日本 関東甲信越」のレポート「患者が生きる意味考える“がん哲学”」で、埼玉のがん哲学外来・カフェの紹介が放映されたようである(2014年10月21日)。多数の反響を届いているとのこと。筆者にも、再放送と全国版の続編の要望が寄せられている。驚きである。週末の午後「がん哲学外来 大宮メディカルカフェ」で、「がん哲学外来の秘訣〜誠実本位〜」と題して講演の機会が与えられた。NHKの記者も参加されていた。

週末、早稲田大学オープンカレッジ(中野校)で、患者、一般市民の方を対象に、公開講座「がんと生きる哲学〜医師との対話を通して『がん』生きる方法を考える〜」の機会が与えられた。大阪からの聴講もあり、充実した時であった。

「自分の置かれた如何なる境遇」にかかわらず、「歯をくいしばって、人を褒める」ことの大切さと、「人生のversion upの邂逅」の深い学びの時でもある。

この度、新刊『いい覚悟で生きる: がん哲学外来から広がる言葉の処方箋』(小学館)が発売される。アマゾンでも購入可能とのことである。本の末尾には、がん哲学外来のチーム医療を支える偉人たちとして、新渡戸稲造、内村鑑三、南原繁、矢内原忠雄、吉田富三が紹介されている。若き日の筆者と先人との出会い、また、我が故郷「鵜鷺」(島根県出雲市大社町)、最後の章には、今は亡き父の思い出についても触れた。涙なくして語れない。

樋野興夫

樋野興夫(ひの・おきお)

1954年、島根県生まれ。順天堂大学名誉教授、順天堂大学医学部病理・腫瘍学客員教授、医学博士。新渡戸稲造記念センター長、一般社団法人がん哲学外来理事長。対話を通じて不安を抱えた患者を支援しようと、2008年に日本で初めて「がん哲学外来」を開設。講演活動は大きな反響を呼び、現在では「がん哲学外来&メディカルカフェ」を全国で展開している。著書に『がん哲学外来へようこそ』(新潮社)、『がん哲学』(EDITEX)、『われ21世紀の新渡戸とならん』(イーグレープ)ほか多数。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
4月10日午後6時更新、( )内は前日の増減数
日本世界
感染者数 5,708
(+511)
1,605,548
(+82,837)
死者数 110
(+4)
95,808
(+6,287)
回復者数 685
(+53)
356,161
(+19,087)
<出典> 日本:JX通信社, 厚労省 世界:JH CSSE, WHO
※日本の数はクルーズ船乗員・乗客を除く

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース