がん哲学

樋野興夫

聖書とがん(1)『聖書とがん』出版は「大きな夢」 樋野興夫

『聖書とがん』の出版は、筆者の大きな夢である。島根県大社町の鵜鷺(うさぎ)小学校卒業式での来賓あいさつ、「少年よ、大志を抱け」(1887年札幌農学校のクラーク博士の言葉)を強烈に覚えている。私の人生の起点であるといっても過言でなかろう。

2020年03月17日7時04分

「がん哲学外来」が10周年、提唱者の樋野興夫氏が原点語る

「がん哲学外来」が10周年、提唱者の樋野興夫氏が原点語る

「がん哲学外来」が今年10周年を迎えた。5月31日にはお茶の水クリスチャン・センター(東京都千代田区)で、提唱者・樋野興夫氏(順天堂大学医学部教授)の最新刊を祝う出版記念会が開かれ、樋野氏がその原点を語った。

2018年06月02日10時05分

東京都:東中野キングス・ガーデンがん哲学外来開設記念講演

東京都:東中野キングス・ガーデンがん哲学外来開設記念講演

東中野キングス・ガーデンがん哲学外来開設記念講演「がん哲学外来―夕暮れ時に、光がある―」が4月18日(土)、東京都練馬区の東中野キングス・ガーデンで行われる。

2015年04月03日17時07分

樋野興夫氏

がん哲学外来のチーム医療を支える偉人たち〜歯をくいしばって〜 樋野興夫

先週、福井県済生会病院において「浅井三姉妹記念 がん哲学外来」が開催された。筆者はそれに先だって、講演「がん哲学外来〜謙遜と奥ゆかしさ〜」の機会も与えられた。

2014年10月28日6時57分

樋野興夫氏

武士道とキリスト教 「正論」より「配慮」—がん哲学に学ぶ— 樋野興夫

医療・福祉を専攻する学生の選択授業「死生学概論」で「新渡戸稲造の武士道を読む」という講義を行った。私は新渡戸稲造の武士道に「勇敢なる独創力、急速な決心と決死的なる着手の習慣、実行と忍苦との偉大な能力」の実践を見る。

2014年08月23日22時05分

新宿・百人町に「がん哲学外来 メディカル・カフェ」がオープン 樋野興夫氏が開所セミナー

新宿・百人町に「がん哲学外来 メディカル・カフェ」がオープン 樋野興夫氏が開所セミナー

がん患者やその家族らが対話できる場として、全国約40カ所に広がる「がん哲学外来 メディカル・カフェ」。6日には新しいカフェが東京の新宿・百人町にもオープンした。同日午後には開所セミナーが行なわれ、順天堂大学医学部の樋野興夫教授が講演した。

2014年07月09日10時07分

「がん哲学」—人は最後に「死ぬ」という大切な仕事が残っている

「がん哲学」—人は最後に「死ぬ」という大切な仕事が残っている

国内で初めて「がん哲学外来」を開設した順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授の樋野興夫氏が19日、東大YMCAにて「がん哲学」セミナーを行った。

2011年05月22日14時44分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース