がん「人の体は侵しても、心まで侵せない」 「がん哲学外来」の樋野興夫氏が新刊『聖書とがん』

2020年10月8日10時04分 印刷
+樋野興夫氏の新刊『聖書とがん―「内なる敵」と「内なる人」』
20日に発売される樋野興夫氏の新刊『聖書とがん―「内なる敵」と「内なる人」』(イーグレープ)

日本で初めて「がん哲学外来」を開設し、現在では「がん哲学外来&メディカルカフェ」を全国で展開している順天堂大学名誉教授の樋野興夫氏が、新刊『聖書とがん―「内なる敵」と「内なる人」』を出版する。樋野氏は、「がんは人の体は侵しても、心まで侵せない」と語る。

「がんと戦う」とはどういうことなのか。旧約聖書の創世記、エステル記、ヨブ記、新約聖書の福音書などから、聖書とがんの関係性、また患者本人と家族が、がんとどう向き合うべきかを探る。これまで病理学者としてがんを研究してきた経験から現在の医療体制の問題点を指摘。また、がんを「内なる敵」と定めることで、がん患者の「内なる人」との関わり方を説いている。

聖書とがんとの関係を扱う本書の出版は、樋野氏にとって長年の「大きな夢」だった。奇しくも、樋野氏の敬愛する3人のキリスト者、新島襄の没後130周年、内村鑑三の没後90周年、新渡戸稲造の『武士道』発行120周年が重なる今年に、念願の出版が実現することとなった。

発売日は20日。一般書店やアマゾンのほか、全国のキリスト教書店でも購入できる。四六判、216ページ。イーグレープ刊。1600円(税別)。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


書籍の最新記事 書籍の記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース