「がん哲学外来」が10周年、提唱者の樋野興夫氏が原点語る

2018年6月2日10時05分 印刷
Facebookでシェアする Twitterでシェアする
+「がん哲学外来」が10周年、提唱者の樋野興夫氏が原点語る
スライドを使って話す順天堂大学医学部教授の樋野興夫氏=5月31日、お茶の水クリスチャン・センター(東京都千代田区)で
- 広告 -

医師とがん患者の対話の場として生まれた「がん哲学外来」。病院外では病気を抱える誰もが気軽に思いを分かち合える「メディカル・カフェ」として全国に広がり、メディアでも多数取り上げられるなど注目を集める。その「がん哲学外来」が今年10周年を迎えた。5月31日にはお茶の水クリスチャン・センター(東京都千代田区)で、提唱者・樋野興夫氏(順天堂大学医学部教授)の最新刊を祝う出版記念会が開かれ、樋野氏がその原点を語った。

樋野氏が「がん哲学」という言葉を考えたのは2000年ごろ。学生時代からその著作に親しんできた無教会派のクリスチャン、南原繁(元東京大学総長)の「政治哲学」と、日本のがん研究の先駆者として知られる吉田富三(元がん研究会所長)の「がん学」をドッキングさせた。がんの発生と成長に哲学的な意味を見いだし、生きることの根源的な意味を考えていく営みだ。04年には『がん哲学』を出版。現在は英語や中国語、韓国語にも翻訳されている。

その後、日本では05年にアスベストによる健康被害問題が浮上する(クボタショック)。樋野氏は同年、いち早く順天堂病院に「アスベスト・中皮腫外来」を開設した。樋野氏自身は病理学者であり、臨床医ではないため、それまで患者と直接接する機会は少なかったが、そこで90人近い患者を診ることになる。難しい病気を抱えた患者と対話する中で「がん哲学外来」の必要性を感じるようになったという。

樋野氏が「がん哲学外来」を実際にスタートするのは08年。その原点となったのが、吉田富三の次の言葉だった。

電子計算機時代だ、宇宙時代だと言ってみても、人間の身体の出来と、その心情の動きとは、昔も今も変わっていないのである。超近代的で合理的といわれる人でも、病気になって、自分の死を考えさせられるときになると、太古の人間に帰る。その医師に訴え、医師を見つめる目つきは、超近代的でも合理的でもなくなる。静かで、淋(さび)しく、哀れな、昔ながらの一個の人間に帰るのである。その時の救いは、頼りになる良医がそばにいてくれることである。

「最初は冗談のように始めた」と話す樋野氏。「5回だけ」と言って始めたが、その後も続き、がん患者からはまた会いたいと電話が来た。そして病院外にも呼ばれるようになり、この働きが世の中で必要とされていることに気付いた。「自分の意思でやったのではなく、人から背中を押されてやった」と言う。

スタートから1年でNPO法人「がん哲学外来」が設立(13年に一般社団法人化)。樋野氏自身はこれまで「がん哲学外来」を通して約3千人の患者や家族と接し、メディカル・カフェは現在、全国約140カ所に広がっている。

米国の医学大学やがんセンターでの勤務経験もある樋野氏は、「がん哲学外来」は日本で特に必要だと言う。「日本と米国のがん患者を比べたとき、日本人特有なものを感じた。病気は世界共通だが、国民性のようなものがある」

「がん哲学外来」が10周年、提唱者の樋野興夫氏が原点語る
5月26日に出版された樋野氏の最新刊

樋野氏が新しく出版したのは『大切な人ががんになったとき・・・ 生きる力を引き出す寄り添い方』(青春出版社)。「がん哲学外来」に関する書籍は幾つも出版されているが、本書は主にがん患者を持つ家族を対象とした内容だという。

この日は、がん患者の家族や友人を持つ人や、がんに関連した悩みを持つ人が多く参加し、樋野氏に直球の質問を投げ掛けた。

ある男性は10年前に高校生の息子を亡くしたが、妻がそれからがんの検診をまったく受けなくなってしまい、どうすべきかを尋ねた。社交的で明るかった友人ががんになり、引きこもりがちになってしまったという女性は、友人への接し方を聞いた。別の女性は、2年前にがんで父親を亡くした。人をよく笑わせていた父親だったが、末期がんであることを知ってからはまったく笑わなくなり、告知から8カ月で亡くなった。今でも父親にどうしてあげればよかったのか悩むと打ち明けた。

樋野氏は、がんで悩む患者やその家族、友人らが自由に語り合い、寄り添う場がもっと必要だと考えている。メディカル・カフェは、キリスト教会も含め全国さまざまな場所で開かれているが、さらに設置箇所を増やし、7千カ所で開設することを目指しているという。

Facebookでシェアする Twitterでシェアする

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。

記事の一つ一つは、記者が取材をして書き上げ、翻訳者が海外のニュースを邦訳し、さらに編集者や校閲者の手も経て配信しているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、サポーターとして(1,000円/月〜)、また寄付(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済(Paypal)で可能です。希望者には、週刊メールマガジンも送らせていただきます。サポーターや寄付の詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。

  • 金額を選択:
  • 金額を選択:

社会の最新記事 社会の記事一覧ページ

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング