社会

れいわ新選組の山本太郎代表、一家はカトリック 教会で過ごした過去語る

れいわ新選組の山本太郎代表、一家はカトリック 教会で過ごした過去語る

新政党「れいわ新選組」の山本太郎代表(45)が最近、男性誌「GQ JAPAN」のインタビューに応え、一家がカトリックで、小学生の頃には教会で多くの時間を過ごしたことを明かした。

2019年12月10日21時12分

中村哲

中村哲氏、遺族と共に福岡に帰郷 YMCA・日本キリスト教海外医療協力会の代表者がコメント

アフガニスタンで銃撃され死亡した医師・中村哲氏(73)の遺体が9日午前、遺族と共に故郷の福岡に到着した。訃報を受け、中村氏が所属していたYMCAや日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)の代表者が、追悼のコメントを発表した。

2019年12月10日7時19分

日本キリスト教異端相談所所長の張清益牧師、自教会の信徒に暴行 証言で明らかに

張清益・異端カルト110番代表の信徒暴行問題、警察が捜査

複数の信徒に対する暴行問題が取り沙汰されている「異端カルト110番」の張清益(チャン・チョンイク)代表について、警察による捜査が行われていることが、6日までに関係者などへの取材で分かった。

2019年12月06日22時23分

中村哲医師の母校・西南学院が追悼文「先生の志を大切にして歩む教育機関でありたい」

中村哲医師の母校・西南学院が追悼文「先生の志を大切にして歩む教育機関でありたい」

紛争の続くアフガニスタンで長年にわたって支援活動をしてきた医師の中村哲氏(73)が4日、同国東部で襲撃され、死亡したことを受け、母校の西南学院が追悼文を公表した。「先生の志を大切にして歩む教育機関でありたいと心から願います」とつづっている。

2019年12月05日21時39分

中村哲

クリスチャン医師の中村哲氏、アフガニスタンで銃撃され死亡

アフガニスタンで農業用水路の建設などを長年行ってきたクリスチャンの医師、中村哲氏(73)が現地時間4日午前、同国東部ナンガルハル州の州都ジャララバードで銃撃され、死亡した。

2019年12月04日17時40分

賀川豊彦

賀川豊彦賞、2019年はひとり親家庭支援の「リトルワンズ」など3団体

2019年の「賀川豊彦賞」の受賞者が1日、主催する賀川豊彦記念松沢資料館(賀川事業団雲柱社)の公式サイトで発表された。第4回となった今年は、東京都内を中心にひとり親家庭支援を10年以上行っているNPO法人リトルワンズなど3団体が受賞した。

2019年12月04日13時39分

カトリック長崎大司教区、40代司祭を聖職停止 女性信徒が性的被害訴え

カトリック長崎大司教区は、女性信徒が40代の司祭から性的な被害を受けたと訴え、司祭を暫定的に聖職停止処分にしたことを明らかにした。女性は被害届を提出しており、警察が強制わいせつ容疑で捜査している。

2019年11月29日21時14分

第24回アジアキリスト教病院協会総会(1)タイで初開催、キリスト教病院の変革を目指して

第24回アジアキリスト教病院協会総会(1)タイで初開催、キリスト教病院の変革を目指して

アジアキリスト教病院協会(ACHA)の第24回年次総会が、11月14日から16日までの3日間、タイの首都バンコクで「変革:キリスト教病院へのチャレンジ」を主題に開催された。日本からは4つの病院・クリニックから28人が参加した。

2019年11月28日16時08分

張清益牧師暴行問題、告発者が詳細明かす 「真っ赤な嘘」発言などで調査に不信感

張清益牧師暴行問題、告発者が詳細明かす 「真っ赤な嘘」発言などで調査に不信感

日本キリスト教異端相談所所長の張清益(チャン・チョンイク)牧師が、自身が牧会する教会の信徒らに暴行を加えていたとされる問題で、張牧師から日常的にパワハラを受けていたと訴えていた元教会スタッフが、その詳細を明らかにした。

2019年11月25日11時35分

教皇フランシスコ

日本政府「ローマ法王」の呼称を「ローマ教皇」に変更

日本の政府は20日、ローマ教皇フランシスコの来日に合わせ、これまで「ローマ法王」としていた呼称を「ローマ教皇」に変更すると発表した。日本のカトリック教会では、38年前に先々代のヨハネ・パウロ2世が来日して以来、「教皇」に統一していた。

2019年11月21日7時02分

関西学院、サーロー節子さんに名誉博士号など授与へ

関西学院、サーロー節子さんに名誉博士号など授与へ

関西学院は15日、カナダ在住の平和活動家、サーロー節子さん(87)に、名誉博士号と関西学院賞を授与することを決めた。サーローさんは同学院出身ではないが、同大神学部出身の故・谷本清牧師から洗礼を受けており、その平和活動に大きな影響を受けた。

2019年11月18日13時47分

日本のカトリック聖職者による性的虐待、中央協議会が調査状況を説明

日本のカトリック聖職者による性的虐待について、カトリック中央協議会は15日、公式サイトで現在の調査状況を明らかにした。ローマ教皇フランシスコが来週末から来日するのを前に、調査状況に関する問い合わせがあるとして公表した。

2019年11月16日1時04分

天皇の即位儀式への国の関与は違憲 カトリック、NCC、JEAの代表者が記者会見

天皇の即位儀式への国の関与は違憲 カトリック、NCC、JEAの代表者が記者会見

日本キリスト教協議会(NCC)靖国神社問題委員会は21日、公費を投じて行われる天皇代替わりの諸儀式に抗議する記者会見を開催した。カトリック教会の岡田武夫名誉大司教、NCCの金性済総幹事、日本福音同盟(JEA)の上中栄社会委員長が出席した。

2019年10月21日23時19分

台風19号被災支援、ワールド・ビジョンやカリタスなども次々に募金開始

台風19号被災支援、ワールド・ビジョンやカリタスなども次々に募金開始

甚大な被害をもたらした台風19号の被災者支援のため、ワールド・ビジョン・ジャパンやカリタスジャパンなどのキリスト教系のNGOも新たに募金を開始した。台風19号による死者は17日夕までに77人に上り、依然9人が行方不明となっている。

2019年10月17日23時20分

台風19号の緊急募金始まる、キリスト教系NGOのほかJEAや日本基督教団など

台風19号の緊急募金始まる、キリスト教系NGOのほかJEAや日本基督教団なども

台風19号による被害を受け、キリスト教主義のNGOやキリスト教の教団、団体などが支援金の受け付けや緊急募金を開始した。被災した教会や団体施設も多数あるとみられるが、被災の報告はまだ限定的で、被害は今後さらに拡大する可能性もある。

2019年10月15日22時04分

神戸国際支縁機構が100回目の「東北ボランティア」 8年で延べ2千人が参加

神戸国際支縁機構が100回目の「東北ボランティア」 8年で延べ2千人が参加

東日本大震災発生直後から支援活動を継続してきた神戸国際支縁機構が、東北で100回目となるボランティア活動を行った。この8年余りの間、阪神・淡路大震災で同じく被災した神戸から、延べ約2千人が同機構を通して東北の被災地を訪れ、活動を行ってきた。

2019年10月12日11時12分

信徒暴行問題の張清益牧師、日韓で調査へ 派遣教会はすでに派遣打ち切り

自教会の信徒やスタッフに対する暴行やパワハラが、元信徒らの証言で明るみに出た日本キリスト教異端相談所所長の張清益(チャン・チョンイク)牧師について、日本と韓国で調査が行われることになった。

2019年10月09日18時03分

日本キリスト教異端相談所所長の張清益牧師、自教会の信徒に暴行 証言で明らかに

日本キリスト教異端相談所所長の張清益牧師、複数の信徒に暴行 証言で明らかに

日本キリスト教異端相談所所長の張清益(チャン・チョンイク)牧師が、自らが牧会する単立とねりキリスト教会に通っていた複数の信徒に対し、暴行を加えていたことが明らかになった。また元教会スタッフの男性は、日常的にパワハラを受けていたと訴えている。

2019年10月02日11時45分

「全能神」とそのフェイスブック上の活動について

「全能神」とそのフェイスブック上の活動について

最近、クリスチャンを名乗る面識のない人から、フェイスブックの友人申請を受けることが多くなり、その中に何やら普通のクリスチャンとは少し違う感じのする人たちが目立つようになってきました。

2019年09月19日22時20分

環境問題扱った教皇による初の社会回勅「ラウダート・シ」 日本語訳者が「宗教と環境」シンポで講演

環境問題扱った教皇による初の社会回勅「ラウダート・シ」 日本語訳者が「宗教と環境」シンポで講演

宗教・研究者エコイニシアティブが主催する第10回宗教と環境シンポジウムが7日、東洋大学で開催された。基調講演では、教皇フランシスコの環境問題をテーマにした回勅「ラウダート・シ」の日本語訳を手掛けた吉川まみ・上智大学神学部准教授が講演した。

2019年09月19日18時52分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース