社会

日本基督教団議長が天皇の退位・即位に関して声明 「大嘗祭への国の関与、政教分離に反する」

日本基督教団の石橋秀雄議長は1日までに「天皇の退位および即位の諸行事に関する声明」を発表した。「大嘗祭に至るまで公的な行事と位置付けることは、国民に対して天皇が特別な存在であること、さらには“神格化”のイメージを植え付ける」としてしている。

2018年08月01日18時07分

「障害って何?」 障がい者をファシリテーターにイエズス会・岐部ホールで研修会

「障害って何?」 障がい者をファシリテーターにイエズス会・岐部ホールで研修会

「障がい」について実践的に学ぶ学習会が23日、東京・四ツ谷のイエズス会・岐部ホールで開催された。学習会は、障がい者が平等に扱われる社会を目指して世界中で行われている「障害平等研修」(DET)を用いて行われた。

2018年07月30日18時52分

オウム真理教

オウム元幹部、残りの死刑囚6人も刑執行

オウム真理教の元幹部6人の死刑が26日、執行された。同教団をめぐっては、元代表の松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚を含む元幹部7人の死刑が今月6日に執行されたばかりで、これにより、死刑が確定していた元幹部13人全員の刑が執行されたことになる。

2018年07月27日0時24分

呉ボランティアセンター、住民の信頼得ながら活動に広がり 国内外のクリスチャンが参加

呉ボランティアセンター、住民の信頼得ながら活動に広がり 国内外のクリスチャンが参加

西日本豪雨で被災した広島県呉市で先週から活動を開始した呉ボランティアセンターが、地域住民の信頼を得ながら活動の場を広げている。先週は、国内外からクリスチャンのボランティアが多数駆け付け、住宅の片付けや泥かきなどを行った。

2018年07月25日18時24分

柏木哲夫氏が講演「支えるケア、寄り添うケア」 オリブ山病院が創立60周年

柏木哲夫氏が講演「支えるケア、寄り添うケア」 オリブ山病院が創立60周年

沖縄県にあるキリスト教主義病院「オリブ山病院」が創立60周年を迎え、淀川キリスト教病院の柏木哲夫理事長による記念講演会が13日、オリブ山病院礼拝堂で行われた。講演会に参加したオリブ山病院院長の宮城航一氏によるレポートを掲載する。

2018年07月25日10時22分

「いのちに寄り添うホスピスケアに学ぶ病院」 オリブ山病院創立60周年記念で柏木哲夫氏が講演

「いのちに寄り添うホスピスケアに学ぶ病院」 オリブ山病院創立60周年記念で柏木哲夫氏が講演

特定医療法人「葦(あし)の会」が運営するオリブ山病院の創立60周年記念講演会が14日、宜野湾市民会館大ホールで開催された。記念講演会では、淀川キリスト教病院理事長の柏木哲夫氏が「いのちに寄り添うホスピスケアに学ぶ病院」と題して講演した。

2018年07月22日8時16分

「中絶やめよう」「小さないのちを守ろう」 マーチ・フォー・ライフ、市民ら250人が参加

「中絶やめよう」「小さないのちを守ろう」 マーチ・フォー・ライフ、市民ら250人が参加

1948年7月13日に現在の母体保護法の前身である優生保護法が成立したことを覚え、人工妊娠中絶に反対する市民らによるデモ行進「マーチ・フォー・ライフ(March for Life)」が16日、カトリック築地教会(東京都中央区)を出発点に行われた。

2018年07月18日7時19分

泉堅・万座温泉日進舘会長、召天 69歳

泉堅・万座温泉日進舘会長、召天 69歳

万座温泉日進舘(群馬県嬬恋=つまごい=村)会長の泉堅(いずみ・けん、本名・黒岩堅一=くろいわ・けんいち)さんが12日、急性心不全のため召天した。69歳だった。葬儀は13日に家族で営まれ、お別れの会が8月10日午後5時から、ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会(東京都新宿区)で開かれる。

2018年07月17日19時12分

倉敷市と呉市に宿泊可能なボランティアセンター 教会主体の支援ネットワークが開設

倉敷市と呉市に宿泊可能なボランティアセンター 教会主体の支援ネットワークが開設

西日本豪雨で被災した岡山県倉敷市と広島県呉市に、宿泊可能なボランティアセンターが開設された。いずれも地元のキリスト教会が主体となった支援ネットワークによるもので、それぞれ倉敷、呉両市周辺で活動を行う。

2018年07月16日18時22分

依存症、根本的な解決は「自立」 ティーンチャレンジ・ジャパン木崎代表

依存症、根本的な解決は「自立」 ティーンチャレンジ・ジャパン木崎代表

アルコールやドラッグ、ギャンブルなどのさまざまな依存症で悩む家族を支援しようと、依存症について学ぶセミナーが7日、埼玉県の吉川市民交流センターおあしすで開かれた。ティーンチャレンジ・ジャパンの木崎智之代表が講演し、市民ら約30人が参加した。

2018年07月14日19時51分

7人の死刑執行、日本のクリスチャンこそもっと声を上げるべき マザーハウス・五十嵐弘志

7人の死刑執行、日本のクリスチャンこそもっと声を上げるべき マザーハウス・五十嵐弘志

オウム真理教の元幹部7人の死刑執行後、ちょうど講義をしに行った大学で学生たちと話していたとき、死刑に対する私の考えを聞かれました。死刑は、確かに法律で認められています。でも、だからといって人が、他人の命を奪っていいのでしょうか。

2018年07月13日9時37分

藤崎裕之

最近、死について考えた 藤崎裕之

この短い期間に死を思い知らされました。それは7人もの死刑執行による死であり、自然災害による多数の死である。それらは私の心を打ち砕き、大いに痛め続けています。私が死刑廃止を意識したのは中学生の時でした。ですから45年くらい前です。

2018年07月12日23時04分

西日本豪雨、各教団が被災状況を報告 キリスト教団体の支援始動

西日本豪雨、各教団が被災状況を報告 キリスト教団体の支援始動

西日本豪雨について、キリスト教の各教団・教区は、公式サイトなどで被害状況を相次いで報告している。それによると、人命に関する被害はこれまでのところ報告されていないが、床上浸水した教会もあり、信徒の中には自宅が浸水し救助後に入院した人もいた。

2018年07月12日20時24分

「かなり広範囲にわたる被害」 国際飢餓スタッフが岐阜、岡山の被災状況を報告

「かなり広範囲にわたる被害」 国際飢餓スタッフが岐阜、岡山の被災状況を報告

日本国際飢餓対策機構(JIFH)は、スタッフが10日から11日にかけ、豪雨により被災した岐阜県関市の上之保、下之保地区、岡山県倉敷市の真備町地区に現地入りし、被災状況の報告を公式サイトに掲載した。

2018年07月11日18時06分

西日本豪雨でキリスト教団体も続々支援の動き 募金や現場職員を募集

西日本豪雨でキリスト教団体も続々支援の動き 募金や現場職員を募集

10日昼までに死者132人、行方不明者74人に上る被害が出ている西日本豪雨。キリスト教団体も被災地支援の動きを始めている。キリスト教系の支援団体で10日までに募金を開始したのは、神戸国際支縁機構、日本国際飢餓対策機構など6団体。

2018年07月10日17時12分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング