社会

インドネシアの教会3カ所でテロ、7人死亡 子ども含む一家6人が自爆

「計り知れない衝撃と、深い悲しみ」 NCC、インドネシア教会爆破テロで声明

日本キリスト教協議会(NCC)は16日、インドネシア第2の都市スラバヤで発生した3つの教会に対する連続爆破テロに対し、抗議声明を発表した。NCCは「計り知れない衝撃を受け、深い悲しみを覚えずにおれません」とし、犠牲者に哀悼の意を示した。

2018年05月17日17時44分

「誰もが加害者・犠牲者になり得る」 外国人居留地設置150年の神戸で人権考えるシンポ

「誰もが加害者・犠牲者になり得る」 外国人居留地設置150年の神戸で人権考えるシンポ

外国人居留地が設置されてから今年で150年となる神戸市で4月24日、シンポジウム「みんなで考える“ヒューマン・ライツ(人権)”」が開催された。カナダから教育関係者が来日して発題し、日本側からは旭川アイヌ協議会の川村兼一会長らが語った。

2018年05月16日7時49分

第6回「9条世界宗教者会議」、6月に広島で 海外諸教会からも多数参加

第6回「9条世界宗教者会議」、6月に広島で 海外諸教会からも多数参加

戦争放棄などをうたう日本国憲法第9条の精神を国内外に発信する「9条世界宗教者会議」が今年6月、被爆地・広島で開催される。2年ぶり6回目の開催で、国内だけでなく、海外からもさまざまな教派のキリスト教会の代表者が参加する予定。

2018年05月09日20時52分

青山学院大に爆破予告、7日を休校に ネット掲示板に書き込み

青山学院大に爆破予告、7日を休校に ネット掲示板に書き込み

青山学院大学は6日夜、インターネットの掲示板に爆破を予告する書き込みがあったとし、7日を休校にすると発表した。青山キャンパス(東京都渋谷区)と相模原キャンパス(相模原市)への立ち入りを禁止し、警察と連携して必要な措置を講じているという。

2018年05月07日12時02分

14宗派から50人が参列 熊本地震の犠牲者を追悼、復興願い合同祈願式

14宗派から50人が参列 熊本地震の犠牲者を追悼、復興願い合同祈願式

熊本地震の犠牲者を追悼し、復興を願う合同祈願式が4月26日、キリスト教を含む14宗派の団体から約50人が参加して、熊本城近くの熊本大神社で行われた。世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会が主催した。

2018年05月02日17時58分

長崎・浦上の被差別部落とキリシタン 作家の高山文彦さんが講演 東京・練馬

長崎・浦上の被差別部落とキリシタン 作家の高山文彦さんが講演 東京・練馬

長崎の原爆によって壊滅した長崎市浦上地区にまつわる人々を取り上げた『生き抜け、その日のために―長崎の被差別部落とキリシタン』(解放出版社)を2年前に出版した作家の高山文彦さんが26日、東京・練馬区役所で講演した。

2018年04月29日15時52分

榎本てる子・関学神学部准教授、召天 55歳 ちいろば牧師の娘

関西学院大学神学部の榎本てる子(えのもと・てるこ)准教授(実践神学)が25日午後1時58分、京都市内の病院で亡くなった。55歳だった。父は「ちいろば牧師」で知られる榎本保郎さん。

2018年04月26日21時09分

武田清子ICU名誉教授、召天 100歳 WCC会長など歴任

武田清子ICU名誉教授、召天 100歳 世界教会協議会会長など歴任

国際基督教大学(ICU)名誉教授の武田清子(たけだ・きよこ、本名・長清子=ちょう・きよこ)さんが12日、老衰のため召天した。100歳だった。故人の意思により、葬儀は家族で営まれ、後日偲ぶ会が開かれる。

2018年04月19日18時20分

古屋安雄・国際基督教大学名誉教授、召天 91歳

国際基督教大学(ICU)名誉教授の古屋安雄(ふるや・やすお)氏が16日、召天した。91歳だった。葬儀は22日午後1時から、同大礼拝堂(東京都三鷹市)で行われる。1926年、中国・上海生まれ。51年日本神学専門学校(現東京神学大学)卒業。

2018年04月17日18時41分

ワールド・ビジョン、アフリカ最大の難民キャンプで支援開始

ワールド・ビジョン、アフリカ最大の難民キャンプで支援開始

キリスト教主義のNGO「ワールド・ビジョン・ジャパン」(WVJ、東京都中野区)は13日、内戦のため南スーダンから避難してきた人々が暮らすウガンダ北西部のビディビディ難民居住地で、子どもたちの教育支援を開始すると発表した。

2018年04月16日23時50分

リック・シーワード牧師が交通事故で死亡 JPFカンファレンス主講師

リック・シーワード牧師が交通事故で死亡 JPFカンファレンス主講師

シンガポール初のメガチャーチを創設したリック・シーワード牧師(63)が3月24日、訪問先のブラジルで交通事故に遭い、死亡した。2月に開催された日本ペンテコステ親交会(JPF)の「JPFカンファレンス2018」で主講師を務めるなどしていた。

2018年04月05日23時53分

宝探しの旅へようこそ! ウガンダサマーキャンプ参加者募集 JIFH

宝探しの旅へようこそ! ウガンダサマーキャンプ参加者募集 JIFH

日本国際飢餓対策機構(JIFH、大阪府八尾市)が、支援地のアフリカ・ウガンダで行うサマーキャンプの参加者を募集している。キャンプでは、自立に取り組む人々の事例視察や子どもの家庭訪問などを通じて、貧困の現実や課題を学ぶ。

2018年04月05日13時59分

「被災地の人々と共に生きる」 神戸国際支縁機構が83回目の訪問、石巻市の幼稚園で餅つき大会

「被災地の人々と共に生きる」 神戸国際支縁機構が83回目の訪問、石巻市の幼稚園で餅つき大会

東日本大震災から満7年となるのを前にした今月2日、宮城県石巻市の長浜幼稚園(後藤竜記園長)で恒例の餅つき大会が開催された。神戸国際支縁機構(岩村義雄理事長)が、震災翌年の2012年から継続して行っている「支縁活動」の1つだ。

2018年03月23日23時56分

沖縄基地反対活動で逮捕の牧師、2審で一部減刑も有罪

沖縄・米軍北部訓練場のヘリパッド移設工事をめぐり、反対運動中に防衛省職員にけがを負わせたとして、傷害などの罪に問われていた男性牧師(32)に対し、福岡高裁那覇支部は19日、1審判決を一部減刑した上で、懲役1年、執行猶予3年を言い渡した。

2018年03月20日23時22分

カトリック社会司教委、首相と外相に核兵器禁止条約への署名・批准求める要望書

カトリック社会司教委、首相と外相に核兵器禁止条約への署名・批准求める要望書

日本カトリック司教協議会社会司教委員会(委員長・浜口末男=大分司教)は15日、安倍晋三首相と河野太郎外相に対し、昨年7月に国連で採択された「核兵器禁止条約」への署名と批准を求める要望書を発表した。

2018年03月17日18時26分

3・11の犠牲者を追悼 宗教者ら60人、被災地で復興願い合同祈願式

3・11の犠牲者を追悼 宗教者ら60人、被災地で復興願い合同祈願式

世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会は14日、福島県浪江町の大平山霊園で、東日本大震災の犠牲者を追悼し、復興を願う合同祈願式を開催した。WCRP日本委の代表者をはじめ、地元の宗教者や住民ら約60人が参列した。

2018年03月16日16時49分

シリア危機から7年 ワールド・ビジョン、教育通じた難民・移民の子どもたちへの暴力廃絶キャンペーン開始

シリア危機から7年 ワールド・ビジョン、教育通じた難民・移民の子どもたちへの暴力廃絶キャンペーン開始

国際NGO「ワールド・ビジョン・ジャパン」は、シリア危機から7年となった15日、教育を通じて難民・移民の子どもに対する暴力撤廃を目指すキャンペーンを、今年から4年間の計画で実施することを発表した。

2018年03月15日23時55分

鎌倉大仏を前に「主の祈り」も 東日本大震災7年、3宗教が合同で追悼・復興祈願祭

鎌倉大仏を前に「主の祈り」も 東日本大震災から7年、3宗教が合同で追悼・復興祈願祭

東日本大震災の発生から7年となった11日、キリスト教、神道、仏教の3宗教合同による「追悼・復興祈願祭」が鎌倉大仏殿高徳院(神奈川県鎌倉市)で開催された。キリスト教からは、カトリック、聖公会、プロテスタント各派の神父や牧師、信徒らが参加。

2018年03月11日22時30分

「シリアを見捨てないで」 孤児院建設目指し、神戸国際支縁機構理事長が2回目の訪問

「シリアを見捨てないで」 孤児院建設目指し、神戸国際支縁機構理事長が2回目の訪問

神戸国際支縁機構(神戸市)の岩村義雄理事長(神戸国際キリスト教会牧師)らが2月4〜11日、隣国レバノンを訪問。シリアとの国境近くにある難民キャンプを訪れ、支援物資を配布したほか、孤児院建設に向け現地の状況を視察した。

2018年03月06日14時07分

小林八郎氏死去 キリスト教放送局日本FEBC元代表

キリスト教放送局日本FEBC元代表の小林八郎氏が2月25日、病のため死去した。81歳だった。愛知、神奈川の各県で牧会の後、76年に日本FEBC入社、日本支社次長就任。79年から代表を務めた。

2018年03月03日21時01分

主要ニュース

コラム

人気記事ランキング