聖書とがん(1)『聖書とがん』出版は「大きな夢」 樋野興夫

2020年3月17日07時04分 コラムニスト : 樋野興夫 印刷

『聖書とがん』の出版は、筆者の大きな夢である。「人類は、なぜ永遠に生きられないのか? 生きて120年。なぜ、イブは蛇の誘惑に負けたのか!? アダムは930歳、ノアは950歳、アブラハムは175歳、モーセの時代から120歳」と、私は講義、講演で冗談っぽく、さりげなく語る。

島根県大社町の鵜鷺(うさぎ)小学校卒業式での来賓あいさつ、「少年よ、大志を抱け」(1887年札幌農学校のクラーク博士の言葉)を強烈に覚えている。私の人生の起点であるといっても過言でなかろう。その後、京都での浪人時代に出会った英語の教師でもあり、牧師でもあった先生(東京大学法学部の学生時代、南原繁に学ばれた)から、人生の機軸となる南原繁(1889〜1974)との間接的な出会いが与えられた。そして、内村鑑三(1861〜1930)、新渡戸稲造(1862〜1933)、矢内原忠雄(1893〜1961)へ導かれた。英文で書かれた『代表的日本人』(内村鑑三)と『武士道』(新渡戸稲造)は、若き日からの座右の書である。悩める時に、いかに勇気づけ、励まされたことか。「1人、部屋で静かに1時間読書する習慣をつけよ!」と教わった。私は19歳の時から、内村鑑三、新渡戸稲造、南原繁、矢内原忠雄の全集を読んだものである。

医師になり、すぐ癌研究会癌研究所の病理部に入った。そこで、大きな出会いに遭遇したのであった。病理学者であり、当時の癌研究所所長であった菅野晴夫先生(1925〜2016)は、南原繁が東大総長時代の東大医学部の学生であり、菅野先生から南原繁の風貌、人となりを直接伺うことができた。南原繁にはますます深入りし、さらに、菅野先生の恩師である日本国の誇る病理学者、吉田富三(1903〜73)との出会いにつながった。吉田富三は日本国を代表するがん病理学者であり、菅野先生の下で2003年、生誕100周年記念事業を行う機会が与えられた。吉田富三の論文、著作を熟読し、これを機に関心が高まり、深く学んでいくことになった。必然的に「がん哲学」の提唱へと導かれた。さらに「陣営の外=がん哲学外来」へと展開した。

吉田富三は、「広くがんを知っている」「広く病気を知っている」「ガラスの向こうに患者を見ている」「自分のテーマを持って研究している」「生物学にも興味を持っている」、我が国の代表的ながん研究者として挙げることができる。「自分のオリジナルで流行をつくれ」といい、事に当たっては、考え抜いて日本の持つパワーを十分に発揮して大きな仕事を成し遂げた。「顕微鏡を、考える道具に使った最初の思想家」であり、その思想は「顕微鏡で見たがん細胞の映像から得た哲学」なのだと著書を読み、実感した。

吉田富三は、「人体の中で起こっていることは、社会と連動している」といい、「がん細胞に起こることは必ず人間社会にも起こる」と述べている。ここに、「がん哲学」の源流がある。「病理学=理論的根底」の懐の深さを感ずる。先人の精神を学んだことが、自分の専門以外のことであっても勇気を持って声に出し、行動できるという自信になり「がん哲学外来」ができたと思っている。

私は「科学としてのがん学」を学びながら、「がん学に哲学的の考え方を取り入れていく領域がある」との立場に立ち「がん哲学」を提唱した。病理学は顕微鏡をのぞきながら、大局観を持つことが求められる分野でもある。がん哲学者は、高度な専門知識(がん学)と幅広い教養(哲学)を兼ね備えている人物のことであり、視野狭窄(きょうさく)にならず、複眼の思考を持ち、教養を深め、時代を読む「具眼の士」である必要がある。「目的は高い理想に置き、それに到達する道は臨機応変に取るべし」(新渡戸稲造)の教訓が今に生きる。「最も必要なことは、常に志を忘れないよう心にかけて記憶することである」(新渡戸稲造)。

「がん哲学」とは、南原繁の「政治哲学」と、元癌研所長で東大教授であった吉田富三の「がん学」をドッキングさせたもので、「がん哲学=生物学の法則+人間学の法則」である。「風貌を見て、心まで診る=病理学」の時代的到来であろう。人間の「誕生と成長」でなく、「哀れとむなしさ」を起点とする病理学者は、「真理そのものに悲哀性がある」ことを学び「自ら悲哀をその性格とする人たらざるを得ない」(新渡戸稲造)。これが私の人生の原点であり、「エデンの園」の出来事により、さらに「聖書とがん」へと導かれていった。

樋野興夫

樋野興夫(ひの・おきお)

1954年、島根県生まれ。順天堂大学名誉教授、順天堂大学医学部病理・腫瘍学客員教授、医学博士。新渡戸稲造記念センター長、一般社団法人がん哲学外来理事長。対話を通じて不安を抱えた患者を支援しようと、2008年に日本で初めて「がん哲学外来」を開設。講演活動は大きな反響を呼び、現在では「がん哲学外来&メディカルカフェ」を全国で展開している。著書に『がん哲学外来へようこそ』(新潮社)、『がん哲学』(EDITEX)、『われ21世紀の新渡戸とならん』(イーグレープ)ほか多数。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナの最新ニュース
国内外の発生状況
※4月7日午前8時更新、( )内は前日比
日本世界
感染者数 3,906
(+252)
1,206,590
(+76,815)
死者数 80
(+7)
67,510
(+4,807)
回復者数 592
(+8)
274,689
(+17,234)
<出典> 日本:厚労省、世界:WHOJohn Hopkins CSSE

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース