東京都:東中野キングス・ガーデンがん哲学外来開設記念講演

2015年4月3日17時07分 印刷
+東京都:東中野キングス・ガーデンがん哲学外来開設記念講演

東中野キングス・ガーデンがん哲学外来開設記念講演「がん哲学外来―夕暮れ時に、光がある―」が4月18日(土)、東京都練馬区の東中野キングス・ガーデンで行われる。

講師は、一般社団法人がん哲学外来理事長、順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授の樋野興夫氏。講演後には、がん哲学外来・グループワークが行われる。1テーブルに6人ほどが座り、日ごろ思っていることなどを自由に語り合う。また、希望により樋野氏と1人15分程度の個人面談が可能。先着4組まで。

申し込みは、専用フォーム、または電話・FAX・メールにて、氏名、電話番号、任意で講師への質問(面談希望など)を記入の上、東中野キングス・ガーデンキングスカフェ(電話:03・3368・5200、FAX:03・3368・5204、メール:nakano.cafe@kg-tokyo.or.jp、専用フォーム)まで。

日時:2015年4月18日(土)午後2時半~5時半(開場:午後2時~)
場所:東中野キングス・ガーデン(東京都中野区東中野4−2−16)
費用:参加費500円
定員:60人

■ プログラム
午後2時半:開会挨拶
2時35分:基調講演「がん哲学外来―夕暮れ時に、光がある―」(樋野興夫氏)
3時5分:がん哲学外来・グループワーク、樋野先生個人面談
4時5分:分かち合い、Q&A
4時35分:エンディング、閉会のことば

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


イベントの最新記事 イベントの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース