富についての考察(21)経済活動と Identity の問題 木下和好

2015年6月8日17時27分 コラムニスト : 木下和好 印刷
関連タグ:木下和好

2005年4月25日にJR西日本の福知山線(JR宝塚線)塚口駅から尼崎駅間で発生し、107人もの命が奪われたJR福知山線脱線事故は、悲惨であった。遺族の心の痛みは計り知れない。原因の徹底究明が求められるべきだし、責任ある立場の人たちは、それなりの処罰と賠償を覚悟しなければならない。

でも事故の報道が進むにつれ、「責める人」と「責められる人」の色分けがはっきりしてきたことに、私は疑問を抱くようになった。「責められる人」は明らかに「JR西日本」の社員で、「責める人」はそれ以外の人たちということになる。直接的に事故に関わっていなくても、「社員」というIdentity を有するだけで責めの対象になる。でも社員としての Identity は絶対的なものではない。JRが国鉄であった時、西日本と東日本の区別はなかった。もし今も国鉄のままであったなら、現JR東日本の社員も責められる側に置かれることになる。

現在社会では、会社の買収、吸収合併、分割などが日常的に行われている。自分の働いていた会社が知らないうちにもっと大きな会社に吸収され、突然別会社の社員になったりすることがある。すると今まで無関係であった会社の不祥事の責任を、自分も負う羽目になる。逆に会社の分割があれば、本来は責任を負うはずの人が、無関係になったりもする。アメリカなどでは、労働者は自分の時間と技術を1日8時間1週間5日分だけ会社に買ってもらうのであって、会社に属する人間とはならないという概念が強い。これらのことを考えると、社員であるかないかで「責める人」と「責められる人」の線引きが行われることは、不適切である。

人間には社員としてのIdentity に優先する Identity がある。それは人間としての Identityだ。あのような大惨事が起こった場合、人間としての Identity を優先させれば、現場近くの会社が救援隊の到着の前に救助活動を行ったように、事故に対する言動が異なってくる。JR西日本の社員が事故発生後にゴルフをしたり宴会をしたりしたことは、非常識極まりないというニュースが連日流された。事実そうかもしれない。でも日本の至る所にあるゲームセンター、飲食店あるいは娯楽施設などが、全て閉鎖になったという話は聞かない。事故後も普段通りに飲み食いを楽しみ、現場に駆けつけ助けようとは思わない人たちが、宴会をしていた人たちが「JR西日本」の社員という理由だけで、ぼろくそに言えるのだろうか。

聖書の中に、いつも自分だけは正しいと思い込んでいた人たちの話が出てくる。ある時、偽善者パリサイ人は、自分がいかに潔癖であり、近くにいた取税人がいかに罪深いかを神に訴えた。しかし神に義と認められて家に帰ったのは、取税人の方だった(ルカ18:14)。

この鉄道事故の責任追及の中で、当時、日本中がパリサイ人になってしまったのではないだろうか。こんな態度が改まらないと、多くの自殺者を出すことになる。

■ 富についての考察:(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)(14)(15)(16)(17)(18)(19)(20)(21)(22)(23)(24)(25)(26)(27)(28)(29)(30)(31)(32)

木下和好

木下和好(きのした・かずよし)

1946年、静岡県生まれ。文学博士。東京基督教大学、ゴードン・コーウェル、カリフォルニア大学院に学ぶ。英会話学校、英語圏留学センター経営。逐次・同時両方向通訳者、同時通訳セミナー講師。NHKラジオ・TV「Dr. Kinoshitaのおもしろ英語塾」教授。民放ラジオ番組「Dr. Kinoshitaの英語おもしろ豆辞典」担当。民放各局のTV番組にゲスト出演し、「Dr. Kinoshitaの究極英語習得法」を担当する。1991年1月「米国大統領朝食会」に招待される。雑誌等に英語関連記事を連載、著書20冊余り。

関連タグ:木下和好

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース