礼拝(6)  神内源一

2015年6月6日12時55分 コラムニスト : 神内源一 印刷

「ダビデは、主の前で、力の限り踊った」(Ⅱサムエル6:14)。そして、「角笛を鳴らして、主の箱を運び上った」(15)のです。

「主の箱はダビデの町に入った。サウルの娘ミカルは窓から見おろし、ダビデ王が主の前ではねたり踊ったりしているのを見て、心の中で彼をさげすんだ。こうして彼らは、主の箱を運び込み、ダビデがそのために張った天幕の真ん中の場所に安置した。それから、ダビデは主の前に、全焼のいけにえと和解のいけにえをささげた」(Ⅱサムエル6:16、17)

「天幕の真ん中の場所に安置した」とあります。つまり、仕切りがないのです。モーセの幕屋と違います。イエス様が十字架に架けられた時、神殿の幕が上から下に裂けました(マタイ27:51)。これと同じ状態ということです。

ダビデは、主の前に踊りました。人目を気にしません。主を喜ぶのです。ダビデは神様に何かを求めているのではありません。ささげたのです。礼拝はもらうものではなく、ささげるものです。そして、喜びをもってささげます。神様の前に心から喜ぶ礼拝、それがダビデの礼拝です。しかし、サウロの娘、ミカルはそれがいやしく見えてばかにしたのでした。その結果、「サウルの娘ミカルには死ぬまで子どもがなかった」(23)

使徒たちは最初、ユダヤ人を伝道していましたが、パウロは異邦人を伝道していきます。ユダヤ人以外の人がどんどん救われていきました。そのことがすでに聖書に書いてあったとヤコブは話します。

「預言者たちのことばもこれと一致しており、それにはこう書いてあります。『この後、わたしは帰って来て、倒れたダビデの幕屋を建て直す。すなわち、廃墟と化した幕屋を建て直し、それを元どおりにする。それは、残った人々、すなわち、わたしの名で呼ばれる異邦人がみな、主を求めるようになるためである。大昔からこれらのことを知らせておられる主が、こう言われる』」(使徒の働き15:15~18)

モーセの幕屋では、ユダヤ人になれば礼拝できましたが、異邦人のままでは礼拝は許されませんでした。しかし、新約の時代にはどんどん異邦人が救われていく。その預言をアモス書に見つけるのです。

私たちの礼拝は、ダビデの幕屋の建て直しです。ユダヤ人でない私たち異邦人がどんどん救われていくのです。そして、「わたしの名で呼ばれる異邦人がみな、主を求めるようになる」(17)。これが、ダビデの幕屋の礼拝です。

神様が私たちに願っておられる「霊とまことの礼拝」は、ダビデの幕屋の礼拝です。その礼拝の完成は、主によってなされます。神様はそれを、天地創造の時から願っておられたのです。イエス様が伝道しておられた時は、まだその時ではない。でも、そういう「時が来ます」(ヨハネ4:23)と。この天地万物、宇宙が造られる前から神様が願っておられた礼拝をしたいと、心から願う時、私たちは祝福を受けます。

「すなわち、神は私たちを世界の基の置かれる前から彼にあって選び、御前で聖く、傷のない者にしようとされました」(エペソ1:4)

ただ主の恵みにより、たとえ罪があっても、罪のない者として神様の御前に出ることができる。「世界の基の置かれる前から」の驚くべきご計画が、今ここにあるのです。

■ 礼拝:(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)

神内源一

神内源一(じんない・げんいち) / 徐起源(そう・きうぉん)

ERM聖書学校校長。恵那クリスチャンセンター(岐阜県恵那市)牧師。恵那レーマミニストリー代表、愛知県一宮市の超教派聖会「ワールド・リバイバル・カンファレンス」の理事・講師を務めるなど、その活動は多岐にわたる。同校本部の岐阜県恵那市に加え、京都、岡崎(愛知)、沖縄、立川(東京)など全国数カ所で聖書学校、聖会をおよそ月1回のペースで行っている。インターネット聖書学校、通信聖書学校等も現在開講中。※画像は恵那レーマミニストリーのロゴ。

■ 外部リンク:

【公式サイト】恵那レーマミニストリー

【告知】6月20日(土)岡崎校で実践訓練が開催されます。

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース