こころの手帳(9)うつ病 浜原昭仁

2015年5月21日07時52分 コラムニスト : 浜原昭仁 印刷
関連タグ:浜原昭仁うつ病

だれでも大きな失敗や人間関係の問題が起こると、気分が落ち込むことがあります。しかし、たいていの場合は、数日で回復してまたがんばろうという気持ちがわいてきます。ところが、2週間以上たってもいつまでも気分が沈んでいて、元気が出ない状態が続く場合はうつ病の可能性があります。

うつ病の場合は朝起きた時の気分がすぐれないのが特徴です。何ともいえない心のもやもや感が目覚めとともにあらわれます。また、笑えなくなり、生活から喜びが消えます。そしてため息が増えます。

思考も消極的で、何かと自分を責めるようになり、すべて自分が悪いのだと考えるようになります。さらに、不眠、食欲不振、頭痛、肩こり、倦怠感などの体の症状も加わってきますので、初めは内科を受診することが多いです。

似たような病気に双極性障害うつ状態があります。昔、躁うつ病と言われていた疾患ですが「うつ」の状態と「躁」の状態が交互に現れ、うつ病以上に再発しやすい病気です。双極性障害の「うつ」の状態が「うつ病」と似ているために、うつ病と同じだと誤解されていることが多いですが、両者は治療がかなり違うので診断に注意が必要です。

燃え尽き症候群(バーンアウト)とは、熱心に仕事などに打ち込んでいた人が、突然意欲を無くし、無気力状態になってしまう状態で、一種のうつ病です。絶え間ないストレスが持続すると生じやすく、献身を美徳とされる職業(牧師、教師、医師、看護師など)に多いといわれます。他にも仕事一筋のビジネスマン、子育てを生きがいとしている主婦、受験生などにもよくみられます。

うつ病は、子どもから老人までどの年代でも発症し、特に中年期以降から発症が増加します。生涯に男性は10人に1人、女性は10人に2人がかかる可能性があり、たいへんありふれた病気ですが、正しい診断と適切な治療が行われれば、80~90%の人は回復します。うつ病の治療は、休養、薬物療法、精神療法の3つが基本です。その中でも最も大切なことは、あせらずゆっくり休むことです。

うつ病の人は言葉にとても敏感になっているので、慎重に言葉を選ぶ必要があります。望ましい言葉の例を挙げますと「無理しなくていいからね。そのままでいいですよ。あせらず、ゆっくり休みましょうね。もうがんばらなくていいですよ。つらいでしょうね」などです。

逆に言ってはいけないことは、「あなたの人格に問題がある。努力や根性が足りない。我慢が足りない。もっとがんばらないと。病気に逃げてるんじゃないの。信仰が足りない。悔い改めていない罪があるのではないか」などです。

特にクリスチャンの場合、うつによって信仰心が薄れ、感謝や喜びが消え、罪意識が高まるので大変に苦しい思いをします。立派な牧師先生も何人か治療させていただきましたが「強い信仰があれば、心の病気にかかるはずがない」という偏見に悩まされ、なかなか病気を認められません。また、心の病気を信仰の問題と重ねてしまって、余計に悩むのです。

フロイトの精神分析によれば「頼っていた人や愛していた人と何らかの理由で別れてしまった時、その人への怒りが生まれる。それを自分でいけないと思い、その怒りを無意識のうちに自分に向けてしまう」というのがうつの原因だと考えられました。自殺とは究極の自分への怒りということになります。しかしこのような仮説で治療しても、うつ病はあまり良くなりません。

精神療法で治療効果が確かめられているのは、認知行動療法と呼ばれている心理療法です。人間の感情は、その人が自分のまわりで起こる出来事を、どう考えるか、どのように判断するかによって影響を受けています。たとえば、うつ病の人はものの見方や考え方が、現実以上に悲観的であることが知られています。そのような悲観的すぎる物の見方や考え方を、もっと現実的な考え方に変化させることで、憂うつな気分を和らげたり、うつになるのを予防したりする治療法を認知行動療法(認知療法)といいます。

うつ病の人は「自分は何もできなくなったから価値がない」と言います。しかし、聖書は「人は何もできなくても、存在しているだけで価値があるのだ」と語っています。うつ病の人に大切なのはこのようなメッセージです。「神は無条件にあなたを愛してくださる。何もできなくてもありのままのあなたを受け入れてくださる。世界中のすべての人が敵にまわろうと、最後まであなたのことを信じて、待ってくださる」。このような母のような神の愛に目をとめることです。神の愛には「あるがまま」で愛されるという母性愛の側面と「あるべきもの」を期待され愛されるという父性的側面がありますが、うつの回復に必要なのは前者です。

「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます」(マタイ11:28)

自分の存在の意味と未来が信じられるようになると、うつ病の回復も早くなります。

(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)(9)(10)(11)(12)(13)(14)
(15)(16)(17)(18)(19)(20)(21)

浜原昭仁

浜原昭仁(はまはら・しょうに)

金沢こころクリニック院長。金沢こころチャペル副牧師。1982年、金沢大学医学部卒。1986年、金沢大学大学院医学研究科修了、医学博士修得。1987年、精神保健指定医修得。1986年、石川県立高松病院勤務。1999年、石川県立高松病院診療部長。2005年、石川県立高松病院副院長。2006年10月、金沢こころクリニック開設。著書に『こころの手帳―すこやかに、やすらかにー』(イーグレープ)。

関連タグ:浜原昭仁うつ病

関連記事

クリスチャントゥデイからのお願い

いつもご愛読いただき、ありがとうございます。皆様のおかげで、クリスチャントゥデイは月間40万ページビュー(閲覧数)と、日本で最も多くの方に読まれるキリスト教オンラインメディアとして成長することができました。記事の一つ一つは、記者や翻訳者、さらに編集者の手などを経て配信されているものです。また、多くのコラムニストや寄稿者から原稿をいただくことで、毎日欠かすことなくニュースやコラムを発信できています。

この日々の活動を支え、より充実した報道を実現するため、読者の皆様にはぜひ、祈りと共に、毎月定期的にサポートする「サポーター」として(1,000円/月〜)、また単発の「サポート」(3,000円〜)によって応援していただきたく、ご協力をお願い申し上げます。支払いはクレジット決済で可能です。申し込みいただいた方には、毎週のニュースやコラムをまとめた申込者限定の週刊メールマガジンを送らせていただきます。サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はこちらをご覧ください。


コラムの最新記事 コラムの記事一覧ページ

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース