タイの教会史上最大の洗礼式、1日に1435人が受洗

タイの教会史上最大の洗礼式、1日に1435人が受洗

人口の約95パーセントが仏教徒のタイで今月初め、1日に1435人が洗礼を受ける同国の教会史上最大となる洗礼式が行われた。洗礼式を行ったのは、農村伝道を主体とするタイ現地の宣教ムーブメント「イエス・キリストにある自由教会協会」(FJCCA)。

2020年09月27日6時04分

世界初 新旧約全巻そろった手話訳聖書、アメリカ手話で完成

世界初 新旧約全巻そろった手話訳聖書、アメリカ手話で完成

新旧約全巻がそろった手話訳聖書がこのほど、世界で初めて完成した。完成したのは、アメリカ手話(ASL)で訳された「American Sign Language Version=ASLV(アメリカ手話訳聖書)」。

2020年09月26日9時35分

ゴスペルとお笑い、コラボで元気に 湘南ゴスフェス

ゴスペルとお笑い、コラボで元気に 湘南ゴスフェス

コロナ禍で沈みがちな心にゴスペルとお笑いで元気を届けようと、神奈川県茅ヶ崎市発のお笑いライブ「チガワン」(茅ケ崎−1グランプリ)とコラボして「湘南ゴスペルフェスティバル2020」(同実行委員会主催)が21日、茅ヶ崎市民文化会館小ホールで開かれた。

2020年09月25日11時40分

ジャスティン・ビーバーが新曲「HOLY」 洗礼思わせる歌詞も

ジャスティン・ビーバーが新曲「HOLY」 洗礼思わせる歌詞も

人気ポップ歌手のジャスティン・ビーバーが18日、新曲「HOLY」を発表した。「罪人の話はたくさん聞いた 自分が聖人になるとは思っていない」と始まる歌詞には、キリスト教で使われる言葉も多く含まれており、洗礼を思わせる描写もある。

2020年09月25日23時47分

CLC、文書伝道70年の歴史に幕 コロナ影響

CLC、文書伝道70年の歴史に幕 コロナ影響

全国に6店舗のキリスト教書店を展開するクリスチャン文書伝道団(CLC)が、12月で解散することが分かった。CLCが関係者向けの文書で明らかにした。出版不況に加えて新型コロナウイルスなどの影響で、働きを継続することは困難と判断したという。

2020年09月24日13時53分

米オハイオ州で礼拝所閉鎖禁止法 州内には世界最大のアーミッシュ共同体

米オハイオ州で礼拝所閉鎖禁止法 州内には世界最大のアーミッシュ共同体

現代技術を使わない昔ながらの生活様式を守るキリスト教の一派「アーミッシュ」の世界最大の共同体がある米中西部オハイオ州で16日、地方自治体の首長や公務員が、キリスト教会を含む特定地域の礼拝所の閉鎖を命じることなどを禁止する法律が成立した。

2020年09月25日17時26分

「教会は必須か」で国論が二分 信教の自由めぐる米福音派の闘争(1)

「教会は必須か」で国論が二分 信教の自由めぐる米福音派の闘争(1)

新型コロナウイルス対策における教会の扱いをめぐり、米国では感染の危険性があってもBLM運動は黙認し、同様の信教・思想の自由を享受するはずの教会は規制する州を中心に「教会は必須か」という議論が何カ月にもわたって続いている。

2020年09月25日8時04分

イラク・モスル

モスル大司教が「サハロフ賞」受賞候補に IS襲撃下で写本800点守る

イラク北部の都市モスルのナジーブ・モウサ・マイケル大司教が、「サハロフ賞」の受賞候補に指名された。モウサ大司教は、過激派組織「イスラム国」がモスルに侵攻してきた際、市民の避難を助けただけでなく、貴重な歴史的写本約800点の保護にも尽力した。

2020年09月23日17時36分

「真珠湾からゴルゴダへ」 朗読劇で淵田美津雄の数奇な人生と向き合う俳優の水澤心吾さん

「真珠湾からゴルゴダへ」 朗読劇で淵田美津雄の数奇な人生と向き合う俳優の水澤心吾さん

「トラ・トラ・トラ(ワレ奇襲ニ成功セリ)」。真珠湾攻撃で空中攻撃隊の総指揮を執り、この有名な暗号文を打電した淵田美津雄。その彼が、戦後に劇的な回心を経験してキリスト教伝道者となり、米国にまで渡って平和の福音を伝えたことはあまり知られていない。

2020年09月22日8時58分

馬三家からの手紙・孫毅

中国政府の人権迫害に迫る映画「馬三家からの手紙」 ネット配信スタート

中国政府による人権迫害を取り上げた映画「馬三家(マサンジャ)からの手紙」のネット配信が、18日からアマゾン・プライム・ビデオなど計16の動画配信サービスで始まった。

2020年09月21日16時07分

前教区会計の資金流用、カトリック長崎大司教区が謝罪 「重大な不手際」

教区資金2・5億円流用、カトリック長崎大司教区が謝罪「重大な不手際」

カトリック長崎大司教区で会計を担当していた司祭が2013年、教区の資金2億5千万円を無断で流用し、そのうち2億3200万円を損失した問題について、同教区は今月発行の機関紙「カトリック教報」で「重大な不手際」だったことを認めて謝罪した。

2020年09月18日16時34分

教会もっと読む

教会活動の制限、19日から緩和 カトリック東京大司教区

カトリック東京大司教区は14日、新型コロナウイルスの感染拡大防止で求めている教会活動の制限を19日から緩和することを公式サイトで発表した。これまで自粛を要請してきた75歳以上の高齢者についてもミサへの参加を認める方針を示した。

神学・教育もっと読む

立教学院と立教女学院が協定締結 短大廃止で立教大の定員増加へ

学校法人立教学院(東京都豊島区)と学校法人立教女学院(同杉並区)は20日、両学院の建学の精神であるキリスト教に基づく教育実践と、両学院の相互協力と連携体制を構築するため、6月26日に協定を締結したと発表した。

宣教もっと読む

コロナ禍でも旧街道を歩いて伝道 「ウォーク・ウィズ・ジーザス」

毎年晩夏から初秋にかけて開催されている「ウォーク・ウィズ・ジーザス」が10日、始まった。旧街道を歩いて伝道する取り組みで、12年目となる今年は、台風の影響で歩き残した昨年の鎌倉街道の一部約36キロを、トラクトを配りながら2日かけて歩く。

国際もっと読む

社会もっと読む

台風10号で大浦天主堂など「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に被害

大型で強い勢力のまま九州の西側を通過した台風10号により、大浦天主堂(長崎市南山手町)の瓦が飛ぶなど、世界文化遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産で被害があった。同天主堂では、屋根の瓦約50枚が剥がれる被害が確認された。

文化もっと読む