神学書を読む(41)「創造論・進化論」論争を科学者側から解説した名著 『聖書と科学のカルチャー・ウォー』

「創造論・進化論」論争を科学者側から解説した名著 『聖書と科学のカルチャー・ウォー』

米国は不思議な国だ。世界最先端の科学技術を持ち、世界経済のトップランナーである一方、2千年前の書物(聖書)を今なお後生大事に国家の根幹に据えている。世界の多くから疑問視され、解説され、そして「そういう国がアメリカだ」と啓蒙され続けてきた。

2019年01月16日19時59分

「キリストの愛が世界を和解と一致へ」 WCC、第11回大会テーマ発表

「キリストの愛が世界を和解と一致へ」 WCC、第11回大会テーマ発表

世界教会協議会(WCC、本部・ジュネーブ)は10日、ドイツのカールスルーエで2021年に開催する第11回大会テーマを「キリストの愛が世界を和解と一致へ」(仮訳)と発表した。

2019年01月16日11時47分

映像を通して聖書を伝える 第3回聖書動画コンテスト

映像を通して聖書を伝える 第3回聖書動画コンテスト

聖書から着想を得た動画作成のアイデアや技術を競う「第3回聖書動画コンテスト・アワード」が14日、ユナイテッド・シネマ豊洲(東京都江東区)であった。48の応募作品の中からノミネートされた20作品が上映され、最優秀賞や作品賞が選ばれた。

2019年01月15日7時27分

関西学院大で阪神・淡路大震災メモリアルチャペル 160人が追悼の祈り

関西学院大で阪神・淡路大震災メモリアルチャペル 160人が追悼の祈り

関西学院大学は西宮上ケ原キャンパス(兵庫県西宮市)のランバス記念礼拝堂で9日、阪神・淡路大震災のメモリアルチャペルを開催した。チャペルには学生や教職員、地域住民ら約160人が参加、追悼の祈りをささげた。

2019年01月13日22時05分

「義足のランナー」オスカー・ピストリウス、刑務所内で聖書の学び

「義足のランナー」オスカー・ピストリウス、刑務所内で聖書の学び

殺人罪で服役中の南アフリカの元パラリンピック陸上選手、オスカー・ピストリウス受刑者(32)が、刑務所内で「筋金入り」の受刑者らと毎週、聖書の学びをしているという。

2019年01月12日11時03分

キリスト教一致祈祷週間、18日から 日本でも各地で集会

キリスト教一致祈祷週間、18日から 日本でも各地で集会

カトリックとプロテスタントの諸教会が毎年合同で開催している「キリスト教一致祈祷週間」が、18日から25日まで全世界で行われる。日本でも、この期間に合わせて全国各地の教会で集会が開かれる。今年のテーマは、「ただ正しいことのみを追求しなさい」。

2019年01月11日21時00分

ベツレヘム聖誕教会で発見された12世紀のモザイク壁画 古代オリエント博物館でクローズアップ展示

ベツレヘム聖誕教会で発見された12世紀のモザイク壁画 古代オリエント博物館でクローズアップ展示

現存する最古の教会堂とされるベツレヘム聖誕教会の修復作業中に発見された12世紀のモザイク壁画を紹介するクローズアップ展示が、古代オリエント博物館で開かれている。写真パネルや動画を用いて、保存修復作業の様子や、その過程での発見を紹介している。

2019年01月11日23時02分

ナイトdeライトとサポートチャイルドの動画作成をクラウドファンディングで ハンガーゼロが呼び掛け

ナイトdeライトとサポートチャイルドの動画作成をクラウドファンディングで ハンガーゼロが呼び掛け

北海道を中心に活動する男性4人組の人気ロックバンド「ナイトdeライト」とサポートチャイルドの動画を作成するため、ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)が、インターネット上の「クラウドファンディング」で100万円の寄付を募っている。

2019年01月10日20時19分

ローマ教皇フランシスコ

「憎しみながら生きるクリスチャンより不信者の方がまし」 教皇、2019年最初の一般謁見で

ローマ教皇フランシスコは、バチカンの「パウロ6世記念ホール」で行われた2019年最初の一般謁見で、教会に通いながらも誰かを憎しみ続けるクリスチャンより、不信者の方がましだと述べた。

2019年01月10日23時51分

公認教会にも伸びる中国政府の手 「ほかに神があってはならない」十戒第一戒の削除を強要

公認教会にも伸びる中国政府の手 「ほかに神があってはならない」十戒第一戒の削除を強要

キリスト教会に対する多くの迫害が伝えられている中国で、共産党当局による圧力が政府公認教会にも及んでいる。旧約聖書に記されている「十戒」の最初の戒めが不適切だとして削除するよう強要されたのだ。

2019年01月10日17時23分

フェリス女学院大「週刊SPA!」に抗議 「女性軽視、女性蔑視」

扶桑社が発行する男性誌「週刊SPA!」が昨年12月25日号で、大学の実名を挙げて女子大学生を性的にランク付けする内容の記事を掲載した問題で、フェリス女学院大学は9日、「女性軽視、女性蔑視といえる内容」と抗議する声明を発表した。

2019年01月10日17時03分

聖書をメガネに 稲垣久和編『神の国と世界の回復』への応答・その1 宮村武夫

聖書をメガネに 稲垣久和編『神の国と世界の回復』への応答・その1 宮村武夫

本書『神の国と世界の回復―神の国と世界の回復』には、長い稲垣久和先生との交わりの中で常に意識され続けてきた中心的課題が取り上げられています。各論の論者とその主題を一瞥(いちべつ)しただけでも、おのずから興味が湧いてきます。

2019年01月10日14時14分

故ジョージ・H・W・ブッシュ米元大統領の「隠れた善行」

故ジョージ・H・W・ブッシュ米元大統領の「隠れた善行」

昨年11月に94歳で亡くなった米国の故ジョージ・H・W・ブッシュ(父)元大統領の「隠れた善行」の一つがこのほど、明らかにされた。元大統領という立場を伏せながら、キリスト教慈善団体を通じて、フィリピン人の少年を経済的に支援していたのだ。

2019年01月09日11時10分

教会もっと読む

神学・教育もっと読む

「平信徒」として福音の喜びに生かされることの重要性 新井明氏選集出版

日本を代表するミルトン研究者で、文学者や教育者として若者たちに向き合い、数多くの講話を残してきた新井明氏の選集第1巻がこのほど出版された。新井氏の文章をより多くの人に読んでもらいたいと、新井氏が指導した経堂聖書会の有志が企画した。

宣教もっと読む

「日本のリバイバルのきっかけとなるイベントに」 国家晩餐祈祷会、来年から「国家朝餐祈祷会」へ

日本のキリスト教界を代表する行事の一つとして定着した国家晩餐祈祷会が、来年から「国家朝餐祈祷会」に生まれ変わる。今までの伝統を受け継ぎながら、第19回として来年6月12日午前8時から、ヒルトン東京お台場(東京都港区)で開催される。

国際もっと読む

香港プロテスタント、黒の喪服で礼拝参加 中国本土の迫害受け

香港のプロテスタント信者数百人が、昨年12月23日と30日の礼拝に黒の喪服で参加した。中国本土のプロテスタント教会の多くが抑圧されていることを覚えようという目的で、黒の喪服を着用するアイデアが12月初めから広まった。

社会もっと読む

文化もっと読む

コラム

人気記事ランキング

フェイスブックの最新投稿