穂森幸一の記事一覧

穂森幸一

日出ずる国の役割 穂森幸一(145)

イソップ童話の中に「北風と太陽」の話があります。旅人の厚い外套をどちらが脱がすことができるか競争しようという話です。北風は強い風を吹き付けて脱がそうとしますが、旅人は外套を手放すまいと必死で握りしめます。

2019年11月28日22時09分

穂森幸一

神々の国の一神教 穂森幸一(144)

日本は発達した文明国の中で、一神教が浸透できなかった唯一の国であるといわれています。確かにキリスト教は、宣教開始から150年目を迎えても、クリスチャンの数は総人口の1パーセント未満だといわれます。

2019年11月14日18時59分

穂森幸一

日本文化の特質と宣教の課題 穂森幸一(143)

ヨーロッパでは、日本のことを極東と呼んでいます。私たちが北極とか南極とか呼ぶ極地扱いなのです。西洋人にとっては東の果てにある島国という印象が長い間あったのだろうと察しがつきます。

2019年10月31日14時52分

穂森幸一

日本人の特質 穂森幸一(142)

秋になると朝晩、鈴虫やコオロギなど虫の音が聞こえるようになり、季節の風情を感じるようになります。ところが、虫の音に風情や趣を感じるのは日本人とポリネシア人だけだといいます。その他の人々には雑音にしか聞こえないそうです。

2019年10月17日17時50分

穂森幸一

人生の式典 穂森幸一(141)

イスラム教徒の青年が、日本の神社を訪ねたことがありました。彼はその宗教施設に足を踏み入れたとき、とても不思議な感覚に襲われました。そこは木々に囲まれたとても静かな環境でした。

2019年10月03日19時29分

穂森幸一

体をむしばむ化学物質 穂森幸一(140)

私がまだ神学生だったときですが、ひどい風邪をひいたことがあります。「風邪をひいたので、奉仕活動に参加できません」と言ったら、一人のアメリカ人宣教師が「風邪をひくことは罪です」と言いました。

2019年09月20日20時48分

穂森幸一

生きる力を与える人 穂森幸一(139)

ある女性が「うちの教会の牧師はギラギラしていて嫌いだ」とSNSに投稿しているのを見ました。このギラギラというのはどういう意味なのだろうかと、私自身の牧師としての現役時代を思い起こしながら考えてみました。

2019年09月05日11時28分

穂森幸一

シンプルライフの旅人 穂森幸一(138)

ある時、米国人の夫婦が日本に短期滞在して活動しなければならなくなり、ホテルではなく住居が必要になったことがあります。こちらでは短期の賃貸マンションなどの契約は難しいため、マンスリーマンションを用意しました。

2019年08月22日11時23分

穂森幸一

悪の根源は自分なり 穂森幸一(137)

ある男性は、小学校、中学校時代、非常に反抗的な態度をとっていました。そして特に母親に対して恨みを持っていました。母親から自分は無視されている愛されていないと感じていたからです。

2019年08月08日7時04分

穂森幸一

真実の声に耳を傾けよ 穂森幸一(136)

私たちの周りにはさまざまな通信手段があり、SNSやブログなどにより瞬時に地球の反対側の人々ともつながることのできる便利な世の中です。欲しい書籍があれば、通販ですぐに取り寄せることができます。テレビやラジオも一日中情報を発信し続けています。

2019年07月25日14時58分

穂森幸一

東方の憧れの国 穂森幸一(135)

古代よりユダヤ教、キリスト教、儒教、仏教、道教など世界の宗教が日本に到達しており、日本文化に大きな影響を及ぼしています。これより後の時代は、日本に到達した宗教が開花し、日本人が世界のリーダーとして使命を果たすときだと思います。

2019年07月11日12時21分

穂森幸一

神の定めの時 穂森幸一(134)

日本と古代ユダヤ人との関わりとかについて語り出すと、とんでもないおとぎ話と受け取る方もいらっしゃいます。しかし、ユダヤの痕跡は、確かに日本の各地に残されています。

2019年06月27日12時39分

穂森幸一

将来の夢と希望 穂森幸一(133)

かわいい子どもが親に虐待されて死んでしまったという話題などがテレビに出てくると、いたたまれない気持ちになり、思わずチャンネルを変えてしまうこともあります。また、学校でのいじめの問題も減少するどころか陰湿化していると聞きます。

2019年06月13日18時34分

穂森幸一

祖国と同胞への愛 穂森幸一(132)

長い間、日本のクリスチャン人口は総人口の1パーセントといわれていましたが、最近の調査によれば、0・8パーセントになっているといわれます。しかも牧師の平均年齢がかなり高くなり、50歳以下の方は1割しかいないともいわれます。

2019年05月30日12時16分

穂森幸一

平和な家庭 穂森幸一(131)

私が牧師研修ということで弟子化訓練プログラム(discipleship)を学ぶために4カ月ほど渡米していたことがあるのですが、その時にプログラムの企画者からホテルではなく、ホームステイするように指示されました。

2019年05月16日14時52分

穂森幸一

聖なる仲介者 穂森幸一(130)

この世の中は、もめ事やトラブルに満ちています。いつ何時、自分に災難が降りかかってくるかもしれないという覚悟をしなければ生きていけないような気がします。また、濡れ衣を着させられて、無実の罪を押し付けられるような事態が発生するかもしれません。

2019年05月02日21時21分

穂森幸一

赦しの秘跡 穂森幸一(129)

もし赦しを実現できるなら、気持ちも軽やかになり、心も晴れ晴れとするでしょうが、人は「あの人のあの行為だけは絶対に赦せない、あの言葉は死んでも忘れない」という思いを潜在意識の中に潜めているといわれます。

2019年04月18日21時33分

穂森幸一

結婚生活に潜む誘惑 穂森幸一(128)

「自分は誘惑には負けません」と断言できる人は、この地球上には滅多にいないと思います。「自分の肉体は弱い」ということを自覚し、祈り続けるしか道はないということを心に刻むしかありません。

2019年04月04日12時00分

穂森幸一

人の好き嫌いの克服 穂森幸一(127)

ある人が自分の人生訓について話されました。小さい子どもの時、祖父が繰り返し教えていたことは、「うそをつくな。食べ物の好き嫌いをするな。人の好き嫌いをするな」という3つの教えだったそうです。

2019年03月21日18時24分

穂森幸一

受け継がれる技能と働き 穂森幸一(126)

1543(天文12)年9月23日、マカオからマラッカに向かっていた中国のジャンク船が難破し、大隅国種子島(鹿児島県)に漂着します。乗員は100名だったといわれますが、その中に3名のポルトガル人が含まれていました。

2019年03月07日15時59分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース