穂森幸一

穂森幸一

あなたは何者ですか 穂森幸一(48)

これは米国に研修に行ったときに聞いた話ですが、ある牧師は子ども時代、兄弟が多く、決して恵まれているとはいえない環境だったそうです。いよいよ故郷を離れて都会へ出ていくときに、母親は次のように話したそうです。

2016年08月12日11時13分

穂森幸一

「私は、どんなことでもできるのです」 穂森幸一(47)

私たちは自分の置かれた状況に不満を持ったり、悲運を嘆いたりすることがあります。しかし、ピリピ書にある使徒パウロの言葉は私たちを勇気づけてくれます。

2016年08月05日22時49分

穂森幸一

「いのちのことばを掲げよ」 穂森幸一(46)

もう30年くらい前になりますが、ヨルダンのペトラ遺跡を訪ねたことがあります。その時に、ヨルダンの高校生のグループが学校のクラス旅行ということで訪れていました。その1人に話しかけたところ、とっても驚いていました。

2016年07月29日20時03分

穂森幸一

「ふたりは一体となる」 穂森幸一(45)

日本の離婚率が欧米並みになったというあまりうれしくないニュースを耳にしたことがあります。離婚を簡単にするというよりも、結婚生活の成立と存続に困難が生じる場合が多々あるようです。

2016年07月22日21時58分

穂森幸一

死から「いのち」に 穂森幸一(44)

数カ月前のことですが、インターネットニュースに、真意のほどは分かりませんが、20歳若返る技術が開発されたとありました。

2016年07月16日13時52分

穂森幸一

家庭における人間関係の絆 穂森幸一(43)

熊本地震の時は九州全体が揺れて、地震の規模が大きかったと鹿児島でも体感できました。被害を受けられた方々にはお見舞い申し上げます。家族や知人を亡くされた方々の上に主の慰めがありますように祈ります。

2016年07月08日21時01分

穂森幸一

「その翼には、いやしがある」 穂森幸一(42)

自分の若い時を振り返れば、至らないことばかりで恥ずかしい限りです。「伝道最優先」と叫びながら、大した伝道はしていませんでした。経済的不安定のために子どもたちには迷惑のかけっぱなしでした。

2016年07月01日10時20分

穂森幸一

シドッチ神父の信仰 穂森幸一(41)

4月の初めに「東京の文京区のマンション工事現場で発見された人骨が300年前のイタリア人宣教師のものと断定された」というヤフーニュース速報に驚きを覚えました。

2016年06月24日22時33分

穂森幸一

人の子か来たのは、仕えられるためではなく 穂森幸一(40)

人間は無意識のうちに優劣をつけたがり、他の人よりも自分が優秀だと思いたがる傾向があるといわれています。イエスの弟子たちは皆対等であり、一人秀でているとかいうわけではありませんでした。

2016年06月17日18時19分

穂森幸一

私は、私を強くしてくださる方によって、どんなことでもできるのです 穂森幸一(39)

「鹿児島に一泊40万円する高級ホテルができたらしい」と聞いたときは、そんなところに宿泊する人はいるのだろうかと驚きました。しかも「2年先まで予約でいっぱいになっている」という話にも驚きました。

2016年06月10日17時42分

穂森幸一

甘いワインの香りの満ちる安息日 穂森幸一(38)

今から5千年前に造られたエジプトの王の墓から、ワインの壺が発見されたというニュースを新聞で見た記憶があります。しっかりと漆喰(しっくい)で封印されていたので、原液が蒸発せずに残っていたようです。

2016年06月03日21時37分

穂森幸一

人生にハプニングはつきものです 穂森幸一(37)

私はホテルのチャペル結婚式の司式もさせていただいていますが、予期しないハプニングが起こるのは珍しいことではありません。あるチャペルで司式をしていたとき、チャペルの正面に飾ってあった大きな花瓶が突然床に落下し、割れて粉々になりました。

2016年05月27日11時31分

穂森幸一

すべての事について、感謝しなさい 穂森幸一(36)

これは米国の西海岸の教会を訪れたときの体験談です。朝の礼拝に出席していたら、その教会の牧師から夕礼拝で何か話をしてくれと依頼されました。それは特別な礼拝でした。

2016年05月20日7時15分

穂森幸一

神に不可能なことは何もないのです 穂森幸一(35)

聖書のルカの福音書に、リストラに直面しているお金持ちの執事の話が出てきます。この執事のとった行動を主イエスが褒められたとあります。リストラや生活苦に苦しむ中高年が学ばなければならないヒントが隠されているように思います。

2016年05月13日6時53分

穂森幸一

この希望は失望に終わることがありません 穂森幸一(34)

先日、鹿児島で開かれた経済セミナーで、東京近郊で評判になっている町の電器屋さんを経営しておられる方のお話しを聞く機会がありました。テレビの全国ネットでも取り上げられている電器屋さんです。

2016年05月06日6時13分

穂森幸一

「金銀は私にはない。しかし、私にあるものを上げよう」 穂森幸一(33)

私は「お金がないからできない」という言葉を、自分が行動を起こさないことの理由づけにしているように思います。また、新聞を開いても「予算がないから、いい政策が進められない」という文言が目に入ることがあります。

2016年05月01日20時39分

穂森幸一

ヨベルの年の恵みは生きています 穂森幸一(32)

旧約聖書のレビ記に「ヨベルの年」が定められています。ヨベルの年がやってくると、負債は解消され、失った所有地も戻り、奴隷の身分になっていたものも自由の身に解放されるというものです。

2016年04月22日21時33分

穂森幸一

人生は草花のようです 穂森幸一(31)

最近、老後破綻のことが話題になっています。現職時代、高給取りだった人が破綻してしまうケースが多いそうです。生活のペースを落とすことができず、買い物などを同じようにしていると、退職金や貯金はたちまち底をついてしまうそうです。

2016年04月15日20時02分

穂森幸一

「わたしは、戸の外に立ってたたく」 穂森幸一(30)

これは米国の教会を訪問していたときに聞いた、ある伝道者のメッセージです。「ある地方に、姿を変えられたキリストが現れました。そして、その町の教会を訪問されました」

2016年04月08日21時17分

穂森幸一

この方(イエス・キリスト)以外に救いはありません 穂森幸一(29)

ある統計によると、10年後は日本の地方の神社の40パーセントが消滅しているだろうといわれています。人口減少、過疎化、限界地域の出現によって維持できなくなってしまうという論拠です。

2016年04月01日21時30分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース