国際

米国際宗教自由委員会、「特に懸念のある国」にインドを新たに指定勧告

米国際宗教自由委員会、「特に懸念のある国」にインドを新たに指定勧告

米国際宗教自由委員会が、2020年の年次報告書を発表した。報告書では、スーダンなどで大きな改善があったとする一方、インドなどでは深刻な悪化が見られたとし、「特に懸念のある国」として、インドを含む計14カ国を指定するよう米国務省に勧告した。

2020年05月12日16時47分

コロナウイルスの世界の中、神はどこにいるのか? オックスフォード大教授インタビュー

コロナウイルスの世界の中、神はどこにいるのか? オックスフォード大教授インタビュー

オックスフォード大学の数学者でクリスチャンのジョン・レノックス氏が書籍『コロナウイルスの世界の中、神はどこにいるのか?』を出版し、「愛である神が、なぜ新型コロナウイルスのような存在を許されたのか」などの問いに向き合った。

2020年05月11日19時10分

米国家祈祷日、ライブ配信で開催 オーラル・ロバーツ大学長、コロナは「リバイバルの前触れ」

米国家祈祷日、ライブ配信で開催 オーラル・ロバーツ大学長、コロナは「リバイバルの前触れ」

米国で7日、毎年恒例の「国家祈祷日」が持たれた。例年は全米各地の約6万カ所で、国家のために祈るイベントが開催されるが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大により、インターネットによるライブ配信で開催された。

2020年05月10日23時55分

女性・子どもの泣き叫ぶ声 中国警察、礼拝中の「家の教会」を強襲 信徒数人が負傷

女性・子どもの泣き叫ぶ声 中国警察、礼拝中の「家の教会」を強襲 信徒数人が負傷

中国福建省厦門(アモイ)市で3日、政府非公認の「家の教会」が警察による暴力的な取り締まりを受け、信徒数人が負傷するなどした。動画には、警官ら数十人が押し寄せ力尽くで押さえ込む姿が映っており、女性や子どもたちが泣き叫ぶ声も聞こえる。

2020年05月08日23時57分

ドイツの教会で礼拝再開 接触制限は継続、賛美や握手は禁止

ドイツの教会で礼拝再開 接触制限は継続、賛美や握手は禁止

新型コロナウイルスの感染防止のため、約1カ月半にわたってさまざまな施設の閉鎖措置が取られていたドイツで、教会などの再開が今週から許可され、日曜日の3日には多くの教会で対面式の礼拝が行われた。

2020年05月07日16時29分

世界教会協議会のトヴェイト前総幹事、韓国の国民勲章を受章

世界教会協議会のトヴェイト前総幹事、韓国の国民勲章を受章

世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ・トヴェイト前総幹事(59)=ノルウェー教会・被選総裁監督=が5日、韓国の国民勲章「冬柏章」を受章した。「朝鮮半島の和平と和解に向けた取り組みを通して韓国の発展に偉大な貢献をした」と評価された。

2020年05月06日22時20分

ローマ教皇フランシスコ

5月14日は諸宗教で心合わせ「祈りと断食を」 教皇が呼び掛け

ローマ教皇フランシスコは3日、正午の「アレルヤの祈り」で、5月14日(木)を「祈りと断食の日」とし、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の収束のために、諸宗教の指導者や信者と共に心を合わせて祈り断食するよう呼び掛けた。

2020年05月05日17時36分

「イスラム国」に破壊されたイラクの教会、再建始まる

「イスラム国」に破壊されたイラクの教会、再建始まる

イラク北部モスルで、過激派組織「イスラム国」(IS)に破壊された150年近い歴史のある教会の再建工事がこのほど始まった。再建工事が始まったのは、1870年代に建てられた「時の聖母マリア修道院教会」(別名:アル・サーア教会)。

2020年05月04日23時49分

5月、10億人に福音を伝えよう 「GO2020」キャンペーン始まる

5月、10億人に福音を伝えよう 「GO2020」キャンペーン始まる

5月の1カ月間に世界で10億人に福音を伝えることを目指すキャペーン「GO2020」が始まった。新型コロナウイルスの影響を受ける人々のために祈り、助けの手を差し伸べるとともに、「キリストにあって抱いている希望」を分かち合うよう呼び掛けている。

2020年05月03日8時16分

教会

米教会、新型コロナで65%が献金減少 小規模教会は存続に危機感

新型コロナウイルスの感染拡大により、全米の65%の教会で献金が減少していることが最近の調査で分かった。献金の減少率で見ると、34%の教会で10~20%、22%の教会で30~50%、9%の教会で75%以上献金が減ったという。

2020年04月30日19時59分

イエズス会発行「チビルタ・カットリカ」誌、簡体字中国語版を創刊

イエズス会発行「チビルタ・カットリカ」誌、簡体字中国語版を創刊

カトリック男子修道会イエズス会発行の「チビルタ・カットリカ」誌は、今年創刊170周年を迎えたことを機に13日、簡体字中国語版「公教文明」を創刊した。1850年創刊のチビルタ・カットリカは、カトリック定期刊行物の中でも最古の一つ。

2020年04月27日10時13分

聖書翻訳とAI使い少数民族にコロナ関連情報を提供 500以上の少数言語に翻訳

聖書翻訳とAI使い少数民族にコロナ関連情報を提供 500以上の少数言語に翻訳

世界各国の政府は、新型コロナウイルスに関するさまざまな注意喚起を行っている。しかし少数民族の多くは独自の言語を話すため、正確な情報が届かない恐れがある。こうした中、聖書翻訳とAIを用いて感染予防に関する情報を翻訳する取り組みが行われている。

2020年04月25日22時28分

中国政府が人工知能用いた「迫害システム」構築中 迫害監視団体が警鐘

オンライン礼拝でも迫害受ける中国の教会、イースターに信者6人一時拘束

中国最大規模の政府非公認教会(家の教会)の一つであった秋雨聖約教会の教会員6人が、オンラインで行われていたイースター礼拝に参加中、公安局員らに自宅から連行されていたことが分かった。迫害監視団体「国際キリスト教コンサーン」が明らかにした。

2020年04月24日12時50分

米ウィロークリーク教会、新主任にデビッド・ダンミット牧師

米ウィロークリーク教会、新主任牧師にデビッド・ダンミット氏

米イリノイ州のウィロークリーク・コミュニティー教会は15日、ミシガン州出身のメガチャーチ「2/42コミュニティー教会」牧師のデビッド・ダンミット氏(46)が同教会の新主任牧師に就任すると発表した。宗教専門RNS通信などが報じた。

2020年04月21日11時35分

ティーンチャレンジ元世界代表のドン・ウィルカーソン牧師、新型コロナに感染も回復

ティーンチャレンジ元世界代表のドン・ウィルカーソン牧師、新型コロナに感染も回復

世界125カ国で活動する依存症回復支援団体「ティーンチャレンジ」。その各国の働きを束ねる「グローバル・ティーンチャレンジ」の元代表であるドン・ウィルカーソン牧師(80)が新型コロナウイルスに感染し、一時重篤な状態になったものの回復を果たした。

2020年04月21日9時08分

ローザンヌ運動と世界福音同盟、新型コロナのウェビナー開催 今夜10時

ローザンヌ運動と世界福音同盟、新型コロナのウェビナー開催 今夜10時

ローザンヌ運動と世界福音同盟が構成するネットワーク「Health for All Nations」が、日本時間17日午後10時から、新型コロナウイルスから学ぶことのできる教訓や信頼できる情報源などについてのウェビナーを開催する。

2020年04月17日21時44分

バチカン、新型コロナ対応で新委員会設立 パンデミック後の影響分析や対策提案

バチカン、新型コロナ対応で新委員会設立 パンデミック後の影響分析や対策提案

バチカン(ローマ教皇庁)人間開発省は15日、新型コロナウイルス感染症(COVID–19)の世界的な拡大に対応するため、新たに「COVID–19委員会」を設立したと発表した。

2020年04月17日20時29分

ジョン・パイパー

新型コロナウイルスをどう理解すればよいか? 米神学者ジョン・パイパー氏が見解

世界で感染者が200万人を超え、死者も14万人以上に上っている新型コロナウイルス感染症。収束の兆しはいまだ見えず、各国が対策に奔走している。多くの人命を奪い続けているこの歴史的なパンデミックを、神を信じるクリスチャンはどう理解すればよいのか。

2020年04月17日12時00分

妊婦含めキリスト教徒32人惨殺 フラニ族が新型コロナで封鎖中の村襲撃

妊婦含めキリスト教徒32人惨殺 フラニ族が新型コロナで封鎖中の村襲撃

ナイジェリア中部の複数の村が武装勢力に襲撃され、キリスト教徒少なくとも32人が死亡した。村は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため封鎖中で、自宅に留まっていた人々を狙った犯行とみられている。

2020年04月15日22時59分

新型コロナ感染拡大の中、米で聖書の売り上げ急増

新型コロナ感染拡大の中、米で聖書の売り上げ急増

米国の聖書出版社によると、聖書の売り上げがここ最近、増加しているという。新型コロナウイルスの感染拡大の影響とみられている。2001年の米同時多発テロ発生時にも、聖書の売り上げが増加したことがあったという。

2020年04月15日11時53分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース