国際

「和解の扉開いた」 シュトゥットガルト罪責宣言から75年、ドイツで記念礼拝

「和解の扉開いた」 シュトゥットガルト罪責宣言から75年、ドイツで記念礼拝

第2次世界大戦後間もなく、ドイツの教会が戦争に関わる罪を告白した「シュトゥットガルト罪責宣言」が発表されてから75周年を迎え、宣言発表の地であるドイツ南部の都市シュトゥットガルトで18日、記念礼拝が行われた。

2020年10月24日22時17分

中国・バチカン

バチカン・中国、司教任命めぐる暫定合意を2年延長 「有益」と判断

バチカンと中国は22日、この日終了期限を迎えた司教任命をめぐる暫定合意について、2年延長すると発表した。バチカン広報局は、2年前に締結したこの合意について「有益」だったとし、延長は「開かれた建設的な対話の継続を意図するもの」としている。

2020年10月23日13時33分

ローマ教皇フランシスコ

教皇フランシスコ、同性愛者の「シビルユニオン」支持を明言 歴代教皇初

教皇フランシスコは、同性カップルにも婚姻に準じた法的権利を与える「シビルユニオン」を認めるべきだとする考えを示した。カトリック教会はこれまで、シビルユニオンの支持は「逸脱した行為を承認する」ことだとしており、教皇の表明はこれを覆すもの。

2020年10月22日20時52分

バチカン・サンピエトロ大聖堂

世界のカトリック信者は13・2億人、信者増も聖職者減 最新統計発表

18日の「世界宣教の日」を前に、バチカン(ローマ教皇庁)福音宣教省が管轄するフィデス通信は16日、カトリック教会の最新の統計を発表した。それによると、世界のカトリック信者は前年比1571万6千人増の13億2899万3千人だった。

2020年10月19日18時47分

IS斬首のコプト教徒21人、最後の遺骨が5年経てエジプトに返還

IS斬首のコプト教徒21人、最後の遺骨が5年経てエジプトに返還

2015年にリビア北部の都市スルトの海岸で過激派組織「イスラム国」(IS)に斬首されたコプト教徒21人の1人でガーナ人のマシュー・アヤリガさんの遺骨が、5年余りの月日を経てエジプトに返還され、他の20人と共に安置された。

2020年10月19日12時05分

アルカイダ系テロ組織、拉致した修道女や宣教師らの映像公開

スイス人女性宣教師が殉教、アルカイダ系組織が4年前に拉致

スイス外務省は10日、西アフリカのマリで4年前にアルカイダ系の武装同盟組織に拉致されていたスイス国籍の人質が殺害されたと発表した。キリスト教迫害監視団体などによると、殺害されたのは宣教師のビアトリス・ストックリーさん。

2020年10月16日21時46分

同性婚の女性、退学処分めぐりフラー神学校を提訴

フラー神学校が勝訴、同性婚理由に退学可能 米カリフォルニア州連邦地裁

フラー神学校から同性婚を理由に退学させられた女性が、処分は不当だとして同校を相手取り米カリフォルニア州連邦地裁に起こした訴訟で、同地裁は7日、同校は校則で禁止している婚外交渉や同性婚を理由に、学生を退学処分にできるとする判決を下した。

2020年10月16日14時32分

コロナ・祈り

世界2億6千万人のクリスチャンが迫害に直面 WEAが「国際祈祷日」への参加呼び掛け

世界の迫害下にあるクリスチャンのために祈ろうと、世界福音同盟(WEA)信教の自由委員会が、「迫害下の教会のために祈る国際祈祷日」(IDOP)への参加を呼び掛けている。IDOPは毎年11月第1、第2日曜日で、今年は11月1日と8日。

2020年10月15日14時50分

ドナルド・トランプ ジョー・バイデン

残り3週間切った米大統領選 「福音派」の現状示す対照的な2つのサイト

2020年は、いろいろな意味で人々の記憶と記録に残る1年となるだろう。その中でも特に印象深い出来事となるのが、米大統領選と言っても過言ではない。昔も今も「米国がくしゃみをすると日本が風邪をひく」という構図は変わっていない。

2020年10月14日19時13分

アルカイダ系組織がイタリア人神父ら4人解放 西アフリカ・マリ

アルカイダ系組織がイタリア人神父ら4人解放 西アフリカ・マリ

国際テロ組織「アルカイダ」と関係のあるイスラム過激派のグループがこのほど、西アフリカのマリで長年拘束していたイタリア人のカトリック神父を含む4人を解放した。解放されたのは、アフリカ宣教会のピエルルイジ・マッカーリ神父(59)ら4人。

2020年10月14日15時58分

若者が教会を離れる理由 ヒラリー氏「人を裁きがちで、排他的だから」

若者が教会を離れる理由 ヒラリー氏「人を裁きがちで、排他的だから」

現代の多くの若者が教会を離れるのは、キリスト教があまりにも人を裁きがちで排他的だから――。元国務長官でメソジスト派(プロテスタント)の信仰を持つヒラリー・クリントン氏が最近、教会に関する自身の考えを語った。

2020年10月12日16時13分

マンチェスター大聖堂

英国国教会の児童性的虐待、調査報告発表 過去80年で390人が有罪

英国国教会の児童性的虐待に関する独立調査委員会は6日、1940年代から2018年までの約80年間に、同教会の聖職者や責任ある立場の人など計390人が性犯罪で有罪判決を受けていたことなどをまとめた報告書を発表した。

2020年10月10日23時16分

米キリスト教出版大手、退職合意違反で前社長提訴も取り消し 「友好的な解決」へ

米キリスト教出版大手、退職合意違反で前社長提訴も取り消し 「友好的な解決」へ

米南部バプテスト連盟(SBC)の出版部門「ライフウェイ・クリスチャン・リソーシーズ」の理事会は9月30日、緊急会議を開催し、退職合意書に違反した疑いがあるとしてトム・レイナー前社長を提訴したことについて協議し、訴訟を取り下げ、別の方法で解決を模索することを決めた。

2020年10月08日16時05分

米大衆伝道者グレッグ・ローリー氏がコロナ陽性 ホワイトハウスで感染か

米大衆伝道者グレッグ・ローリー氏がコロナ陽性 ホワイトハウスで感染か

米大衆伝道者のグレッグ・ローリー氏(67)は6日、自身のフェイスブックで、新型コロナウイルスの検査の結果、陽性であったことを明らかにした。ローリー氏は、集団感染が疑われているホワイトハウスの式典に出席していた。

2020年10月07日16時32分

ローマ教皇フランシスコ

兄弟愛と社会的友愛の希求を ローマ教皇、新回勅「フラテッリ・トゥッティ」発表

ローマ教皇フランシスコは4日、新回勅「フラテッリ・トゥッティ(Fratelli tutti、「兄弟である皆さん」の意)」を発表した。兄弟愛と社会的友愛を希求することを促す内容で、その背景には新型コロナウイルスによるパンデミックがある。

2020年10月06日17時36分

BSFの聖書学習アプリ、パンデミック中に利用者10倍増

BSFの聖書学習アプリ、パンデミック中に利用者10倍増

新型コロナウイルスのパンデミックの中、「バイブル・スタディー・フェローシップ」(BSF)が作成した聖書学習用のスマホアプリ「WordGo」が前代未聞のスピードで利用者を伸ばしている。

2020年10月05日22時40分

中国、キリスト教オンライン書店の店主に禁錮7年

中国、キリスト教オンライン書店の店主に禁錮7年

中国でキリスト教書を扱うオンライン書店「小麦書房」を経営していた店主の陳煜(チン・ユー)さんが9月27日、「違法な営業活動」をしていたとして、禁錮7年と罰金20万元(約310万円)の支払いを命じられた。

2020年10月05日7時39分

宣教師が命を懸けて伝えた福音 パプアのヤリ族に現地語聖書2500冊

宣教師が命を懸けて伝えた福音 パプアのヤリ族に現地語聖書2500冊

インドネシア領であるニューギニア島西側のジャングル地帯に住むヤリ族。最初にその地に足を踏み入れた宣教師たちは殉教したが、彼らが文字通り命を懸けて伝えようとした福音は今、ヤリ族の人々に確かに届けられている。

2020年10月03日16時44分

トルコ、2年でキリスト教徒60人を強制送還・入国禁止 WEAが国連人権理事会で批判

トルコ、2年でキリスト教徒60人を強制送還・入国禁止 WEAが国連人権理事会で批判

世界福音同盟(WEA)は、スイス・ジュネーブで開催されている国連人権理事会第45回会合で、トルコがこの2年間にプロテスタントのキリスト教徒60人以上を、正当な手続きなしに恣意的に強制送還または入国禁止にしたとして、決定の見直しを求めた。

2020年10月02日15時21分

フランシス・コリンズ氏がテンプルトン賞受賞 分裂社会で「調和」呼び掛ける

フランシス・コリンズ氏がテンプルトン賞受賞 分裂社会で「調和」呼び掛ける

米国立衛生研究所所長で、世界的に著名な生命科学者であるフランシス・コリンズ氏(70)が、宗教界のノーベル賞と呼ばれる「テンプルトン賞」を受賞した。クリスチャンのコリンズ氏、信仰と科学の調和を目指す「バイオロゴス財団」の創設者でもある。

2020年10月02日12時03分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース