国際

カルデア典礼カトリック教会のルイス・ラファエル・サコ総大司教

カルデア典礼総大司教、クリスマス祝祭中止を発表 イラク情勢受け

バグダッド発でバチカン(ローマ教皇庁)福音宣教省の機関通信「フィデス」が伝えるところでは、今年のクリスマスに、イラクのカルデア典礼カトリック教会は、教会や街頭にクリスマスツリーを飾らず、総主教座で祝典や祝会を行わない。

2019年12月10日7時19分

バチカン福音宣教省新長官にマニラ大司教タグレ枢機卿

バチカン福音宣教省新長官にマニラ大司教タグレ枢機卿

ローマ教皇フランシスコは8日、バチカン(ローマ教皇庁)福音宣教省の新長官に、マニラ大司教のルイス・アントニオ・タグレ枢機卿を任命した。福音宣教省長官を務めていたフェルナンド・フィローニ枢機卿は、「聖墳墓騎士団」団長に任命された。

2019年12月10日7時19分

「希望の神学」のモルトマン氏、「ポスト真実」時代の「真理の精神」語る

「希望の神学」のモルトマン氏、「ポスト真実」時代の「真理の精神」語る

世界教会評議会(WCC)は2日、「希望の神学」で世界的に知られるドイツの神学者ユルゲン・モルトマン氏(93)を講師に招き公開講演を開催した。モルトマン氏は「ポスト真実(post-truth)」の時代における「真理の精神(spirit of truth)」をテーマに語った。

2019年12月09日13時21分

トビーマック、長男が突然死 寄せられた励ましと愛に感謝のメッセージ

トビーマック、長男が突然死 寄せられた励ましと愛に感謝のメッセージ

グラミー賞受賞経験のある米著名クリスチャンラッパー、トビーマック(55)が11月24日、10月に突然死した長男トゥルエットさん(21)の葬儀の写真と共に、これまで寄せられてきた励ましや愛に感謝する心温まるメッセージをつづった。

2019年12月03日5時57分

ブルキナファソで教会襲撃、14人死亡

西アフリカのブルキナファソ東部コモンジャリ県で武装勢力が教会を襲い、子どもと司祭を含む14人が死亡した。AP通信が同国国防省の発表をもとに伝えた。武装集団が教会を襲ったのは、報道によると12月1日。

2019年12月02日16時57分

韓国人宣教師、トルコ南部で刺殺される

「アシスト・ニュース」によると、トルコでこの5年間、宣教活動に従事していた韓国人キム・ジンウク牧師(41)が11月22日、刺殺された。キム牧師殺害の容疑者として16歳の男性が拘束された。

2019年12月02日16時43分

同性婚の女性、退学処分めぐりフラー神学校を提訴

同性婚の女性、退学処分めぐりフラー神学校を提訴

フラー神学校から同性婚を理由に退学させられた女性が21日、処分は不当だとして、同校を相手どり訴訟を起こした。女性は、退学処分は教育機関における性差別を禁止した米教育改正法第9編(通称・タイトルナイン)に違反すると訴えている。

2019年11月27日7時32分

カニエ・ウェスト、米最大の教会の礼拝に出席 コンサート生放送を100万人超視聴 グラハム氏「驚いている」

カニエ・ウェスト、米最大の教会の礼拝に出席 コンサート生放送は100万人超視聴 グラハム氏「驚いている」

米人気歌手カニエ・ウェストが17日、全米最大とされるメガチャーチ、レイクウッド教会の礼拝に出席した。また午後7時からは、全米各地で行っているコンサート「サンデー・サービス(日曜礼拝)」を開催。約1万7千を収容可能な教会は満席となった。

2019年11月23日17時03分

英国、キリスト教徒など宗教的少数派の処遇めぐりイランに懸念表明

英国、キリスト教徒など宗教的少数派の処遇めぐりイランに懸念表明

キリスト教徒や他の宗教的少数派の扱いをめぐり、英国がイランに対し懸念を表明した。国連人権理事会の第34回普遍的定期審査で、ミリアム・シャーマン英国代表は声明を発表し、国際法遵守におけるイランの「過失」を「深く懸念している」と述べた。

2019年11月20日18時01分

WEAと聖書協会世界連盟が提携、了解覚書に署名

WEAと聖書協会世界連盟が提携、了解覚書に署名

世界福音同盟(WEA)と聖書協会世界連盟(UBS)は11日、インドネシアで開催されたWEAの総会の中で、両団体の提携に関する了解覚書に署名した。WEA総主事のエフライム・テンデロ監督は「UBSとの提携に非常に感謝しています」と語った。

2019年11月20日16時52分

ローマ教皇フランシスコ

教皇フランシスコ、ローマを出発 タイ、日本歴訪へ

ローマ教皇フランシスコは現地時間19日午後7時15分、イタリアの首都ローマ近郊のフィウミチーノ国際空港で特別機に乗り込み、タイと日本の歴訪に向けて出発した。ローマ教皇が両国を訪問するのは、タイは35年ぶり、日本は38年ぶり。

2019年11月20日11時34分

ベストセラー本『クレイジーラブ』著者フランシス・チャン、宣教師としてアジアに移住へ

ベストセラー本『クレイジーラブ』著者フランシス・チャン氏、宣教師としてアジアに移住へ

聖書教師で、ベストセラー本『クレイジーラブ』の著者として知られる中国系米国人のフランシス・チャン氏が最近、来年2月に宣教師としてアジアに移住することを公表し、人生に対する神の召しに大胆に従うよう訴えた。

2019年11月18日21時54分

カンタベリー大主教ジャスティン・ウェルビー / ローマ教皇フランシスコ

教皇、カンタベリー大主教と会見 暫定政府設立なら2人で南スーダン訪問に意欲

ローマ教皇フランシスコは13日午後、英国国教会のジャスティン・ウェルビー・カンタベリー大主教を迎え会談した。教皇と大主教は、世界のキリスト教徒の現状や、南スーダン情勢をはじめとする、幾つかの国際問題について意見を交換した。

2019年11月18日20時14分

「今後10年ですべての国に福音同盟を設立したい」 WEA総主事インタビュー

「今後10年ですべての国に福音同盟を設立したい」 WEA総主事インタビュー

インドネシアで7日から6日間にわたって開催された世界福音同盟(WEA)の総会が12日、閉幕した。WEAのエフライム・テンデロ総主事はインタビューで、今後10年ですべての国に福音同盟を設立するというビジョンを明らかにした。

2019年11月17日18時06分

世界福音同盟総会、大宣教命令の喫緊性訴え閉幕 92カ国から千人近くが参加

世界福音同盟総会、大宣教命令の喫緊性訴え閉幕 92カ国から約千人参加

世界福音同盟(WEA)の総会が7~12日、インドネシアで開催された。世界92カ国から千人近い指導者が参加した。閉会式では、オペレーション・モビライゼーション(OM)創設者が「時間の浪費」に警鐘を鳴らし、福音を伝えることの喫緊性を訴えた。

2019年11月15日14時31分

世界YMCA・YWCA、ジェンダー平等掲げ合同祈祷週間

世界YMCA・YWCA、ジェンダー平等掲げ合同祈祷週間

世界YMCAと世界YWCAは、10日から毎年恒例の合同祈祷週間を始めた。今年のテーマは「ジェンダー平等にむけて、若者が権力構造を変革する」。16日まで、ジェンダーが平等で若い男女が活躍できる社会を、聖書のメッセージから考え、共に祈る。

2019年11月12日21時23分

パレスチナ自治政府、現地の福音同盟を正式認可

パレスチナ自治政府、現地の福音同盟を正式認可

パレスチナ自治政府が、現地の福音同盟を宗教団体として正式に認可した。インドネシアの首都ジャカルタ近郊で開催されている福音派の世界組織「世界福音同盟」(WEA)の総会(7~12日)で発表された。

2019年11月12日11時43分

フィリピン教会協議会は「共産党関係」 政府指摘にWCCが懸念と警告

世界教会協議会(WCC)のオラフ・フィクセ・トヴェイト総幹事は9日、フィリピン教会協議会が他の17市民社会組織と共に、共産党軍事組織「フィリピン新人民軍」の「フロント」(前線)との指定を受けたことに重大な懸念を表明、警告した。

2019年11月11日21時56分

フラー神学校、財政悪化で3年後に移転へ パサデナのメインキャンパスは売却

米フラー神学校、メインキャンパス売却・移転計画を中止

財政難などにより、2021年までに米カリフォルニア州パサデナのメインキャンパスを売却し、同州ポモナへの移転を計画していたフラー神学校が、移転計画を中止すると発表した。同州南部における建築コストの高騰が原因。

2019年11月10日23時55分

「迫害下の教会のために祈る国際祈祷日」 今年はインドのために、この5年で暴力事件急増

「迫害下の教会のために祈る国際祈祷日」 今年はインドのために、この5年に暴力事件急増

毎年11月第1、第2日曜日は「迫害下の教会のために祈る国際祈祷日」(IDOP)として定められている。今年は特にインドにおける迫害が主要トピックとなっており、インドのための具体的な祈祷課題が挙げられている。

2019年11月08日15時15分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース