カトリック教会

前教区会計の資金流用、カトリック長崎大司教区が謝罪 「重大な不手際」

教区資金2・5億円流用、カトリック長崎大司教区が謝罪「重大な不手際」

カトリック長崎大司教区で会計を担当していた司祭が2013年、教区の資金2億5千万円を無断で流用し、そのうち2億3200万円を損失した問題について、同教区は今月発行の機関紙「カトリック教報」で「重大な不手際」だったことを認めて謝罪した。

2020年09月18日16時34分

国家安全維持法で揺れる香港カトリック教会 教区トップが司祭らに書簡

国家安全維持法で揺れる香港カトリック教会 教区トップが司祭らに書簡

6月末に制定された「国家安全維持法」により、香港のカトリック教会が揺れている。民主運動を支持してきた前香港司教の陳日君枢機卿は、逮捕されることもいとわない姿勢を示す一方、現香港司教の湯漢(トン・ホン)枢機卿は、アプローチを求めている。

2020年09月18日14時42分

米福音派誌『クリスチャニティー・トゥデイ』前編集長がカトリックに

米福音派誌「クリスチャニティー・トゥデイ」前編集長がカトリックに

米福音派の代表誌「クリスチャニティー・トゥデイ」の前編集長であるマーク・ガリ氏(68)が13日、シカゴ近郊の聖レイモンド・ノンナートゥス大聖堂で「堅信の秘跡」を受け、正式にカトリックの信者となった。

2020年09月16日9時19分

新型コロナで来月14日まで公開ミサ原則中止 カトリック東京大司教区

教会活動の制限、19日から緩和 カトリック東京大司教区

カトリック東京大司教区は14日、新型コロナウイルスの感染拡大防止で求めている教会活動の制限を19日から緩和することを公式サイトで発表した。これまで自粛を要請してきた75歳以上の高齢者についてもミサへの参加を認める方針を示した。

2020年09月15日16時01分

駐日教皇大使のジョセフ・チェノットゥ大司教が死去 76歳

駐日教皇大使のジョセフ・チェノットゥ大司教が死去 76歳

駐日バチカン(ローマ教皇庁)大使のジョセフ・チェノットゥ大司教が8日、小脳梗塞による大孔ヘルニアのため、入院先の聖母病院(東京都新宿区)で死去した。76歳だった。

2020年09月09日5時50分

「戦争は人間のしわざ」 戦後75年、カトリック東京大司教区が平和メッセージ

カトリック東京大司教区(菊地功大司教)は6日、戦後75年の平和メッセージを公式サイトで発表。「過去をふり返ることは、将来に対する責任を担うことです」と、1981年に当時のローマ教皇ヨハネ・パウロ2世が広島で語った言葉を引用した。

2020年08月06日16時37分

原爆投下75年、日米の大司教・司教が核不拡散と軍備縮小に向けた連帯を確認

原爆投下75年、日米の大司教・司教が核不拡散と軍備縮小に向けた連帯を確認

広島、長崎への原爆投下から間もなく75年となるのを前に、米ジョージタウン大学バークレイ宗教・平和・国際情勢研究センターが3日、平和構築について考えるオンラインイベントを開催した。

2020年08月04日17時58分

コロナ禍から学んだ教訓と新たなビジョン 教皇庁生命アカデミーが文書を発表

コロナ禍から学んだ教訓と新たなビジョン 教皇庁生命アカデミーが文書を発表

カトリック教会の教皇庁生命アカデミーは22日、新型コロナウイルスの感染拡大に関する新たな文書を発表した。文書は「パンデミック時代における人間のコミュニティ:生命の復活についての季節外れの省察」と題したもので、日本語を含む5言語で公開。

2020年07月29日16時30分

宗教者による性虐待・性暴力被害のトラウマの深刻さ 精神科医の白川美也子さんが講演

宗教者による性虐待・性暴力被害のトラウマの深刻さ 精神科医の白川美也子さんが講演

「カトリック神父による性虐待を許さない会」が主催する集会が26日、Zoom(ズーム)を利用して開催された。約60人が参加し、性暴力被害に詳しい精神科医の白川美也子さんが講演したほか、神父による性虐待被害者の男女2人が自らの体験を語った。

2020年07月28日14時35分

カトリック神父の性虐待被害者3人が体験語る 「悲しみと怒りで全身が震えた」

カトリック神父の性虐待被害者3人が体験語る 「悲しみと怒りで全身が震えた」

カトリック聖職者から性虐待を受けた被害信者たちが6月21日、長崎市内で集会を開き、「カトリック神父による性虐待を許さない会」を発足させた。集会では、仙台、東京、長崎の各地で被害を受けた男女3人がそれぞれの体験を語った。

2020年07月24日16時28分

新型コロナで命落としたカトリック大司教・司教は世界で9人

新型コロナで命落としたカトリック大司教・司教は世界で9人

新型コロナウイルスは、WHOが3月初めにパンデミックを宣言してから4カ月以上たった現在も、毎日20万人前後の新規感染者が発生しており、収束のめどがたっていない。コロナに感染して亡くなった大司教や司教はこれまでに、世界で少なくとも9人に上る。

2020年07月22日22時23分

中国

中国地下教会の司教、死亡か 公認教会加入拒み逮捕後20年以上消息不明

中国政府公認のカトリック教会への加入を拒否したことで逮捕され、その後20年以上消息が分かっていない地下教会の司教が、死亡した可能性がある。中国当局が最近、後任司教の任命についてバチカンに承認を求めているという。

2020年07月17日14時34分

九州豪雨、カトリック福岡教区が特設サイトで情報発信

九州豪雨、カトリック福岡教区が特設サイトで情報発信

カトリック福岡教区は、九州地方を襲った豪雨被害を受け、災害支援のための特設サイトを開設した。サイト内では、被災者支援募金の受け付けや被災状況の報告、ヨゼフ・アベイヤ司教のメッセージ、同教区の災害被災者支援室の連絡先などの情報を発信している。

2020年07月15日14時06分

米連邦最高裁、カトリック団体などへの避妊の保険適用免除拡大を支持

米連邦最高裁、カトリック団体などへの避妊の保険適用免除拡大を支持

米連邦最高裁は8日、雇用主が医療保険を避妊薬などにも適用させ、従業員の避妊に関わる自己負担をゼロにすることを義務化した米保健福祉省の規則について、宗教・道徳的な理由により適用を免除する範囲を拡大したトランプ政権の規則を支持する判決を下した。

2020年07月13日17時01分

前香港司教、国安法めぐり談話発表 「逮捕や裁判に直面する覚悟ある」

前香港司教、国安法めぐり談話発表 「逮捕や裁判に直面する覚悟ある」

香港の民主運動を支持してきた前カトリック香港司教の陳日君(ジョセフ・ゼン)枢機卿(88)は、言論の自由や反政府活動を全面的に取り締まる香港国家安全維持法が施行された場合、自身が逮捕されたり裁判にかけられたりする覚悟があると明らかにした。

2020年07月06日13時37分

詐欺的投資で2・5億円消失、カトリック長崎大司教区 文春報道

カトリック長崎大司教区の前教区本部事務局長の神父(54)が、教区の会計を担当する法人事務所長(10~14年)だった13年に、教区の資金から計2・5億円を融資または投資に回し、そのほとんどが回収を見込めない状況だという。

2020年06月30日13時56分

「グレース・オブ・ゴッド」 被害者視点で描かれた神父事件が問う「それでも神を信じますか?」

「グレース・オブ・ゴッド」 被害者視点で描かれた神父事件が問う「それでも神を信じますか?」

2016年1月に捜査が開始された「プレナ神父事件」。フランスのカトリック神父が信者家庭の少年たちに性的暴行を加え続けていたことを告発するこの事件は、カトリック界に激震を与えるものとなった。

2020年06月25日17時02分

「すべてのいのちを守るため」にできることは? 教皇訪日でアンケート

「すべてのいのちを守るため」にできることは? 教皇訪日でアンケート

昨年11月のローマ教皇フランシスコ訪日について、日本カトリック司教協議会常任司教委員会がインターネット上で実施したアンケート結果をまとめ、23日にカトリック中央協議会の公式サイトで発表した。

2020年06月24日20時50分

戦後75年、日本カトリック司教団が平和メッセージ 「世界は今、予断ゆるさない状況」

戦後75年、日本カトリック司教団が平和メッセージ 「世界は今、予断ゆるさない状況」

太平洋戦争末期の沖縄戦の戦没者を悼む「慰霊の日」の23日、日本カトリック司教団は戦後75年の平和メッセージ「すべてのいのちを守るため―平和は希望の道のり―」をカトリック中央協議会の公式サイトで発表した。

2020年06月23日22時59分

カトリック東京教区が「コロナ対応支援プラットホーム」設置

カトリック東京教区が「コロナ対応支援プラットホーム」設置

カトリック東京大司教区は19日、新型コロナウイルス禍で起こるさまざまな問題に対応する支援団体が必要とする物資や人材を募るブログ「コロナ対応支援プラットホーム」を同教区の災害対応チームが設置したと発表した。

2020年06月20日22時04分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース