カトリック教会

カトリック「世界広報の日」 来年はフェイクニュースがテーマ

カトリック教会が定める「世界広報の日」の来年のテーマが、「フェイクニュースと平和のためのコミュニケーション」に決まった。「世界広報の日」は毎年、聖霊降臨(ペンテコステ)前の日曜日に記念されており、来年は5月13日。

2017年10月03日13時18分

「救いには信仰と善行の両方が必要」 米プロテスタントの半数が同意

「救われるには信仰と善行の両方が必要」 米プロテスタントの半数が同意

米世論調査機関「ピュー研究所」が行った最近の調査(英語)によると、米国のプロテスタント信者の約半数が、「信仰によってのみ救われる」のではなく、「救われるには信仰と善行の両方が必要」という「歴史的なカトリック信仰」に同意しているという。

2017年10月02日17時17分

バチカン

ペトロの遺骨発見か、ローマの千年前の教会で

イエス・キリストの12使徒の1人で、カトリック教会が初代教皇だとするペトロのものとみられる遺骨が、ローマのトラステベレ地区にあるカペラ聖母マリア教会で発見された。

2017年09月19日19時00分

アウンサンスーチー

ミャンマーのカトリック教会トップ、ロヒンギャ問題で「スーチー氏批判は長期的な解決にならない」

イスラム系少数民族「ロヒンギャ」をめぐる問題で、ミャンマーのカトリック教会トップが、沈黙を守っているアウンサンスーチー国家顧問兼外相に対し、問題への対応を迫った。その一方で、メディアによるスーチー氏批判は、長期的な解決にはならないとの見解を示した。

2017年09月17日23時56分

中国のカトリック信徒ら、「祈り」の抗議で当局による教会取り壊しを阻止

中国のカトリック信徒ら、「祈り」の抗議で当局による教会取り壊しを阻止

中国山西省のある村で、当局による取り壊しの危機にあったカトリック教会を司祭や信徒らが取り囲み、取り壊しを食い止める出来事があった。人々は祈りながら抗議し、中にはショベルカーの上に立って「イエスは私を救ってくださいます!」などと叫ぶ人もいた。

2017年09月07日17時42分

カトリック国のチリ、中絶の全面禁止を緩和

カトリック国のチリ、中絶の全面禁止を緩和

チリの憲法裁判所は21日、人口妊娠中絶の全面禁止を緩和し、一定の条件下で中絶を認める決定を下した。今後は、強姦(ごうかん)により妊娠した場合や、母親の生命が危険にさらされる場合などのケースに限り、中絶が認められることになる。

2017年08月25日17時46分

児童性的虐待、「告解で知った犯罪の通報義務化」にカトリック教会が反対

オーストラリアの「児童性的虐待に対する組織の対応特別調査委員会」は14日、調査の報告書を発表し、85項目に及ぶ詳細な法改定を勧告した。これに対しカトリック教会は、「告解で知った犯罪の通報義務化」勧告に対して、反対の意向を明らかにした。

2017年08月22日14時50分

えきゅぷろ! 青年たちの宗教改革

えきゅぷろ! 青年たちの宗教改革

青年たちが超教派のイベント「えきゅぷろ!」をカトリック成城教会(東京都世田谷区)で開催した。参加したのは、日本基督教団、日本福音ルーテル教会、聖公会、カトリックなど、さまざまな教派の教会に属する120人。

2017年08月21日6時16分

ミサ中に刺された神父が死亡、メキシコで今年4人目の犠牲者

ミサ中に刺された神父が死亡、メキシコで今年4人目の犠牲者

5月にメキシコの首都メキシコシティでミサ中に攻撃されたカトリック司祭が、病院で死亡した。地元の大司教区は、攻撃時にメトロポリタン大聖堂でミサの司会していたホセ・ミゲル・マッコーロ神父が、2日夜に昏睡状態となり死亡したと、3日の朝発表した。

2017年08月14日14時01分

メキシコのカトリック司教協議会本部に爆発物、負傷者はなし

メキシコのカトリック司教協議会本部に爆発物、負傷者はなし

メキシコ・カトリック司教協議会の本部で現地時間7月26日未明、爆発事件が発生した。爆発物は玄関の扉を破損させただけで、負傷者は出なかった。司教協議会の広報担当者は、今年に入ってすでに3人の聖職者が殺害されているメキシコ国内の状況を反映するものだと話している。

2017年08月03日17時23分

教皇側近のペル枢機卿、児童性的虐待めぐる初公判で無罪主張

バチカン(ローマ教皇庁)の最高幹部の1人、ジョージ・ペル枢機卿(76)が児童らを性的に虐待したとされる事件の初公判が7月26日、オーストラリア・メルボルンの裁判所で開かれた。

2017年08月01日20時59分

インドネシアでカトリックの青年大会 第7回「アジアン・ユース・デー」始まる

アジアのカトリック青年大会である第7回「アジアン・ユース・デー」(AYD)が、インドネシアで7月30日に始まった。8月6日まで続く。アジア諸国からカトリック教会の若者たちの代表が参加し、典礼や祈りを共にし、互いに学び、交流しながら、信仰と連帯を深める大会。

2017年08月01日20時48分

教皇も支援表明の難病乳児、「遅すぎました」両親が治療を断念 悲劇の結末に対する5つの反応

教皇も支援表明の難病乳児、「遅すぎました」両親が治療を断念 悲劇の結末に対する5つの反応

遺伝性の難病のために末期症状にあり、治る見込みがないとして英国の病院から延命治療の停止を提案されていた男の子の両親は24日、米国での治療のために渡航許可をめぐって起こしていた法的闘争を取りやめると発表した。

2017年07月26日15時43分

九州北部豪雨被災地へのボランティアのための宿泊所を開設 カトリック福岡教区が19日より受付開始

九州豪雨ボランティアの宿泊所を開設 カトリック福岡教区が受付開始

カトリック福岡教区は19日、九州北部豪雨災害の対応として、カトリック本郷教会(福岡県三井郡大刀洗町)の信徒会館ホールに「被災地ボランティア本郷宿泊所」を開設すると発表し、宿泊の申込受付を開始した。開設期間は7月21日から10月末までの予定。

2017年07月20日17時50分

世界改革派教会共同体、宗教改革による分裂の修復を図る共同宣言に署名

世界改革派教会共同体、宗教改革による分裂の修復を図る共同宣言に署名

世界改革派教会共同体(WCRC)は5日、宗教改革による過去の分裂を修復し、他のキリスト教共同体との一致と協力に向けた取り組みを目指す2つの声明に署名した。署名を受け、世界的なエキュメニカル組織である世界教会協議会(WCC)は同日、歓迎の意を表明した。

2017年07月11日10時49分

前ケルン大司教のヨアヒム・マイスナー枢機卿死去、83歳 上智大の名誉校友

前ケルン大司教のヨアヒム・マイスナー枢機卿死去、83歳 上智大の「名誉校友」

ドイツの前ケルン大司教、ヨアヒム・マイスナー枢機卿が5日、ドイツ南東部の町バートフュッシンクで亡くなった。83歳だった。ケルン教区は日本の東京教区や上智大学との関係も深く、マイスナー枢機卿は同大の「名誉校友」でもある。

2017年07月06日18時10分

ドイツ議会が同性婚の合法化を可決、メルケル首相は反対票 カトリック教会は遺憾表明

ドイツ議会が同性婚の合法化を可決、メルケル首相は反対票 カトリック教会は遺憾表明

ドイツ連邦議会は6月30日、同性婚を合法化する法案を可決した。アンゲラ・メルケル首相は反対票を投じたが、「今日の投票が、異なる意見を尊重する態度を促進するだけでなく、社会にまとまりと平和をもたらしてくれることを願っています」と語った。

2017年07月04日23時50分

神学校閉鎖、司教不在の上海で新司祭4人、助祭4人

カトリック系「アジア・ニュース」によると、上海の聖ペトロ教会で6日、司祭4人が隣接する江蘇省海門教区のシェン・ビン司教により叙階された。タデオ・マ・キン上海司教は2012年以来、自宅に軟禁されており、公式な外部接触や司牧実行は禁止されている。

2017年06月13日13時10分

英ランカスター司教、「新求道共同体」の典礼に規制

英カトリック教会ランカスター教区のマイケル・キャンベル司教は6日、運動体「新求道共同体」に対する典礼規範を発表した。同団体の活動に対する「懸念が増大している」ためという。カトリック・ヘラルド紙が報じた。

2017年06月13日11時38分

北関東の渡瀬・鬼石キリシタン殉教者顕彰祭

北関東の渡瀬・鬼石キリシタン殉教者顕彰祭

「渡瀬鬼石殉教者顕彰祭」(カトリック本庄・伊勢崎・高崎・藤岡・新町・富岡教会主催)が毎年5月に行われており、今年も連休初日となった3日、埼玉、群馬のカトリック教会の司祭、助祭の7人の他、県内外からカトリック教徒を中心に約200人が参加した。

2017年05月12日6時51分

新型コロナウイルス特集ページ

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース