宣教

スポーツ伝道、教会改革の可能性を探る「VISION2020フォーラム」開催

スポーツ伝道、教会改革の可能性を探る「VISION2020フォーラム」開催

「VISION2020フォーラム」が5月26日に国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)で行われた。3年後の東京オリンピック・パラリンピックを大きな伝道の機会ととらえ、2020年に向けてスポーツ伝道、教会改革の可能性を探った。

2017年06月08日6時33分

この人に聞く カフェスタイルの教会形成を目指して スウェンソン・グレッグさんと亜佐さん

この人に聞く(36)カフェスタイルの教会形成を目指して スウェンソン・グレッグさんと亜佐さん

東京都国分寺市の自宅を開放してカフェスタイルの宣教をしているスウェンソン・グレッグさんと妻の亜佐さん。実はスウェンソンさんは日本生まれの日本育ち。宣教師の子どもなのだ。そして妻の亜佐さんとの出会いは米国。そんな2人に話を聞いた。

2017年06月07日6時09分

尾山令二

2017年ペンテコステ・メッセージ ペンテコステの驚くべき力 尾山令仁

聖霊のバプテスマを受けた人は必ず変身します。死の恐れがなくなりますし、伝道への力強い願いが湧いてきます。どんな困難にもめげることなく、力強い生き方をすることができるようになります。

2017年06月04日5時29分

ペルシャ語のマンガ聖書が完成、中東難民へ向けトルコに発送

ペルシャ語のマンガ聖書が完成、中東難民へ向けトルコに発送

イランやアフガニスタンを中心に中東で話されているペルシャ語によるマンガ聖書『マンガ メサイア』がついに完成し、この春、トルコに向けて発送された。ペルシャ語の使用者は1億人以上ともいわれ、トルコ国内に避難している中東難民に配布される予定だ。

2017年06月03日6時45分

「震災のこと、忘れないよ」と幼稚園児と共に歌って 尾山台教会でファミリーコンサート

「震災のこと、忘れないよ」と幼稚園児と共に歌って 尾山台教会でファミリーコンサート

音楽を通して東日本大震災の復興支援を行っている J-Symphonie(ジェー・サンフォニー)によるファミリーコンサートが26日、日本ナザレン教団尾山台教会(東京都世田谷区)で開催された。

2017年05月31日10時43分

2017年三浦綾子読書会牧師会全国大会リポート

「私の手にある杖は三浦綾子さん」 2017年三浦綾子読書会牧師会全国大会

2017年三浦綾子読書会牧師会全国大会が22~24日の3日間、御茶の水キリストの教会(東京都千代田区)で開催された。読書会を開いている全国の牧師たちが集まり、三浦文学による伝道・牧会・説教の学びと、参加者同士の交わりと祈りの時を持った。

2017年05月29日6時43分

ファイヤーカンファレンス 連日2000人が高田馬場に集結!

ファイヤーカンファレンス、連日2千人が高田馬場に集結!

ファイヤーカンファレンス(クライスト・フォー・オール・ネイションズ主催)が、19日から3日間、ベルサール高田馬で開催された。日本初開催となった今回、毎回2千人近くの人々が会場を訪れ、聖霊の油注ぎを受け、大いに祝福を受けた。

2017年05月28日6時26分

この人に聞く(35)「出会いは財産」 懐石喫茶・ギャラリー麦の家オーナー 及川尚子さん

この人に聞く(35)「出会いは財産」 懐石喫茶・ギャラリー麦の家オーナー 及川尚子さん

軽井沢の隣町、浅間山の麓にある「麦の家」。オーナーを務める及川尚子さんは、画文(絵手紙)や洋裁教室も運営し、陶芸だけでなく、薫製作りまでこなす多彩な才能の持ち主だ。19歳でクリスチャンとなり、人生の中でさまざまな試練を通ってきた。

2017年05月26日6時41分

この人に聞く(34)路傍伝道で一生伝道者として生きる土台を学んだ 新宿福興教会牧師 菅野直基氏

この人に聞く(34)路傍で一生伝道者として生きる土台を学んだ 新宿福興教会牧師 菅野直基氏

新宿福興教会牧師の菅野直基氏は平日の朝7時~9時、近くの駅前に立って路傍伝道をしている。昔は盛んに行われていた路傍伝道だが、最近ではほとんど見かけなくなった。今なぜ路傍伝道なのか。菅野氏に話を聞いた。

2017年05月19日13時24分

新宿の夜空に響く賛美と福音のメッセージ その2 路傍伝道ネットワーク主催 菅野直基牧師

新宿の夜空に響く賛美と福音のメッセージ(その2)  路傍伝道ネットワーク 菅野直基牧師

新宿福興教会牧師の菅野直基氏が代表を務める「路傍伝道ネットワーク」による路傍伝道が15日夜、新宿駅東口で行われた。ここは駅の利用客の多さでは世界一といわれるが、月曜日の夜だけあって仕事帰りのサラリーマンが目立った。

2017年05月19日13時07分

人と人とのつながりの中でキリストの愛を 奈良で英会話クッキング教室

人と人とのつながりの中でキリストの愛を 奈良で英会話クッキング教室

人と人との絆を深め、その中でイエス・キリストの愛に出会ってもらおうと、黒人ゴスペルシンガーを講師とした英会話クッキング教室が13日、奈良県生駒市で開催された。参加者は、英語で料理を教えてもらいながら、米国南部の料理4品などを楽しく作った。

2017年05月16日22時47分

刑務所伝道シリーズ(19) お母さん、産んでくれてありがとう

刑務所伝道シリーズ(19)お母さん、産んでくれてありがとう

今日の「母の日」を前に、人生のどん底から神様に救いを求めて立ち上がった1人の男性に話を聞いた。男性の名は高橋圭介さん(61、仮名)。凶悪犯罪を犯し、刑務所には2回服役している。

2017年05月14日6時13分

セブ島発祥の祭典「JESUS REIGNS」創始者のジーナさん来日 「プレ ジーザス・レインズ・ジャパン」に出演

セブ島発祥の祭典「JESUS REIGNS」創始者のジーナさん来日 「プレ・ジーザス・レインズ・ジャパン」に出演

王なるイエスを賛美する祭典「JESUS REIGNS JAPAN(ジーザス・レインズ・ジャパン)」が、今夏も豊洲ピット(東京都江東区)で行われるのに向けて、「プレ・ジーザス・レインズ・ジャパン」が、北とぴあのさくらホールで開催された。

2017年05月11日12時21分

講演「死の恐れを乗り越えていきいき90歳」 尾山令仁牧師

講演「死の恐れを乗り越えていきいき90歳」 尾山令仁牧師

「死への恐れを乗り越えていきいき90歳」と題して、尾山令仁牧師による講演会が聖書キリスト教会(東京都練馬区)で3日、行われた。1927年(昭和2年)生まれの尾山氏は、今も現役の牧師として活躍し、最近も5、6冊の本を執筆している。

2017年05月10日6時51分

プロテスタント500年「全世代が1つとなって日本宣教を推進」 連日数千人でにぎわう 日本宣教フェスタ3

プロテスタント500年「全世代が1つとなって日本宣教を推進」 連日数千人でにぎわう 日本宣教フェスタ3

関西圏では、前々回あたりから「合同礼拝」を行っている。これは会場に実行委員を担当している牧師たちの教会員が集まり、合同で礼拝しようというものである。

2017年05月09日6時53分

プロテスタント500年「全世代が1つとなって日本宣教を推進」 連日数千人でにぎわう 日本宣教フェスタ2

プロテスタント500年「全世代が1つとなって日本宣教を推進」 連日数千人でにぎわう 日本宣教フェスタ2

セミナー終了後、程なくして夜の本大会がメインホールで開催された。外はもう薄暗くなってきている。しかし、皆帰る様子はまったくなく、メインホールの入り口へ人々が殺到している。

2017年05月09日6時52分

プロテスタント500年「全世代が1つとなって日本宣教を推進」 連日数千人でにぎわう 日本宣教フェスタ1

プロテスタント500年「全世代が1つとなって日本宣教を推進」 連日数千人でにぎわう 日本宣教フェスタ1

ゴールデンウイークで賑わう大阪中之島。「全世代が1つとなって日本宣教を推進するつどい」というスローガンのもと、大阪府立国際会議場で3日間にわたって行われた「日本宣教フェスタ」は、連日数千人の人出でにぎわった。

2017年05月09日6時51分

「開拓伝道者の人格形成と教会形成」 第20回開拓伝道セミナーで福井誠氏が講演

「開拓伝道者の人格形成と教会形成」 第20回開拓伝道セミナーで福井誠氏が講演

国内開拓伝道会(KDK)による第20回開拓伝道セミナーが国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)で24、25日に開催された。今回のテーマは「教会を建て上げる」。開拓伝道に関心を持つ牧師、役員、信徒が、北は秋田、南は沖縄から参加した。

2017年04月29日6時46分

ヒズコール・デスティニー・カンファレンス(2)教会外の方々を積極的に巻き込む

ヒズコール・デスティニー・カンファレンス(2)教会外の方々を積極的に巻き込む

いよいよ6月のカンファレンスが近づいてきた。このカンファレンスが従来のキリスト教会での大会に留まらないのは、幅広い層に対して手を差し伸べていることである。今回は教会外の方々を積極的に巻き込むユニークな働きとして、「NPO法人タッチザハートジャパン」を紹介したい。

2017年04月28日18時49分

「パウロと同じように、暗闇の中で復活のキリストに出会った」 第55回首都圏イースターのつどい

「パウロと同じように、暗闇の中で復活のキリストに出会った」 第55回首都圏イースターのつどい

「第55回首都圏イースターのつどい」(同実行委員会主催)が23日、ウェスレアン・ホーリネス教団淀橋教会(東京都新宿区)で開かれ、久遠キリスト教会の三浦真信(まさのぶ)牧師が使徒言行録9章から、「キリストを知ることの素晴らしさ イースターの感謝」と題してメッセージを取り次いだ。

2017年04月28日6時39分

人気記事ランキング

おすすめのコンテンツ【PR】

コラム

主要ニュース